GOMISTATION

馬之翁塞

2014年01月

前回というか、すごく前に紹介したことが1回ある。
今回はその総決算のようなもので、じっくりと映像とともに紹介したい。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り [DVD]
アル・パチーノ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

 
「セント・オブ・ウーマン」は1992年に制作されたアメリカ映画。
ある事故で軍を退役し盲目となった、元・中佐「フランク・スレード」と、そのお世話のアルバイトにやってきた「チャーリー・シムズ」とが中心として物語を展開させていく。二人は、別々の岐路に立たされるが、その葛藤、苦しみを通して互いにわかりあっていき、「生きること」の素晴らしさを見つける作品。

この作品でたびたび挙げられるのが、フランク中佐を演じるアル・パチーノによる名演技である。
目を動かさず、まるで本当に見えていないかのような演技、そしてフランク中佐の鋭い洞察力や苦悩をその中で表現したというのは、すさまじいものがある。

また、チャーリ・シムズ役を演じた、クリス・オドネルはこの作品で助演男優賞を獲得した。その後も話題作に出るが、一時期人気が低迷してしまう。しかし、今はTVドラマなどで活躍中とのこと。
(※Wikipediaで画像を見たら、かっこいい二枚目俳優さんになっていた。もっと使ってもらいたい)

ちなみに、イヤなクラスメートを演じた、フィリップ・シーモア・ホフマンはこれが初出演作品であり、同時に注目を浴びた。その後も精力的に活動を続け、おそらく知らない人はいないであろう名脇役になりつつある。僕の印象では、「レッド・ドラゴン」の記者役など、フラグビンビンで死んでいく嫌味な役が多いように思う。それが彼の最大の持ち味であり、長年ハリウッドでやっていけている演技なのだろう。



さて、役者さんについてはこれぐらいにして、印象に残っているシーンを時系列順に紹介していこう。

まずは、チャーリーがフランク中佐の家を訪れる場面。
ここでは、劇伴など一切なく重苦しい印象を与えるシークエンスとなっている。


2014y01m23d_183136829

2014y01m23d_183004031
あらかじめフランクとの接し方について注意をする、姪っ子カレン。
扱いにくい人間であることをここで強調して、視聴者側にも用意をさせとく。

2014y01m23d_183150175

 これが初対面。
チャーリーが”中尉殿”と誤って呼んでしまう場面では、
「軍に長年いたが、四階級も下げられたのは初めてだ」 という風にアメリカらしいジョークも挿入してくるが、チャーリーの心情では全く笑えない。

2014y01m23d_183203748
「お前はまだ何も分かっとらん新兵だ!」
この威圧感。
アル・パチーノといえば、「ゴッド・ファーザー」であるが、それを思い出す人も多いのではないだろうか。


2014y01m23d_183224454
やっぱり無理です。と伝えるチャーリー、だがカレンを筆頭に家族は旅行することに夢中で、フランクの世話をお願いをする。
勢いに押し切られ、しぶしぶ承諾するチャーリー。

この後のシーンで「本当は一緒に行きたいのよ」という風にフランクに答える。
しかし、これは全くの嘘のようにしか聞こえない。その事にフランクもわかっている様子。
大体、バイトを募集する時点で厄介者扱いをしていることが存分に伝わってくる。


この後、フランクは強引に、”ある計画”のためニューヨークへとチャーリーを連れて行く。
その場その場で、フランクのプライド、性格などを一部一部少しずつ表現していくので、見る側はすっとフランクのことをチャーリーと一緒に学んでいるようなシンクロニシティを感じる。



リムジンに乗り込んで、食事に向かう途中のカット。ここは一連の流れに注目してもらいたい。


2014y01m22d_155739587 
どうしたんだ。

2014y01m22d_155735728
僕ですか?

2014y01m22d_155745613
ああ、車が重い。
何故か分かるか?お前がクソ重いものを背負ってるからだ。

(中略)
2014y01m22d_155749223
フランク「言うべきか、言わざるべきか…」
チャーリー「何故分かるんです?」
フランク「鋭いからさ」


相談する時はチャーリー→フランク中佐のカットを行き来し、ようやく本題に入る際に、こういう風に二人一緒のカットになる。
ここに至るまでのカットの割り方がうまい。

カットを行き来している間は、チャーリーは葛藤を重ね、言うことでもないと思い自分で何とかせねば、という風に考えている。これはチャーリーの生まれに起因するものである。彼は父を知らず、養父と母はオレゴンの田舎で何とか生活しているという家なのだ。これでは頼る人なんているわけもなく、これまでは、おそらく本当に自分で解決してきたのだろう。

しかし、今回ではずば抜けて頭のいい中佐と出会ったことで、チャーリーの思考は少し変わり、頼ろうとしている。
またフランク中佐の聞き方も抜群に上手く、「それで?」「どういう問題なんだ?」と詳しく、疑問を投げかけることで、チャーリーから話を聞き出そうとしている。
世の中の親たちには、これを見て反省していただきたい。こうやって教育とはすべきなのだ。
子供から話してもらうのをただ待ち続け、疑問を投げかけることができない親は意外と多い。



2014y01m22d_155903511
シーン変わって、フランク中佐の兄弟がいる家にいるシーン。
甥っ子などから、邪険に扱われるフランクの寂しい目が印象的だ。

2014y01m22d_160119949
ここでも常に、フォーカスは中佐に向けられている。
じたばたする後ろとの対比で、中佐の孤独さをより鮮明に映す。



2014y01m22d_160309926
2014y01m22d_160356428
別のカット。ここでもチャーリーが相談するときは二人一緒にカメラに収まっている。
これはとても大事なカット構造で、後半に至っても続く。



2014y01m22d_160540470
今作品を語る上で外せないであろう、有名なタンゴのシーン。

2014y01m22d_160645501
チャーリーからフロアの大体の面積等を教えてもらい、初対面の美女とタンゴをする。
中佐は、失った自信を少し取り戻す。

2014y01m22d_160857716
2014y01m22d_160907251
2014y01m22d_160930419
しかし、生きていく希望を少し見い出せたのに、すぐに失ってしまう。
それを補うかのように、勘定を払わせてくれと要求する。


2014y01m22d_161049075
そしてこの落差のあるカット。
普段中佐とチャーリーに合わせられている、カメラの焦点もここでは特にない。
中佐の複雑でおぼろげな心情をうまく表現したカットである。

2014y01m26d_183936590
髪というのも非常に大事な要素である。
中佐の精神が中庸に無いときには、髪は乱れる。
そこに元・軍人としての自責感と、自分は何も役に立ってないという無力感を漂わせる。

2014y01m26d_183948427
ここではむしろ、チャーリーにフォーカスがかかっており、いつの間にか中佐を尊敬していることが伺える。
恐怖ではなく、純粋な尊敬なのだ。だから、出かけて欲しいし、元気でいて欲しいと感じる。


2014y01m26d_184003644
2014y01m26d_184006948
今作の監督マーティン・ブレストは、とても車の映し方がうまい監督の1人だと思っている。
フェラーリのこの撮り方は、魅力的だ。

2014y01m26d_184035564
中佐が運転するフェラーリのワンカット。
建物で車を隠すことで、カメラが追うフェラーリは疾走感を増す。


2014y01m26d_184103091
疲れ果てた中佐。
何をやってもうまくいかない、という心情が伝わってくる。


2014y01m26d_184131492
自殺しようとするのをチャーリーが止めるシーンでのワンカット。
まさしく名シーンである。

フランク中佐「どうやって生きていけばいい?」
チャーリー「たとえ間違っても、続けて」
フランク中佐「タンゴの調子でやれっていうのか」

2014y01m26d_184244413
2014y01m26d_184224504
2014y01m26d_184248147
最後の相談シーンも同じく、二人一緒に映るカットだ。
両方共に苦悩するのだが、カットの割り方で違いを出す。

チャーリーの苦悩は、前述した通り、こうやって二人一緒のカット、つまり「子が親に頼る」のを想起させる。
一方、中佐の苦悩は、チャーリーと中佐のカットをテンポよく連続で映し、それぞれの心情のぶつかりを表現する。


この2つの構造はとても面白い。


2014y01m26d_184312084
2014y01m26d_184322746
ここで流れるテーマソングとともに、もう僕は泣いてしまう。
1人で立ち向かわないといけない、という怖さを少しなりともチャーリーと視聴者は持っていたはずだ。
しかし、そこで中佐がくる。
中佐はチャーリーに感謝をしており、当然助けなくてはならないと思ったのだ。
そこに、両者の思いやりと気遣い、そして生き方を感じる。

2014y01m26d_184344098
チャーリー「どうしてここへ?」
フランク中佐「私の席はあるか」

理由などいらない、何を言っても蛇足なのだ。



2014y01m22d_162728739
2014y01m22d_162731272
2014y01m22d_162734643
約6分間にわたる中佐の演説シーン。

2014y01m22d_162946292
だんだんと中佐にフォーカスは寄っていく。

2014y01m22d_163015172
アル・パチーノの名演技が光る。


2014y01m26d_184608308
フーアー!(Whoo ah! 驚きをあらわす言葉)


2014y01m26d_184638372
演説後に、先生の1人がよってくる。
「ご結婚は?」と始まる中佐に、僕たちは笑顔を浮かべる。


2014y01m26d_184802282
車の撮り方がうまい。
多分レイアウトがうまいから、車を強調させて撮れるのだと思う。
(ここで言えば、木や手すり。)



2014y01m26d_184919331
何回名シーンという単語を使ったかわからないが、個人的には最も素晴らしいのはここである。
最初と全く同じでありながら、全く違う様相をなす撮り方をする。すごい。

2014y01m26d_184926108
見送るチャーリー。

2014y01m26d_185036204
チャーリー視点で、中佐を見る。
ここで、カメラが寄らないのがとてもいい。
姪っ子の子供と仲直りする、フランク中佐の表情は視聴者の想像力に任せるのだ。

2014y01m26d_185047233

安心したチャーリーを乗せたリムジンは動き出す。

2014y01m26d_185058923
2014y01m26d_185103180
橋の向こうまでいき、見えなくなってエンド。
うまい。エンドカットに蛇足はなく、想像に任せるというのが素晴らしい。



さて、ここまで長いあいだお付き合いいただきありがとう。
最後に、僕が一番いいと思うセリフを載せて終わりとしたい。


Oh, where do I do from here, Charlie?
If you're tangled up, just tango on. 

どうやって生きていけばいい、チャーリー?
足が絡まっても踊り続けて、 タンゴのように。


庵野秀明が原画を担当した作品は、有名どころで行けば「風の谷のナウシカ」であったり、少し最近であれば「フリクリ」「トップをねらえ!2」であると思いますが。

今回は、あまり触れられてない(と思う) 「うる星やつら」の原画について紹介していこうと思います。

(※「うる星やつら」自体は多分みんな知ってると思うので、説明は省きます。 )


さて庵野秀明が担当したのは、156話『ヨロイ娘の恋! 乙女心はグラグラゆれて』のサーカス部分。

お話の内容は、アスカ=男性恐怖症ヨロイ女が、お見合いをする!という所から始まります。
それから色々あって、ヨロイを脱いで、ブラコンで。。。みたいな感じです。

話もいろいろとおかしいんですが、まあ昭和ということで…


作画に入って行きましょう。

サーカス①(約250枚)

20140111164200

2個目が本来の意味でのサーカスですね。
ミサイルの軌道が綺麗ですね。
最近のサーカスは直線的なものが多い印象なんですけど、しっかりと曲げて描いてますよね。
ここにおける「曲げる」というのは、サーカスの追尾で「曲がる」ということではなくて、飛んでいるミサイルの煙の跡にしっかりと空気が感じられるように「ゆらゆら曲げている」ように描いているということです。そこが素晴らしい。



サーカス②と連続爆発

20140113215413

ここも多分庵野さんだと思うんですが(爆発から見て)
サーカスしながらのメカ書き上手いです。
連続爆破と破片が鬼ですね。すごい。

2014-02-15
コメントでご指摘を受けました。
このパートは増尾昭一さんの原画らしいです。
よく見ると確かに金田な感じなカットですね…失礼いたしました…m(__)m


2014-02-15 再追記
ちょっと調べ中です。判明したら追記します。


一応もらったコメントを掲載しておきます。
とても作画に詳しそうな方なので、ありがたいです。

「サーカス②と連続爆発」の部分に関してはエヴァとも関わりが深い
増尾昭一さんの作画だと思います。
庵野さんも増尾さんも板野一郎さんの影響を受けた丸い爆発を描かれる
(ことがある)方なので、煙から受ける印象が似ているのだと思います。

この時期のお二方の煙作画は、増尾さんの方が煙のアウトラインの部分や
煙の中で動いている線のような部分が細く、庵野さんの場合だと、そういった部分がより太い線(模様)で表現されているという傾向があるので、
その点である程度は判別することができると思います。(分かり辛い表現ですみません)

また、この時期の増尾さんに金田伊功さん調(正確に言うと山下将仁さんや
田村英樹さん調?)のエフェクトを多用される傾向があるのに対して、
庵野さんにはそういった傾向があまりないという点も大きな違いだと思います。「サーカス②と連続爆発」の中だと爆発時に入っている赤い直線的なエフェクトや、
一瞬入る黒バックの三日月や円のようなエフェクトがこの金田さん調のエフェクトになっています。 
コメントありがとうございます。
とても参考になりました。



サーカス③と爆発

20140113215414


サーカスの軌道と、どどどんと下からせり上がってくる爆発が素晴らしいです。
破片の散らし方が庵野さんっぽいですね。





ここは庵野さんではありませんが、難しい作画を上手くやってるなあと思ったので。
こういうゆっくりとした動きは、実際書くのは相当難しいようで…

ラムちゃんくるくる

20140113215415 



ざっくりとですがこんな感じです。
気が向いたら、後で動画とかスクショを作っときます。

ではでは。 


やっと直し終わった。2014/9/1 



エヴァンゲリオン新劇場版の公開日に関してです。

僕は、シンジが持ってるDATと関連してるんじゃないのかと思ってます。


 1  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.
2007年9月1日公開、上映時間98分。

 2  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.
2009年6月27日公開、上映時間108分。

 3  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.
2012年11月17日公開、上映時間95分。


まあ元々この25.26とかいう数字は、作品の最終二話を表しているものでして、テレビ版でも頻繁に出てきました。だから、27が持つ数字の力というのは凄まじく、”新しいエヴァ”という意味なんですね。

序は始まりですから、1です。これは、当然です。

そして序では、26まで行って終わっていました。ですので、次のDATのスタート位置は27。
これが、破公開日に見事に合致。
(※破でも、26、25の表示は出てきますが、スタート位置には関係ないですね。)

そうして、破では27までDATの表示がありました。
となると、Qでのスタート位置は28ということになります。

これも、Q公開日の月+日の合計と合致。(11+17=28)
QのDAT表記は、28までで終わり。


ということで、シンでのDATのスタート位置は、29。
破では日にちで、Qでは月+日で、DATのナンバーとそれぞれ一致していました。 

そして、映画公開は基本的に土曜日ということも含めて考えると、導き出される公開日の条件というのは、日もしくは月+日の合計どちらかが29となり、かつ土曜日である日付ということになります。
 
その具体的な日付がこちら。 


2013
6月29日(終了)
10月19日(終了)

2014
3月29日(終了)
5月24日(終了)
9月20日(ない)
11月29日

2015
4月25日
8月29日


何の根拠もありませんが、あと1年~1年半くらいはかかるんじゃねえのかという見解でした(2013)

となると大本命は、

2014年11月29日
2015年4月25日 

ココらへん。

「シン・エヴァ」 は当然楽しみですが、庵野原理主義者としては、「エヴァ」の次を観たいです。
けど充電時間がまたかかりそうな。


辛抱強く待つしかないですね。 



↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed