GOMI→STATION

さむくてエモい時期です

今回は、2016秋アニメの「フリップフラッパーズ」のエフェクトについて。8話はオマージュ満天の回でしたが、良エフェクトも多かった印象。


やや新し目のエフェクト(以下、新興エフェクト)が目立ったかなあ
例えば、これ↓


20170117023534

どこが新し目かというと、色の使い方です。
これまでは、フォルムで主に煙の動きを示し、温度表現は色に任せてたんですが、
ご覧の通り、こっちは色主体で煙の動き+温度表現をするんですね。
そこら辺が新し目な感じ。効率重視。


以下、類似エフェクト群

20170117025639
(中野昭慶フラッシュも見どころ)


20170117025640

表面のディテールの動きによって、温度の移り変わり+爆発の動きを表す
こういった新興エフェクトでは、ディテールの形やフォルムよりも、動きやタイミングに重点が置かれている。なので、タイミングのセンスに、爆発のクオリティが依存するわけですね。



あとはなんだろう・・・こういった新興エフェクトを書いている人たちは、アニメ的なデフォルメされきった線やフォルムから脱却して、別方向のリアルを目指しているのかもしれない。これらのエフェクトの注目すべきポイントは、フォルムなしで爆発を表現している点。

定形をもたないので、フォルムはその場に応じて変化させられる。ディテールも同じで、「このような形」というものが存在しないので、どのようなシーンでも汎用性が高く柔軟に対応させられる…という辺りが新興エフェクトの強みだと思います。短所としては、やや平面的でのっぺりとした画面になりがちな所。(定形フォルムやディテールをもたないまま)立体的に描写できるかどうかが、鍵だと思う。

◆今年の目標
20]

明けました。今年もよろしくお願いします。ブログの更新は、ニッチ産業を極めていきたいと思っています。隙間のホコリを食って生きていく。まあ、基本的にはエフェクトとちょっと分かりにくい物事の解説がメインだと思います。なので、平常運転です。

作画用語解説とかやってみたいですが、あれはたぶん動画の方があってると思うんで、やるんなら動画を作ります。あとは、配信についてですが、とりあえずはダラダラ雑談配信、ゲーム配信がメインだと思います。配信楽しいので、喋りまくっていきたいです。あと、ちゃんとした企画配信みたいなのも、1つくらいはできたら最高ですが、そこまで時間は割けないような気もします。まあ、今年も生暖かく見てやってください。

それで、今年から、こういった”ちゃんとした雑記・近況”みたいなものは、継続してこのブログに載せますが、自分の趣味関連だとか、いろいろな考えの記事、その他の些細な日常記事は、違うブログで掲載します。というのも、やたら”しょうもない雑記”が多いと編集が面倒なのと、記事のかさ増しになってしまい、どれだけ記事を出したか分かりにくいので。

いろいろ書きましたが、昨年の経験を踏まえて、ゆったりとやっていきます。
まあ今年も気軽によろしくお願いします。

◆ブログ+について

「ガルパン」は大盛況、「ワイヤー」他一定の記事も大体受けて良かったです。イゼッタ(永田亜美)は継続して追っていく。ただ、最近の文章はあまり良くない(なんとなく面白くない)と思うので、少しずつ改善していきたい。今年もたくさんの方に読んでもらって、ありがとうございました。なんだかんだ言って、もう3年も経ったことに驚きを隠せません。その割には成長はあまり見られませんが。

年明けてから4月くらいまではずっと繁忙期なので、あまり更新に期待はしないでくれ。配信は色々な方とお話できて楽しかったです。来年は少し頻度が減るかも。まあ、月一程度にはやるかなあ。適当な雑談も、真面目な企画配信も、これからはすべてブログで告知すると思う(※サイドバーで告知する)。しかし、ニコニコは枠とるのがメンドイ…だから、どこかで固定の配信ページを作るかも。



◆膿が出た一年だった

完璧主義だとか、もっともっとを求めすぎるところだとか、変な矜持だとか、無計画さだとか、いろいろ良くないところに振り回された辛い一年でした。人生において、最も膿が出たと思う。悪い部分が見つかったのは良いと思うので、今後同じようなことをしないように過ごしていきたい。

野球の成績で例えるなら、.230 4 12 6失策 こんな感じ。どっちつかずというのが最悪でした。まあ亀井も苦しんだシーズンだし、多少はね?ただ、前よりはポジティブになってきたと思います(ここまで書いといてなんだけど、何を言っているんだろうか僕は…)。しかし、窮屈な考え方が変わってきたのは事実です。だいぶ辛い時期もありましたが、一応は抜けられたと思います。

よいお年を!

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2016 All rights reversed