GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

略称に困っている。メイウザとかうちウザでいいのかな。こういうギャグ・コメディは見飽きた人もいると思いますが、筋肉にはまったのかなあ。今期はこれ見てます。で、1話はわりとおもしろいアクションがありました。



■うちのメイドがウザすぎる!01話
20181108145415

1カット目からオバケ+ブレ線多用

驚きと焦りのあまり、転んで本が飛ぶ。ドアを通り過ぎてしまう。2カット目が、アオリになっているのは、このアングルじゃないと筋肉自衛官が映らないからですね。ただ、このために3カット目とのつなぎが弱くなってしまっている。



20181108145416

CG背景+作画+つけPAN

ブレーキが効かず、壁に衝突。ロリの焦燥感を示すかのように、カメラもつけPANでダイナミックに動く。いちばん気になったのは階段の部分。ここまで焦っていて、転ばないのか。いや、「転びそうだ」「こけそうだ」と思わせている時点で、表現としては成功しているのかも。




20181108145419

1コマのエフェクト

漂いながら、ロリの元へと向かうカレーのにおい。包み込んでいくのがいいですね。ロリがにおいを嗅ぐと、エフェクトとカメラがすっと右に移動するのが、このカットのポイントです。この瞬間で、ロリはカレーのにおいに支配されてしまう。いいPANと作画ですね。

こういった「漂う」類のエフェクトは、どちらかというと嫌なイメージに使われがちな印象です。タバコとか、毒ガスとか。まあ、これも罠っちゃ罠か。



その他の作画ほか




 20181108145417

こういうアスリートみたいな走り方はどうかと思っちゃうけど、見ている人はそのへんはどうなんですかね。この子小2ですよ。こんな走り方すっかなあ。





 20181108145418

広角背景動画

あーめんどくせえことやるなあと思ってみてました。このカットは、肩に力が入る描写で、映らない手元の動きを関節的に表現している。手元でゴシゴシパンツ洗うのを肩で示す、それが良かった。フリルとかメンドウだろうに。

まさかの二回目

3冊も書籍をいただきました。ありがたい。


WFFzlmD6

なんだったかな、便移植のニュースが飛び出したときに、目に留まり欲しかった本。いっけんすると思ったよりも難しそうで、こいつぁ厄介だぜと思ったんですが、ていねいな注釈がついていて安心した。ミクロな世界ってどうしてこうも惹かれるんでしょうかね。



btvx_Yvv

アニメーション表現史、とくに、アニメの誕生~アメリカンアニメーション黄金期に重点を置いて解説した本。以前から、配信などでおすすめされていた。ものぐさなもので・・・カートゥーンといえば、音楽との合わせ方も非常に重要なポイントです。本書においては、そのポイントにもけっこうページ数を割いているような感じ。ロジカルな書き方がいいですね。


閑話休題、自分でさいきん買った本も。

mOIyf6E4

はい、どちらも競馬の本です。ぼくはどうにも、馬にハマってしまったようで。もちろん予想は楽しいんですが、競走馬のそれぞれの生い立ちや、いろんなレースの名勝負に惚れ惚れとします。そういった、なんだろう、馬や騎手をもっと知りたくなった。あとは、現代競馬では、昔のような、たとえばウマ娘であったような名勝負は見られる可能性が低いですので・・・それならば、昔を参照してみようという気持ちです。


さて、いただいた本の紹介に戻ろう。

Pd1leNE2

これはええっと、デフォルメ調のデザインがどんどん流行るぞ!って話とか、メシ漫画ってなんであんなアヘ顔ばっかなの的な話を配信でしたときに、それならこれはどうですか、とおすすめされた本。メッセージには、「ずっとまえに勧めたのに、そのままじゃねーか」という、何も言い返せない言葉がありまして、いやもうすぐに読みました。


こういうデザインがいいですよね。

bK9u3ZYT

それぞれあごとか汗とか角ばってるのに、全体的には丸く柔らかく見える、みたいな。

これは、どっちかという日常系ホラー漫画ですね。神経質な自分には、きわめて、主人公の気持ちがよくわかる。アイスクリームの葛藤とかまさに。なんだっけ、共感性周知だっけ?みたいな気持ちになりました。ふだんのかれの日常に、どういった場面で食事がある、というところに重きが置かれているような感じがします。彼自身がぐるぐると混乱してしまっているのが面白い。


以上、いただいたもの2でした。送ってくださった方、ありがとうございます!


もっと面白い記事を・・・よりかは、なるべく多くの記事を出せるように、それなりに更新していきたいとおもいます。

たとえば、ゲームをやるとき。一心不乱にパラメータを上げていく、とにかく早く倒す、面白い遊び方をする、ということしか頭になかった。ストーリーがいいね、このセリフがいいね、みたいなことは、ほとんど考えつかなかった。音とグラフィックが好みならば、それで満足だった。

それはゲームに限った話ではない。映像においてもそうだった。ドラえもんとジブリとディズニーを繰り返し見ていくだけだったので、飽き飽きしていたのかもしれない。「夢幻三剣士」が大好きなのは、現実と夢を行ったりきたりする──というところではなく、劇伴がとても良く、面白い画面が続き、作中のアイデアにわくわくしたからだ。



大人になってもその傾向は変わらないけれど、さいきんはやや変化が訪れたような気もする。昔なら笑って済んだ展開に泣きそうになってしまう。

001002

たとえば、恋愛ラボ3話の保健室のシーン。嫌がらせにマキは悩み過労で倒れ、それに気付いてあげられなかった(マキの能力に甘えていた)と自責するリコ。ぼくは最後の委員会よりも、ここが好きなんですよ。あーお互いに無理してんなー、でもそれが相手に伝わって良かったなあとか思って泣きそうになる。マキにとっては、生徒会の仕事は大したことないんだけど。リコにとっては大問題なわけ。「気付けなかった、見て見ぬふりをしていた」という点で。



004003

9話も同じ。サヨとエノの関係のことなんだけれど、小学生時代のエノの友達アンケートとかきっとサヨにとってはどうでもいいことじゃん。でも、エノはすげえ気にするわけ。気にするってことは、やっぱ心のどこかで「こいつ変だけど仲良くしたいな」みたいな願望がある。図書館で「こうやって話すのは榎本さんだけ」って言われたのがエノにとっては、相手を裏切った感覚になった。だから、職員室に行ってわざわざ訂正までした。エノは、自分の心に嘘を吐きたくないわけよ。友達アンケートの結果なんてサヨにバレるわけでもない、でも相手が自分を友達と思って書いてくれたんだったら、たとえただのアンケートとはいえ、紙切れとはいえ、裏切ったとなってしまう。だから、先生に訂正を求めた。

つまるところ、相手が大変か・重要かどうか、なんてのは関係ないんですよ。自分が相手をどう思って、大変かどうか判断するのが彼女たちにとっては大事なんです。それが、おそらく良心と呼ばれるものなんだろうけれど。そういった繊細さにさいきんは泣きそうになることが多い。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed