GOMISTATION.GEA

ひっこし完了!

──小学生の国語の授業のとき、「感想文」とはなにかとにらめっこしたものです。 思ったことを書く、いや別になんかそんな大げさな内容はないんだけれど…という感じで、四苦八苦した。漢字はたくさん知っている、でも文章は書けない、批評や評論はそこそこ読める。でも、小説は読めない。小説の主人公の気持ちなどわからない。というか、だれの心情かもよく分からない。それより、算数の方が正解が一つで分かりやすいから好き!そう当時のおれも語っている。


iku1dneg
(おそらく小学4年生時の進級で書いたものである。今とまったくかわっていない)

そういう人間がブログを面白がっているのだから、人生はようわからんもので面白くはあります。いやまあ、「感想」文というのは多くの人が躓く部分だと思うんですよ。これはね、「考察」とならんで言葉が悪い。理科の実験のときに、「○○を考察して書きなさい」とかあるわけじゃないですか?いや、考察ってなんやと。先生にたずねても微妙な反応で、困ったわけ。けっきょくは、調べて考えるということなんですけど。

それで、「感想」の方に話は戻るわけなんですが、これは感じたこと、想ったこと、を文章にしろって感じですよね。辞書でそうなっている。だけれど、それ以上の意味合いがない。感じたことを文にしてね^^ってみたいな高度な技は無理じゃないですか。宮沢賢治じゃねえんだからさ。


ときたまブログの書き方とか聞かれるんですが、これに毎度ぼくは「情熱をもって書けばなんでも良い」と答えていました。ただ、これは正確ではない。もっと厳密にいうと、「感情をむきだしにして、想いをぶつけるのが感想文である」という結論に最近辿り着きました。

映像を見たときに感じた単純な感情、たとえばエヴァに関していえば、当時のぼくは「プラグスーツのが締まるところでプシュッとしていてすごい」と思った。よく分からないけど、「すごい!」という感情が動かされたわじゃないですか。映像の美しさを感覚的ではあるけれど、「すごい」と感じた。それを言語化、言葉にしていくことが大事なわけで。んで、それは良い・悪い/すごい・そうでもないという軸じゃなくてまったく良い。



「いやこの作品つまんねえわ」、と腹が立ったことを書いても良い。「つまらない/面白くない」というのは一つの感情なので、それを書いてもいいんです。感想文というとやけに、ポジティブなことを書かなければいけないと刷り込まれている節がありませんか。オタクを怒らせてもいいんです。別に減るもんじゃあるまい。オタクなんて山ほどいて罵声を浴びせられても気にしないで良い。山ほどいて文句は言うが役にも立たないクズの残りカスみたいなもんや。要するに、開き直っていけということ。

もっというと、なにか自分の中にこもっているモヤモヤを吐き出すんです。粗探しというわけではなく、映像を見て、率直に感じたことを書いちゃえばいい。率直に感じたことを深堀りしていくと、けっきょくは「違和感」につながることが多いかなあ。で、その違和感はどこから発生しているのかとか自分は考えますが、まあその辺は人それぞれでいいんじゃねえの。

「このシーンはこういう描き方だけど、なぜこのようにしたのか」と疑問から分析に入ってもいい。それで、おおよその書き手は、経験を重ねていくと、こういった行為は恥ずかしくなっていくんです。なにか「大仰なものを書かなければならない」と勘違いしてしまうので。



<勢いがすべて解決してくれる>

経験を重ねていない人はまだ勢いでいけるんです。だから、少なくともさっと書いて欲しい。これはもう言ってしまえば、ロックなんですよ。感情をぶつければいい。誰かに指摘されるとか、細かいツッコミが入るとか、これは間違っているかもとかいっさい考えなくていい。「この世で自分の意見がもっとも正しい」、─いや「おれ以外の解釈はすべて間違っている」─ぐらいの勢いで書いた方が書きやすいんですよ。

エレファントカシマシの宮本もアナウンサーに悪態ついたけど、あれぐらいでいいんですよ。うっせえなあこいつバカじゃねえの。ぐらいの勢いでIKEA。




────────────────────────────────────────────────
お二人ほどの書き手(名前は出しませんが)を、僕はいち読者として待っている状況なんですよ。もう半年ぐらい待っている笑。ぼくは3年前ぐらいから世代交代だとずっと思っていますよ。さっさと他の人に書いてもらいたい、どっかの分野については任せたい。偉そうに言えばそうなってしまう。語りたいけれど、文章が書けない、出せない人に個人的なコツを示します。参考にしてね。



【コツ1】
見たものについて、Twitterなどでいっさい触れない/言及しない

<理由>
語った気になってしまって満足してしまうから。モヤモヤや感情を内側に留めておいて、書くときに爆発させるのだ。”だれにも見られていない状態”を保った方がいい、そうすると、世の中に出したくなる。Twitterとかで呟いちゃうと、この状態がなくなっちゃうんですよね。



【コツ2】
浮かんだものは、なんでもメモをしよう

<理由>
なにかに利用できるかもしれないから。これは「鋼の錬金術師」の作者、荒川弘があとがきか何かで書いていて、ベッドがなにかにメモ帳を常に置いてるらしいんですよ。アイデアが浮かんだときにすぐ書けるように。これを中学生のときぐらいに見てから、ずっと真似してる。ブログに限らず。


参考例1
danberu
ダンベル何キロ持てる?:画面雑感/11話のジーナ

「すごく可愛い」と感じることも一つの感情


参考例2
kaguyasama02kaguyasama
かぐや様3話EDはTikTokである

「キレたから」ってなんだこれ…( ^ω^)


参考例3
syutage01yorimoi01
シュタゲインズゲート・ゼロ 1~2話感想
宇宙よりも遠い場所[2018]/(名作ぶった切りシリーズ1)

よりもい記事、キレッキレで笑う(※この一つ前の記事の方がいい)。これぐらい煽った方がおれはいいなあ。オタクを煽ると筆が乗る笑。



【コツ3】
鉄は熱いうちに打とう(すぐに書こう)

<理由>
映像を見て、くらった感情のパワーゲージが下がっていくから。映像を見終わった瞬間が100だとして、文章を考えていくと120になったり200になったりします。つまり、少なくとも下がったりはしない。だけど、これを「世の中に出しても恥ずかしくない文章」とかいうトンチンカンなことを考えてしまったりして時間が経ってしまうと、20とか0になったりする。意味がない。



【コツ4】
Q,だれに対して書くのか?
A,下記画像を参照しよう
e3f77dda-s
ブログの記述において、一番大切なコト

これでいいわけ、ぜんぶ。めんどくさいからさ、この人のためとか、自分のためとか。そういうので良い。不特定多数で粗探ししてくるゴミクズチンカス陰キャオタクのために書いてるわけじゃないでしょ。読んでくれる人のために書くわけだ。1人の読者のために書いてあげれば良い。対象者の絞り込みは、余裕がでてきてから。


【コツ5】
分からないことがあったら、誰かにすぐに質問しよう

<理由>
自分の感情をほどいていくうちに、技術的に難しい問題があったり、解釈として困るときがあります。間髪入れずにだれかに相談しろ。質問しろ。抱え込むな。自分の解決を優先しろ。



え?読んでる人に怒られたら?
めんごめんごって言っておけばいいよ!それで丸く収まる。丸く収まらなかったとしても、そいつらってたぶん何度も見てくれる人じゃないじゃん。何度も見てくれる、読んでくれる人を大事にした方がいい。自分のブログで言えば、9月には出す予定だった野中記事を今でも気長に待ってくれている人を大事にした方がいい。ということで、野中記事、12月までには中期の記事をぜったいに出す。根性で出す。

予想してた以上に普通に面白かった

もうはやシリーズ9年目ですかね?2期で宮藤は魔法力を失い、ウイッチとして戦えなくなり、劇場版でなんやかんやあって魔法力が戻るんだったような微妙。ちなみに、リアタイ組ではありません、2019年に見てハマりました。グッズとか普段買わないんですけど、買っちゃうくらいハマっちゃった。

いまさらストパンの概要いらへんやろ。
パンツが戦うアニメや。違った、エイラがかわいいアニメ。




映像の圧巻はアバン。ぶっちゃけ、キャラクターのアクションは作画・CGの区別がつかないぐらいにシームレスに繋がれている。流石に気合入っているなあ。こんなにおもろいのに、高村監督作品はなんでストパン以外あかんのかなあ。


ミーナさんと舞う薬莢★★
20201012053415

ミーナへ付けPAN(キャラを画角に常に収め続ける、追い続けるPANのこと;カメラワーク)しつつ、ネウロイの破片と薬莢とマズルフラッシュが画面を舞う。ラスト、ミーナが画面奥に遠ざかっていくところで、薬莢が風に流されて画面左に飛んでいくのすげえいいですよね。

このガヤ(破片や火花など)の量、めっちゃ好みです。キラキラしていながら画面の邪魔はしない。たまらん。いいカットです、アバンではお気にいり。


ストパン3期01.mp4_snapshot_01.53.044ストパン3期01.mp4_snapshot_01.54.379
ストパン3期01.mp4_snapshot_02.09.277ストパン3期01.mp4_snapshot_02.09.592
(ここのハルトマン、CGかなあ?タイミングめっちゃ良い)

1話見て思ったのは、ロング・ショットのキャラアクションはCGで、アップに寄ったりするときに作画に変わるみたいな感じ。まあ普通か、いやでも前述の通り違和感なくシームレスにつながってるんですよね。たぶん明確に作画とCGの線引きがなされているか、CG班と作画班の間で綿密にやり取りがなされている。そうじゃないとこういう画面は作れない。


サーニャ・ロケット弾、180度カメラ回転つなぎ★
20201012060859

カメラが180度反転しながら、次カットへ。ロケットの3弾頭がカットを超えてキレイに繋がっている。いや~これはコンテの勝利。CG処理の丁寧さも良い。



ストパン3期01.mp4_snapshot_02.50.509ストパン3期01.mp4_snapshot_02.50.465

マズルフラッシュもいい感じ(エイラかわいい)
こうみるとネウロイのビームって意外と太いなあ、タイミング凝ってそう(エイラかわいい)




──さてアバン以外だと、

転倒するヨシカチャンと駆けつけるもっさん★
20201012053429
いやー肘の関節の動きがやわっこいですね。しわも気持ち多め。2カット目はダッシュで駆けつけた分ちょっと出過ぎた頭を引くように後ろに下がり膝をつく。おそらく、荒木涼さんだろう。


というか、図書館に入ったあたり~宮藤転倒までは荒木涼作画ではなかろうか。雰囲気が違う。

ストパン3期01.mp4_snapshot_04.19.447ストパン3期01.mp4_snapshot_04.17.778
この辺の歩きも良かったですね。
肩が上下していて、少し跳ねる感じの歩き方になっていた。


ストパン3期01.mp4_snapshot_11.49.319
アイキャッチも良き


ストパン3期01.mp4_snapshot_07.20.812
ここの虫歯クマ治療シーン、かくじつに「501部隊発進しますっ!」のセルフオマージュw




エンジン始動時の火花
ストパン3期01.mp4_snapshot_16.08.615ストパン3期01.mp4_snapshot_16.08.817
ストパン3期01.mp4_snapshot_16.09.755ストパン3期01.mp4_snapshot_16.10.922

これはエンジンの点火時に、ピストンの始動がうまくいかず(もしくは始動前)詰まっていてその火が漏れ出ているという感じなんかな。有識者モトム。いちおう自分で調べた範囲だと、ロールス・ロイス社のマーリンという12気筒エンジンが出てきた。



傑作か、駄作か。- ゆるゆるとぬるい感じ。
https://minkara.carview.co.jp/userid/425532/blog/37209905/

上記サイト様とニコ百によると、イギリスの名戦闘機「スピットファイア」に搭載されたエンジンらしい(マーリンよりもよりパワーが出るグリフォンというエンジンもあるようで)。まあこのへんは有識者か専門家の意見を待ちます。

まあこういうエフェクトもいいよね。油っぽくてすこしオイルくさくて良い。





ストパン3期01.mp4_snapshot_17.31.138ストパン3期01.mp4_snapshot_17.46.216

タロットで眉間にしわを寄せるエイラかわいい(エイラかわいい)

おねショタ界の大御所・みちきんぐ先生によって描かれた傑作に「姉体験週間」があり、それが収録されている単行本が「性活週間」です。そして、「姉体験週間」がピンクパイナップルによってアニメ化(2019年)されました。今回はこのアニメの作画について(ぼくはずっとみちきんぐの大ファンですが、さいきんは「安里さん」が凄い。あれはみちきんぐの新境地)。

みちきんぐ先生を知らない不届き者はいないと思いますが、いちおうさっと絵柄の特徴を説明しておこう。

射精管理-03

射精管理-02射精管理-01
(「射精管理してくださいっ咲夜さん」より)

タレ目→困り眉+ジト目(タレ目が中心方向に細くなる)

この変化が黄金パターンと分析している。まあタレ目の変化については、目の形が六角形になると捉えればわかりやすいかと。困り眉とこのジト目が同居していることがみちきんぐの最大の妙。あとは眉毛の外方向への跳ね方とかあります、この辺も艶っぽさを増すところ。


性活週間C-01
(姉体験週間より)

追加参照例。だいたい分かってもらえたと思う。


それで、僕はみちきんぐ先生の大ファンなので視聴した次第。そこまで期待もしてなかったんですが、結論から言うと作画が異常だった。とくに成人向けアニメでは異質すぎる感じまであったなあと。


性活週間01-01.VOB_snapshot_11.29_[2020.03.17_02.00.29]性活週間02-01.VOB_snapshot_05.52_[2020.03.17_03.37.50]

線の質というか、基本的にアダルトアニメでこういった色気のある曲線ってあまり見ないんですよ。特に髪の毛は見たことがない。体の方はまだしも、髪の毛はこの作品ぐらいだと思う。

あとは、ハッキリとみちきんぐ感がある。いや、みちきんぐ感ってなんだよという疑問はごもっとも。なんだろう、アニメ化して、こうも原作の雰囲気がきちんと出ることってほとんどないんですよ。それで、なんでこんなにみちきんぐ感があるかと考えたら、前述の「困り眉+六角形の目の形」に辿り着いたわけです(あとはたぶんまつ毛の細かさ)。十全に絵柄が再現されていなくとも、特徴を捉えていると、アニメで原作の雰囲気を上手く出せるんだなあと。


さて、小原和大さんの作画にいこう


20200922223605

指でピトンピトン。指関節が柔らかくバネのように人差し指が跳ねる。



20200922223629

覗きながらのオナニーシーン。これはレイアウトが上手かったです。手首の動きもうまい。


2020092222361620200922223644

騎乗位の際の、お尻の筋肉への力の入り方をカゲとハイライトで表現してますかね。尻に力が入っているって分かってすごい。たぶんお尻書くの得意なんだと思う。





んで、「性活週間」の中ではこれが一番ヤバかった。

★★
20200922223544

いやーこれには久々に度肝を抜かれた。手コキのときに、肩の関節がキレイに上下に動いて、連動して鎖骨も動いとる。おっぱいを肘で持ち上げながら、関節まで動いてエロい。こんな作画、正直ありえない。



小原和大さんで調べると、「青春ブタ野郎(2018)」の11話で原画クレジット。「エヴァ序(2006)」にTripleAから動画参加。同じく動画で「ストレンヂア(2007)」に参加。ということで、業界に入ったのは2005~2007年くらいなのか。TripleAの子会社、C2C制作の「お姉ちゃんが来た(2014)」の3話で原画クレジット。C2C最新作「社長、バトルの時間です!(2020)」ではクレジットなし。


むむっ?と思っていると、
h_1379jdxa57586pl

サキュバステードライフ THE ANIMATION 第1巻
https://www.dmm.co.jp/digital/anime/-/detail/=/cid=h_1379jdxa57586/ 

大人気作家、笹森トモエ氏の代表作でもある同人誌「サキュバステードライフ」が
アダルトアニメ界の大ヒットクリエイター「小原和大」によって待望のOVAシリーズ化!
こう書かれるのも納得するアダルト作画の巧さがあります。笹森トモエ作品のアニメ化は直近だと「放課後の優等生」がインモーション(Live2D的なアレ)でガッカリなファンも多かったので、白羽の矢が立ったという感じではないかと。

この作品にがっつりと参加されているようです。そりゃ最新作にクレジットがないのも当然だ。一般アニメはときどき参加される、という感じなのかな。しかしながら、要注目です。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2020 All rights reversed