GOMI→STATION

守りに入るな、自信満々に失敗しろ

2016年02月


■LEXUS IS TVCM “Undokai” 60sec.


レクサスの車でパン食い競走をするというコンセプトのCM
ちなみにこのISは400-600万ぐらいで、高級車としては意外とお手頃な価格
他のレクサス車にくらべると、相当安い部類に入る

気になったのは、コマーシャル内の砂煙ezgif-4098251261

この俯瞰煙が見事なのは、伸びていくカゲのおかげで立体感が出てるから



高級車のコマーシャルはふつう穏やかです
アウトバーンを和やかにジョージ・クルーニーが運転する
掃除機のダイソンみたいに、ナレーションを入れ技術の高さをアピールする
そういうコマーシャルが主であり、砂煙・泥が出てくる激しいものは少ない

高級スポーツカーのコマーシャルも、
強いグリップ力をアピールするために、タイヤカスや小石を使うことはある
けれど、大きな砂煙・砂埃などはめったに登場しません


giphy03

砂煙・泥は、四駆や軽のゴツイ車のコマーシャルに出てきます
デコボコ山道を四駆が駆け上がるコマーシャルが分かりやすい
あれは「この車は泥や水、砂利でも走行可能であり、汚れやキズに強い」と言いたい
すなわち、汚れよりも車の機能や耐久性を気にする人を対象にしているわけ


42]38]

このレクサスのCMでは、運転するのは2人の女性


giphy02

さらには砂煙、噴煙出しまくりで、高級車のCMとはとても思えない

これって、
そんなにお金持ちじゃない人にもレクサスって買えるんよ~
舗装されてないクソ砂利道でもスムーズにハンドリングできるんよ~
っていうことが言いたいんだと思う

レクサスってのはトヨタの高級ブランドで、そのブランドが売りなわけですが
高級感がだんだんと浸透するにつれ、ボリュームゾーンは小さくなっていった
「レクサスはお金持ちが乗る車」という先入観によって、
払える価格帯であるにもかかわらず、「自分とは無縁の世界」と思う人もいれば、
高級車はみかけだけで機能は悪いだろうという考えの人もいる

おそらくトヨタは、こういう人は多くいると考えてて
そういった人に対して、
「機能も良くてお手頃な高級車もあります、実はそれがレクサスISなんですよ」
という提案・プレゼンをしてると思うんですよね

ベンツやアウディのカッコイイのはアホみたいに高くて手が届きにくい、
でもレクサスだったらお手軽に買えるよみたいな
そんな印象を植え付けて、敷居を下げる狙いがあるんだと思う
あわよくばキャリアウーマンにも買って欲しい気持ちもある


[蛇足]
まあシャシーの美しさは言うまでもなく、
エアサスやV8ツインターボエンジンによる加速性能などの機能においても、
または事故した時の安全性もベンツの方がはるかにいいので、
レクサスはオススメしません、むしろオラつきたい人向けです
高くても良い物を買いましょうNE~


このエントリーをはてなブックマークに追加

・そもそもこれはどんなシーンかー①
>なぜ爆発したのか
>どのように爆発をしたのか
>それによって、周囲にどんな影響を及ぼしたのか

・そこに至るキャラクターの心情や文脈はどのようなものかー②
>間接的に心情や情景描写をしていることがある
>その爆発に至るまでに、キャラクターはどんな心情だったのか
>また爆発の後、どのような心情になったか
>どのような文脈で爆発のカットに至ったのか

爆発/エフェクトは必ず①、②を受けている
描き手が意図的な部分とそうでない部分はあるにせよ
そのため両者の要素を汲みとった方が良い

「この爆発がこのようである理由」は、良い爆発には必ず存在する
技術によりすぎるのも、演出によりすぎるのも良くない
どちらの要素も柔軟に取り入れて、解釈することが必要だ


ナウシカの金田爆発を例に取ると、

①そもそもこれはどんなシーンか
・ナウシカは飛行船を助けようとしていたが無理だった
・虫に襲われために墜落した
・崖に突っ込み、飛行船はまるごと爆発した
・爆発はとても大きく、夜の風の谷を光らせた

②そこに至るキャラクターの心情や文脈はどのようなものか
・虫が騒ぎ出しており、それにナウシカが異変を感じた(確か)
・トルメキアの飛行船にペジテ市の王女が人質として乗っていた
・ナウシカと王女は一瞥を交わして、助けを求めていた
・爆発の後、王女は息も絶え絶えの中で積み荷を燃やすことを頼み息を引き取る

という風な感じになる
これから分かることは、
・飛行船は虫の集落を通ったため(虫に対する無知のため)に墜落した
・王女と悲しい一瞥をナウシカは交わしており悲劇的である
・息も絶え絶えながら燃やすのを頼んだため、積み荷は相当に危険なものである
・虫と対話できるにも関わらず少なかったナウシカの無力感

要素を小さく分けていくと、それまで見えてこなかったことが見えてくる
技術論に傾倒して考えるのはあまり良くない
さいきん技術論/線画ばっかりに目が行っていたので、自戒を込めてメモっとく


このエントリーをはてなブックマークに追加

爆発リハビリも兼ねて

このすば4話では、さまざまな爆発のオマージュが見られたので紹介したいと思う
なんか吉成爆発だけやけに話題になりましたが、それ以外の爆発も少し分析する
(※自分が推測してるだけで、「小澤さんは確実にこれをオマージュしてます!」ってことではないので参考までに)


廃城爆発その1

20160205064951

おそらく佐々木政勝オマージュじゃねえかなあコレは(正直これが一番ワカンネ)


政勝爆発は、中心部に入るワシの爪のような線が特徴的です

20160212075643
(「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ(1999/TV)」02話:佐々木政勝)

爆発した後の爆煙にカメラが覆いかぶさるように描くことが多く、
これはカメラでは捉えきれない爆発の広大さ/スペクタル感を出してる
(スペクタル感の演出のための全セル煙は新ドラなんかでもやってますね)

最近だと「咲-Saki-」「咲-Saki-全国編」のキャラデと総作監が代表的な参加作品です。
咲-Saki-ファンは分かると思いますが、劇中で唐突にカッコイイ炎が出てきたりしますよね

20141231210037
(「咲-Saki-全国編」07話(2014/TV):佐々木政勝※1)

まずは炎がびしゅっと発生し、すっと消えていくことでインパクトを出し
鬼火のように炎を揺らめることで、はっちゃんの異質感/化物感を演出する
(※1.これ正確にはおそらく片岡英之原画の佐々木政勝作監。憶測ですが)


廃城爆発その2
20160205171033
 
これはナウシカの庵野秀明オマージュかなー


20160209013033
(「風の谷のナウシカ(1984/劇場)」:庵野秀明)

有名な巨神兵シーン。瞬間的な爆発/爆風で巨神兵の圧倒的な力/恐ろしさを演出
爆発が押し寄せる感じ、下から上へと回転していく感じが似てますよね
このすば04話では、少し寄っている構図になっているか


20160209010107 20160209013034


廃城爆発その1と似てるのは、後はこれかなあ

20140418035009
(「ヘル・ターゲット(1987/OVA)」:本谷利明)

これはとある怪物への攻撃シーン
SOL的衛星兵器の大出力ビームによって、このような爆発が起きている
兵器の強力さは言うまでもなく、怪物をいかんなく駆逐するための爆発演出

この次から次へと爆発が生まれる/増殖していく様子と回転の仕方が似てますね



廃城爆発その3
20160205064952

金田(伊功)爆発オマージュですね
球形から突然直線っぽいフォルムになり、そしてまた別のフォルムへと変貌していく
違う形の絵がどんどん放り込まれるのにも関わらず、なおかつ繋がってしまう感じ
それが金田伊功の爆発であり、金田系という作画のジャンル
(金田系オマージュといった方が正確かもNE)


20160212064940
(「風の谷のナウシカ(1984/劇場)」:金田伊功)

トルメキアの飛行船の墜落シーン
このカットの前でメーヴェがすっと暗闇に消えていくので、爆発の光がより強調される
暗闇のカットではペジテ市の姫様とナウシカが寂しい一瞥を交わすわけですが、
その悲劇、まさしくカタルシスがこのカットに込められている

一連の爆発魔法のオチに金田作画オマージュを持ってくるのは粋やね
どうせなら火炎龍を描いたらベストだった


その他の爆発
20160205054035

温度表現はいわずもがな。白から黄色へ、そして赤、黒へと
これ地味に上手いのが、終わりのダブラシ加減ですね
廃城がシルエット風に見えて、なおかつ煙も存在感がある



他の爆発(望遠ロング・ショットの爆発)に関しては流石に多いので総括的に
(※ほぼ文章だけなので、興味がない人は読み飛ばしても差し障りない)


38]24]

内部に巻き込むパターン(古い煙がどんどん内部に巻き込まれていく、上昇気流的なイメージ)と外部に展開するパターン(新しい煙を張った面を押し出すように描く、チューブから押し出されるイメージ)の2つに分けて描いてる。もしくは2つを同時に使って描いてる。まあメインは、外部に展開するパティーンだと思います。

後は温度表現のときの、色の付け方とかタイミングで少しずつ変化を付けている。基本的に、このすば04話の爆発の色は、赤、黄、白(透過光)、黒の4色で表現してます。爆煙が冷やされていく過程で、その順番に沿って色が変わっていくのですが、このすば04話ではタイミングや冷やし方(どれくらいの速さか、冷やす部分をどのような形に切り取るか)に差異を付けて、変化を出しているように映った。

まるでエフェクト作画の宝石箱や!



それで、小澤和則という方は橋本敬史の寵愛を受けておりと師弟関係であり(1)(2)、そこそこ似た作画をされます。正直判別は難しく、特に「アルドノア・ゼロ」は判別つかない。作画的な要素でいうと、楕円ディテールとかカゲの付け方が似てますね。

しかし、タイミングは大きく異なっていて、後ヅメ志向が強い気がする。分かりやすく言うと、タメが強くて、煙の留まっている様子を強調している。煙が発生した後の滞留する煙を強く表現している感じ。



このすばOP-爆発1
20160205054036  

金田光→衝撃波→半球ドーム爆発押し寄せ
破片が最後まで画面に残ってるのは最近だと珍しい気がする
小澤さんかどうか分かんない、けっこうタイミングはっちゃけてるし


このすばOP爆弾岩のカット-爆発その2
06]10]
11]14]

それで金崎監督の言及でこの辺りは高橋しんやさんということなんだけど、
楕円の感じとか小澤さんっぽいと思っていたから意外だった 
まあどちらにせようまいっすね~


他の小澤作画も少し

・「楽園追放 -Expelled from Paradise-(2014/劇場)」
20150213170817

HLVシークエンス
このように、煙の表面それぞれを気球のように張り、
中から新しい煙が押し出されるようにじんわりと描くときもあれば


・「魔法少女リリカルなのはViVid(2015/TV)」06話
20150630012951

小澤作画(※推測)
このような”お団子的爆発”を書く時もあったりもする
画面右の爆煙ですが、中央からにゅっと新しい煙が押し出されるように描かれている
煙の膨張面の強調が面白い


やはりタメと楕円ディテール、煙の膨張面の強調なんかが特徴的な部分ですね
後は引きの画面での煙の不規則なフォルムですね




おわりに(まとまらない)

このすば04話ではいろんなオマージュエフェクト見れて良かったです。合ってるかどうかは微妙ですが。まあそうじゃなくて普通に見ても、爆発は男のロマンやし楽しいやんね。爆発最高!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed