Gomi and Station

幸せになりたい

リハビリ更新



「盾の勇者」6話には野中正幸が参加

野中正幸というのは、かんたんにいえば、100年にいちどのアニメーター。そう易易とは出てこないアニメーターと思ってもらえれば。


フィーロてくてく
20191208110841

初めて見るものばかりでキョロキョロと周囲を見渡しながら、走り回るフィーロ。最初は少し緊張気味で腕に力が入っている。面白そうなところと分かった瞬間、肩の位置が下がり腕を軽く振りながら走る。最後の方で、また視線が右側に来ているのはフィーロにとってやはりこの衣服屋が新鮮ということなんだろうな。

ああ、こういったとても高いレベルの作画を難なくやってのけてしまう、そういう存在になってしまった野中正幸は。結果的に、さほど目立ちはしない作画になってきた感じ。「未確認で進行形」「きんいろモザイク」のころは、まだタイミングがパカパカ(今よりもっと中抜き作画をしていた)ので、もう洗練されきったんでしょうね。

洗練されたのもあるけれど、今の野中正幸はリアルに傾倒しているとおもう。あまりタイミングや動きを誇張することが少なくなった。あとはやっぱり球体ですね、フィーネの目元に注目。


20191208115033

目線の水平位置は固定されながら、球体的に移動していく

この辺りの特徴が出始めたのは「Summer Pockets(2018)」OPから



(※1分49秒あたりから「振り返るよ~」の白髪少女の振り向き)

こういう感じに球形で取っている。これ分かりづらいかもしれないけれど、デコまで描くことが球形で描いているということです。こういうのやらなかったんですよ、みでしの頃の野中正幸は。上手い人が最後にたどり着くのは、今も昔も球体、球形とか、そういったシンプルなものになるんだなあと、さいきんしみじみと実感している。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-|https://anime.fate-go.jp/ep7-tv/

飛ぶ鳥を落とす勢いのFGOのアプリセールスによって、アニメ化2作品連続もさもありなんという感じ。

──────────────────────────────────────────────────
制作会社は、CloverWorksというA-1Picturesのいちレーベル
2018年1月にレーベル化し上記名称に変更した。代表作に、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」「ダーリン・イン・ザ・フランキス(※TRIGGERと共同制作)」など。

CG制作は「GENBA」
https://www.gemba.co.jp/
https://cgworld.jp/stdatabase/21106.html

「デジタル・フロンティア」の子会社
直近での作品は「いぬやしき(2018)」「荒野のコトブキ飛行隊(2019)」などのCG制作を担当した。

──────────────────────────────────────────────────


1話スタッフ
脚本:武井風太 
絵コンテ/演出:赤井俊文
総作画監督/作画監督:高瀬智章

(よく分からない)話はええ!絵はどうなんや!


クソ上手かったのは最初のマシュの駆けつけダッシュ

ぴょんぴょん
FGOB01-01

マスターの元に最速で駆けつけるために、マシュが画面左に切れ込みながら走る。右足の踏み込みが強く、バネっぽく跳ねて左足の動きへ。これだけ横に大きく重心をずらす走りは珍しいと思う。


同スロー
FGOB01-02

脚の装備が当たらないように、脚同士の間隔を空けてジャンプしているのかも。







あとは全体的に俯瞰のカメラワークが目立った

FGO 絶バビ.mp4_snapshot_18.42_[2019.10.07_19.43.00]
FGO 絶バビ.mp4_snapshot_21.39_[2019.10.07_19.30.24]FGO 絶バビ.mp4_snapshot_21.47_[2019.10.07_19.30.33]

締めのローポジから俯瞰へとアングルが変わっていく回り込みCGはやっぱいいですね

野中作画まとめマダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン(意訳)
というコメントをいただきました。これについては記事で触れておこうと

2018年3月あたりに
またそのうち、野中作画は体系化した記事を出します。「ゼロ魔F」~「バイブリーPV」あたりまでを、時代別に整理します。お楽しみに~

って言っちゃってますからね。お楽しみに~て言っといてお前。詐欺罪で訴えられるぞ。実は、ノーパソぶっこわれたとき野中まとめデータも同時に無くなってしまったのよ。これが相当に効いてる。だから、今いちから構築中・・・いや嘘です。なにもしてません。どうせ、誰も待ってないし現実は辛いことだらけで作画語りは衰退気味だし、まあいっかな~と思って頭からスポーンと外してました。

本当は、そもそも2015年ぐらいで(野中作画じたいの全体について)決着をつけたかったんですが。なかなかそう、すんなりとは上手くいかないもので。いや、まあ待っている人がいるとは思わなかった。申し訳ない。ここ1、2年くらい体調がウンチーコングなのも影響しております。

なるべく早く、年末までに出せたらいいかなあと思っています。野中作画の個人的な区分じたいは出来ているので、あとは資料集めの意欲によるかなと思う。ちょうどアズレンもやってますからね、布教のタイミングとしてもいい。とりあえず年内には出したいと思いマッスル、以上

[追記]
詐欺らない予定だけど、「あとでやります」「追記します」「気が向いたらやります」って言ってやってないので、信頼は失っているな!すまん!

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2019 All rights reversed