GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

ようやく見ました。絶賛されているものはハードルを上げてしまう癖があり、けっ大したことはねえじゃねえか。となるんですが、まあこれは割と面白かったです。各所でいろいろな感想やら論評やら書かれていると思うので、ぼくは絶賛された要因と、さほど取り上げられていないであろう部分に絞って取り上げたい。


好評の要因は、「ホラー映画にマッチしている部分が、実はこういう偶然の連続でした」というところに集約されるかと思います。違和感がある部分がほぼすべて伏線として回収された、そこが受けたんだろうなあ。あっ!これ進研ゼミでやったところだ!みたいな。

002003

廃墟にまつわる噂話をしていると、いきなり奇妙な音が響く。重苦しい雰囲気を打開しようと、助監督役がマオさんに趣味を聞く展開へ。雰囲気を変えようとして失敗しているのが、ホラー映画としては効果的に働いた。カメラが地面に落ちたときもそう。ダッチアングルも相まって、カメラ役が倒れてしまったのか?と身構える。


004

要するに、(ホラー映画に)マッチしていた部分の裏側はこんなに苦労していた、こんな偶然があった、というピタゴラスイッチみたいな演出が好評を博したんだろうなあ。受け手側はパズルがはまっていく感覚だと思う。


006007

親子の確執、ベテランと若手の意見の相違。このへんはちょっとくどかった。中だるみ感は否めず。そんなにやらなくても伝わる伝わる。


009

アル中おじさん好きですよ。本番でも失敗しているのがさらに良い。理想どおりに現実はうまくいかないっていうのが全体のテーマなんで、こっちを深掘りしたのはすごく良かった。


ただ、大絶賛されるほどの内容かと言われれば懐疑的にならざるを得ず。現場側と企画側で勧善懲悪の対立構造を作ったのはいいけれど、ラスト以外さほど活かされていないような。「番組として無事終わらせて」という要求をしていたライン・プロデューサーが、監督の激昂には応えずに、娘になんで従ったのか、そういう説得力は今ひとつない。だからその辺はばっさり画面にしていない。


015016

まあこれはヒューマン・ドラマなんですよ。親子の確執が出てきた時点でそうなる。だから、画面の説得力よりも、娘が弱気な父親を助ける、という筋にした方がまとまりやすいのかもしれない。ただ、このシーンはライン・プロデューサー役と監督役の人の演技が際立っていたので、もったいない。


個人的には、劇中劇のカメラリレーに注目していました。だから、ラストのカメラって誰なんだろうとか考えてたけど、そこは上手くやられたなあと。コメディですから、腰痛おじさんのリタイアは早すぎた。いや、リタイアするのは当然だけど、腰痛で倒れたまんまのおじさんをまったく映さないというのは前半のやり取りが活きない。でも、ラストを踏まえると仕方ないのかな。微妙なところ。


記事を書くときにGIF作るのメンドクセーと思っていたので、動画にメモをすることを試みた。まあ、GIFよりメンドクサかったんですけど(※グリッドマンはなんでこんな長いシーン選んだんだろうNE?)。やはり、作画というのは、根拠と論理で述べたいという気持ちが多くあります。無理な論理は、ただのこじつけ・屁理屈だから良くないんですが。早計な結論よりも、考える過程、確実な答えよりも良い間違え、そういったものを大事にしていきたい。

この動画でいうところの「要素」は、2つあり、状況と技術です。どういったシークエンスなのか、なぜこのアクションなのか、どういう感情を抱いているのか、そういったものを表すのが状況であり、それに付随する形で、PAN、中なし、ブレ線、オバケ、ツメ方、構図などの技術があると考えています。

年内も残り少ないですが、
☆野中正幸 整理記事
☆グランクレスト田中宏紀記事
☆佐藤利幸 記事

あたりを作っていければなと。3本中1本は書きたい。

wet1.mp4_snapshot_07.50_[2018.11.30_00.35.40]

アイドルを志していた、さくらは玄関先でトラックとぶつかり死亡した後、巽によって、ゾンビとして復活する。巽の目的は「佐賀を盛り上げる、アイドルとして活躍してもらう」というものであった。5話まで見ましたが、よくできていたのは1~2話ですね。


とくに1話のさくらと巽の掛け合いが良かった、終始笑いっぱなしでしたよ。

wet1.mp4_snapshot_09.17_[2018.11.30_00.36.15]wet1.mp4_snapshot_09.37_[2018.11.30_00.36.34]

「なんで私ゾンビに…?」→「(ゾンビ映画の)あんな感じです」
「なんでアイドルに…?」→「佐賀を救うためじゃあん
「(たえちゃんに)なんかもっとこうないんですか」→「伝説の中身なきゃいかんのかーい!」

即答キッパリというのがいいんですよ。

自分がゾンビとして蘇った経緯や、アイドルになる目的を巽から聞かされるわけですが、主人公さくらは素直に受け入れているわけではない。自分がゾンビになってしまったこと、そして、警官に撃たれてしまったこと。この2点による動揺で、否応なく巽に丸め込まれる。


wet1.mp4_snapshot_07.01_[2018.11.30_02.33.29]

さくらが巽に従ったのは、警官の発砲に因るところが大きい。発砲にビビって屋敷に戻る構造は2話の(愛・純子ちゃんコンビ)でもありましたよね。


wet1.mp4_snapshot_10.08_[2018.11.30_00.36.46]wet1.mp4_snapshot_10.12_[2018.11.30_00.36.55]

それに加え、意識があるゾンビは自分のみ、話せる相手は巽一人だけとあっては他に選択肢がなく。「アイドルしないといけないこと」に対する説得力が上手く出てる。このシーンのレイアウトは圧迫的なものが多くていいですね。さくらの不安さがにじみ出る。


wet1.mp4_snapshot_17.04_[2018.11.30_00.41.52]wet1.mp4_snapshot_17.06_[2018.11.30_00.41.57]

練習もせず、意思疎通もできない他ゾンビといきなり初ライブという状況に。ここがとくに良かったなあ、はっきりと「無理」と言い切るさくら。そうだよね~普通ゾンビになったばっかりなのにアイドルなんてできないよね。威勢よく発破をかけるだけの巽が面白い。宮野真守の熱演も光る。




wet1.mp4_snapshot_13.07_[2018.11.30_00.39.48]

1話ラストで山田たえちゃんを除き、みんな復活しました。3話で元アイドルが参加した時点で、この物語は終わった感じがします。だってたぶん、どうやっても「アイドル」は上手くいくじゃないですか。みんな意識が戻って、元最強アイドルもいちおう参加をした。失敗する方が難しい。

山田たえちゃんが何者なのか、というのがキーなんでしょう。巽が濁した2点(「どうやってさくらはゾンビになったのか」「たえちゃんだけ二つ名がないこと」)に大きく関わるキャラクター。この子がいちばん最初に意識が戻ってても、(誰にも分からないので)おかしくないですよね。もしかしたら、ゾンビじゃないかもしれない。もしかしたら、みんなをゾンビにした張本人かもしれない。みたいな。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed