GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて


以前の区分を少し細分化

初期  :1981年(卒制から) ~1986年(ブラレス三四郎まで)
・きわめて金田調エフェクト

☆オーガスの最初の方の話数から変化していく
☆レインボーマン

 移行期:1984年(オーガスから)~1986年(王立まで)
 ・フォルムが板野調へ移行
 ・白コマ及びショックコマ増加
 ・独立球体が3~4個ぐらいの爆発
 ・ムーンラインのディテール発明 
 ・ブラシの多用

☆そういえば王立のパートわかってないね



中期  :1987年(A子2から)~1998年

 転換期:1987年(A子2から)~1988年(AKIRAまで)
 ・初期との大きな違いは爆発の球体
 ・球体が独立しておらず、お互いにくっついて爆発になる
 ・白コマは初期よりも多めに
 ・AKIRAの生垣スキマ炎爆発(1*)は、VHやジャイロボなどでも散見

1*:爆煙の中から何箇所か尖った炎が飛び出すやつ、上手いネーミングが思いつかない

 併行期:1989年(ナディアから)~98年(旧劇あたりまで)?
 ・立体重視フォルムと二次元的フォルムを併行して使う
 ・ディテールは、後半ブラシがやや増える
 ・ムーンラインの減少、クルミディテールの増加
 ・クロスフィルターの使用

☆ダンガイオー、月光のピアスなどの電撃・雷にも特徴あり



後期  :1999年(ミュウツーから)~??
 ・クルミ状のディテールが入った煙がスタンダードに
 ・爆発は主に半球ドーム型、煙作画がメインになっていく

☆ポケモン映画を追うことで割と変遷がわかると思います


あれだ、書いてて思ったが、「フォルム」「ディテール」「ショックコマ」「撮影・仕上げ」要素の4つで分けて整理した方がわかりやすそうだな。

20180605081916
[01話 ラボのトイレ付近]

そういやgif作ってた
シュタゲゼロは陰鬱な雰囲気、紅莉栖を救うことを諦めてしまった世界線ですので、とてもよく似合っていた。OFF画面の使い方がちょっとイマイチかなと思います。OFF画面、オフショットとは、「発声者をわざと画面から外して撮影する」技法です。

業界用語辞典 「オフショット」


たとえば1話の屋上付近

01-024

ここでは、鈴羽がこの世界線の悲惨さを語り、タイムマシンに乗ってくれるように説得を試みます。しかし、オカリンは助手を助けられない、殺めてしまったこと、また殺めてしまのではないかということに恐怖を感じて拒否する場面です。


シュタゲ01.mp4_snapshot_13.05_[2018.06.05_08.26.05]
鈴羽「この世界線の行き着く先は地獄しか待っていない~どうしようもない世界」

ここややオフ気味というか、被写体が遠いんで想像するしかない。広角カットでやや画面を歪ませて、お互いを取り巻く状況を表現。想像に任せてて上手い。



シュタゲ01.mp4_snapshot_13.16_[2018.06.05_08.25.21]
鈴羽「未来を!」の後

これはテンポのお話とも関わってくるんですが、この苦悶の感情は視聴者のほとんどが理解していると思うんですよ。わざわざ画面に写すと、表現過剰になる。いやそんなんわかってるしみたいな。



シュタゲ01.mp4_snapshot_13.31_[2018.06.05_08.26.36]
オカリン「おれはいろんな世界線を見てきた~お前が死ぬ世界線も」→「世界線を変えることは理から外れたことだから人間の領域ではない」

このカットはまあ結果論になってしまうんで、あんま良くないんですが。
辛い感情や苦しい感情を吐露する人物のカットで、そのまま被写体を写しても感情移入しにくい。オカリンの気持ちは十二分にわかっているけれど、それはオカリンにしか体験したことない、想像を絶するものであり、彼の表情や所作で表現をするのは困難。1話に限らず、オカリンの衝撃や困惑、不安を目で表現しようとするカットだらけなんで、ぶっちゃけ「あー次はオカリンがまた目をビクッとさせるんかな」みたいな予測が立ってしまう。





対して、まあまあ良かったのは02話のこの辺


シュタゲ02.mp4_snapshot_12.41_[2018.06.05_08.27.28]シュタゲ02.mp4_snapshot_12.43_[2018.06.05_08.27.21]
[02話 アマデウス紅莉栖と初対面するシーン]

インサート気味にオカリンのカットは挿入されますが、基本的には過去の記憶とアマデウス紅莉栖が描写される。同じことですが、オカリンにとって助手の姿は衝撃で、僕らにはわかるけれど、想像を絶するもの。であれば、彼の表情ではなく、彼の記憶にある助手を写すことで、ーもっと言えば、彼の記憶が錯綜しているー、そういった状況を見ることで、僕らはオカリンの衝撃を少し感じることができる。


直接的に描いても、得られるものが少ないんですよ。無駄に精巧なコインの話がありますけど、あれと同じで。描写しちゃうと、そこまでですけど想像力は無限ですから。なんかなー描写しすぎ、過剰描写しすぎっていう感想がまず浮かびます。


まあでも、直接的に描くことにこだわりがあるとも言える。オカリンの抱く恐怖を身をもって、肌に感じてほしい、という意図があるのかもしない。けっこう直接的な描写が多いですよねゼロは。紅莉栖を刺した後のオカリンのトラウマ描写も直接的でした。

シュタゲ・ゼロ、これは実質2期と呼んでよいのかな。「紅莉栖を救うことを諦めてしまった」世界線、β世界線におけるオカリンの恐怖と奮闘を描く。そもそも、ぼくはシュタゲ大好きなんですよ。夏になったら見直したいアニメの一つなんよね。

シュタゲ01.mp4_snapshot_02.28_[2018.05.25_06.15.27]

シュタゲの良さは、SFギミックが軸になったストーリーにある。Dメールには「あり得そう」と思わせるだけの説得力があるので、没入できる。説得力というのは映像において非常に大事なんです、僕にとっては。説得力は、画面の設計にとくに現れます。だってアニメだもん。映像で視聴者を納得させようとしないとダメでしょ。




シュタゲ02.mp4_snapshot_18.33_[2018.05.25_06.18.43]

さて、ゼロ1~2話では、『Amadeus』と呼ばれる装置の紹介から入りました。β世界線ですので、オカリンはそもそもタイムマシン関連を使えない。ということで動かしていく、物語の推進力になるのは、アマデウス紅莉栖です。



シュタゲ02.mp4_snapshot_19.55_[2018.05.25_06.19.10]

スマホっていうのも重要な要素だよなあ。前作はまだガラケーの時代だったけど、現在はスマホ一色なので。たとえば、単純にコミュニケーションツールとして、役割が大きく変わる。メールとLINEじゃまったく異なるでしょ。すなわち、コミュニケーションじたいも変わるような気がする。




シュタゲ01.mp4_snapshot_08.52_[2018.05.25_06.15.51]

ポンデリング鈴羽



シュタゲ01.mp4_snapshot_18.58_[2018.05.25_06.16.59]

真瞳術チャンス真帆
にしても、寄りの構図が多い。もうちょい引きの絵でコントロールして欲しい


シュタゲ02.mp4_snapshot_02.20_[2018.05.25_06.17.28]

ここのカメラくんのCGいいですよね。動きがなめらかなのが不気味で良い。


01-000

キャラ作画ではここがなんか目立ってた。あごガクガク
野中作画っぽい、いや野中いねえんだけど


01-024

髪の毛のなびき丁寧に
哀愁と苦しさ漂う感じになってて上手かった


あとはラボメンのおっぱいが全体的に巨乳化してるような気が。なんか頭身と合ってない感じがして嫌なんだよなあ。まあどうでもいいか。にしても、大ヒットした後の作品って初代と比較されて大変そうだなあ。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed