GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

2014y04m04d_185313090

うーん…DLEは何でアニメ化したのか分からない。
「オタクな話題をきちんと」って谷東が言ってましたが、そうじゃない。
そんなとこは求めてない。

原作のテイストが出てきません。
安野モヨコが描く「監督不行届」の面白さってのは、
決してオタク的な話題にあるわけではなくて、
オタクな人とそのヨメさんの日常生活を描くところにあるわけです。

2014y04m04d_185300208

だから生活感を出さなきゃいけないのに、そのカットがない。
例えば、原作1話で言うと、カントクくんが床で食玩を散らかしてるシーン。
それが、全くない。本当に。舞台の上で演技してるようにしか見えない。
まあフラッシュアニメに贅沢いうなと言われれば、それまでですけど。
でも、もうちょっと工夫できるだろうと。

2014y04m04d_1854349732014y04m04d_185425266


後は、「嘘です」とロンパースが喋るシーン。

原作のコマでは、月を見上げるところで、哀愁ただよう笑いの構造になってるのに、
アニメでは、正面向いて笑いながら言う。
2014y04m04d_185357051


バラエティ番組のタレントかよと、何がしたいんだよと。
こんなんなら、アニメ化すんなよと。
「鷹の爪」は面白いのに、何故こちらは、ここまで面白くないのか。
もしかして、DLEは正面カット以外はダメなの?ご法度なの?
僕が知らないだけなの?

せっかくの原作の面白さが、台無しで何にも言えない。
配信もしないし、DLEの方針もわからないわけです。

省エネなら、それ以外で工夫しろよと。
「鷹の爪」で見られたような、キャラへのポン寄り等を多用して
カット数を増やす工夫も無いし、制作が手軽なフラッシュアニメの良さが活かされてない。

Frogmanが作ってたらなどうなったかなあと、少し妄想するわけですけど。 
谷東に過剰な期待をしたようです。

原作が面白いと、やっぱ人間ですから期待せずにはいられないんですよ。
1話でここまでひどく言うのも、おかしな話ですけど、
それぐらい期待値は高かった、ということです。

制作の裏側が一番笑えた時点でおかしいんですよ。

2014y04m04d_1855303642014y04m04d_185532331

ここは、「鷹の爪」ぽくって面白かった。
同じ正面カットだけにしても、全然違う。

まあ次回からは感想を描きません。趣味程度には見ますけど。

背景と声優で作画を埋めるのが、ゴーハンズ。


2014y04m03d_213318764

動かず。耳とか見ると修正も追いついてないとこがあったり。
まあそんな些細なことはいいですね。
もうちょっと動いて欲しいけど。


2014y04m03d_2133551162014y04m03d_213432945

カエデさんは、このアニメの良心です。
後は背景すげーって今回は、そればっかでした。


2014y04m03d_213558731


究極デフォルメ。
2期で度々出てくる白BGは、映像を淡白にしないためだと思います。


2014y04m03d_2136297372014y04m03d_213632735

横島先生はスパイスです、ガチで。
ストーリー的にも、動かしやすいとは思わないんですけど、
忘れた頃に、この人を入れると効いてくる。


2014y04m03d_2145365592014y04m03d_214604780

左のカットは服のシワに影がいるような気がしますが、まあ細かいですね。
右はデフォルメ調で。うまいですよね。
「ハッ!じゃねーよ」のシーンです。


2014y04m03d_214135409

ぎょがーん。
本当好きですねえ。


2014y04m03d_214008748

何かと話題な弓道。
まあ、ここは折るだけですけど…


2014y04m03d_214216993

他の日常系は、この背景を見習うべき。
こんな風にするだけで、一枚板背景よりもすごく情報量が増す。
なんでか、サボりますけど。


2014y04m03d_214745601

声優回だなあと。
「一緒にチョコ食べた仲じゃない」と片言風に。うまい。


2014y04m03d_2149271932014y04m03d_215017208

そういえば全然ED触れてなかったなあと思ったので。
輪郭線は、少し反射光っぽく。
反射光は、美術に強いトコはどんどんやってる気がします。
新海しかり、ジブリしかり。
 

2014y04m03d_215203788
 
どんなトコに労力割いてんだとと思うカット。
この背景出てきてたかなあ。 


2014y04m03d_2153161842014y04m03d_215330086
2014y04m03d_2153440742014y04m03d_215346895

お話の方は原作が原作なので、そこまで展開するわけでもないですが。
Dパートで初めて少しラブコメ風に。
しかも、作画良かったです。会長の手の動きとか。

まあこのままだとダラダラ感で締まりが悪いですからね。
少しストーリーも、ということではないでしょうか。
ヒキで終わらせたのは、今回が初めてな気が。

でも、ここの部分見るだけでも、演出上手いよなあと。
真面目に、オリジナルもできるんじゃないのかと思います。

さてようやく次回最終話。
どんな感じに終わらすんでしょうかね。
そこが楽しみ。 

★野中正幸(のなかまさゆき) 
動画工房所属。アクションアニメーター。
何か最近よく名前を目にします。

★三原三千夫(みはらみちお)
スペダンの煙で初めて知りました。
写実で、カッコイイっすね。

★北川隆之(きたがわたかゆき)
「ロボットガールズZ」の芝居がすごく上手くてびっくりした。
人の仕草が上手い人かなあ。
よく分かってない。

★小島崇史(こじまたかし)
「ココロコネクト」EDが印象的。最近よく目にします。
手の動きがうめえ。

★雨宮哲(あめみやあきら)
トリガー所属。今石系の作画。
グレンラガンの中だと多分全部爆発は見分けられると思う。
それぐらい特徴的なエフェクトを描く。


画像はまた後ほど… 
やっぱ古い人から順に調べていこうかなあ。
ちょっと迷ってる。  
山下、橋本、大塚、ここらへんの名字には有名なアニメーターも多くて、「どれがどのアニメーターだよ!わかんねえよ!助けてよ!」と感じてる人(※俺)も多いと思うので、名字縛りでやってみるのも面白そうではある。

ま、色んなサイトを見て、 調べんと駄目ですNE。

で時代別に、やさしく体系化してから考えると混乱しなくなりそう。
作画wikiは独立した知識の塊で、あんま良くない。参照はするけど。
作画は、ジブリの大塚さんから始まる認識でいいのかな。
こんな感じで、いつか作りたい。

BlogPaint

(※雑だけど、こんな感じ。主要なスタジオでフローチャートを作るのがいい気がしてる)
ここにアニメーターを追加で載せてくと、リファレンスするにしても楽だし。
まずは、作品とスタジオの流れが分かんないと駄目な気がする、何となく。 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed