GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

2018年05月

シュタゲ・ゼロ、これは実質2期と呼んでよいのかな。「紅莉栖を救うことを諦めてしまった」世界線、β世界線におけるオカリンの恐怖と奮闘を描く。そもそも、ぼくはシュタゲ大好きなんですよ。夏になったら見直したいアニメの一つなんよね。

シュタゲ01.mp4_snapshot_02.28_[2018.05.25_06.15.27]

シュタゲの良さは、SFギミックが軸になったストーリーにある。Dメールには「あり得そう」と思わせるだけの説得力があるので、没入できる。説得力というのは映像において非常に大事なんです、僕にとっては。説得力は、画面の設計にとくに現れます。だってアニメだもん。映像で視聴者を納得させようとしないとダメでしょ。




シュタゲ02.mp4_snapshot_18.33_[2018.05.25_06.18.43]

さて、ゼロ1~2話では、『Amadeus』と呼ばれる装置の紹介から入りました。β世界線ですので、オカリンはそもそもタイムマシン関連を使えない。ということで動かしていく、物語の推進力になるのは、アマデウス紅莉栖です。



シュタゲ02.mp4_snapshot_19.55_[2018.05.25_06.19.10]

スマホっていうのも重要な要素だよなあ。前作はまだガラケーの時代だったけど、現在はスマホ一色なので。たとえば、単純にコミュニケーションツールとして、役割が大きく変わる。メールとLINEじゃまったく異なるでしょ。すなわち、コミュニケーションじたいも変わるような気がする。




シュタゲ01.mp4_snapshot_08.52_[2018.05.25_06.15.51]

ポンデリング鈴羽



シュタゲ01.mp4_snapshot_18.58_[2018.05.25_06.16.59]

真瞳術チャンス真帆
にしても、寄りの構図が多い。もうちょい引きの絵でコントロールして欲しい


シュタゲ02.mp4_snapshot_02.20_[2018.05.25_06.17.28]

ここのカメラくんのCGいいですよね。動きがなめらかなのが不気味で良い。


01-000

キャラ作画ではここがなんか目立ってた。あごガクガク
野中作画っぽい、いや野中いねえんだけど


01-024

髪の毛のなびき丁寧に
哀愁と苦しさ漂う感じになってて上手かった


あとはラボメンのおっぱいが全体的に巨乳化してるような気が。なんか頭身と合ってない感じがして嫌なんだよなあ。まあどうでもいいか。にしても、大ヒットした後の作品って初代と比較されて大変そうだなあ。



素晴らしい記事が伸びないことへの怨嗟と発狂のために、増尾記事を見直していたんですが、こういうことじゃねえのか?という発見があったのでご報告します。




結論から言うと、カメラからの距離でエフェクトを使い分けていたのではないか?
(※これどこかの記事で言うてる気がします)

カメラから遠い位置のエフェクトはとうぜん、その姿は明確ですが、カメラの眼前・寄りでは、ぼやけます。カメラ距離を考慮に入れたエフェクト表現をしていたのではないのかというのが推論です。

そういった目線で、先日の増尾記事のgifを検討してみましょう。

20180523103959
[バンパイアハンター(1998/OVA)]

1カット目は球形爆発だが、2カット目以降は球形が溶けてくっついた感じになっている。2カット目以降は二号カゲを入れていない。


20180523100817
[セレヴィ(2001/劇場)]

ご覧の通り、離れた位置にある爆発は立体を重視しており、カメラに近づくにつれディテールは少なく(平面煙に)なっていきます。平面煙というのは、「立体感を出さないように」ディテールを極力減らしている煙です。板野調のような、球形フォルム+ディテール少なめから、球形を抜き取った感じ。



序は微妙だけど、ややディテール薄くなっているような気がする


20180523100822
[エヴァ序(2006/劇場)]

カメラ位置はさほど近くないのかも?
4個ほど煙ありますが、手裏剣ディテールとかには違いがありますよね。


<参考文献>
白組スタッフによる庵野総監督語録も!白組による「シン・ゴジラ」メイキングセミナー 


あとねー、増尾フォロワーがいないっていう話をしたけれど、あれは正確にはフォローできない、模倣ができないってことですね。彼のタイミングや、この記事で指摘したような部分は、表層的な絵面ではなく脳みそがいるものなので、簡単には模倣ができない。



増尾作画いろいろ(1)/「ホンラン」「新海底軍艦」ほか


Q、次の増尾昭一作画は、何年代のものか。次から選べ


20180316222834


1、1990年台後半(1995~1999)
2、2000年代前半(2000~2004)
3、2000年代後半(2005~2009)
4、2010年代前半(2010~2013)

わかるかな?











まあこれ正解は、3番です。2009年に制作された「仏陀再誕」なので。


20180316222833
[仏陀再誕(2009/劇場)]

ポイントとしては、クルミ状(デコボコ)フォルムですよね。これは2000年代じゃないと確認されてないので、3、4までは絞れたと思います。あとはタイミングで3番と決まります。90年代は、もっとドカドカするタイミングなんで、こういった滲み出てくるようなタイミング、ゆったりとしたタイミングは、00年代にならないと出てきません。まあ、何度も言ってることなので耳タコだね。

あと、どうでもいいですけど、カルト団体が作ってる映画だから、みたいな偏見とかありませんよ。映像がすべてなんで。良いものは良いし、逆も然り。そこに根拠を求めたらダメです。カルトはカルト、映像は映像です。今掛さんの作画なんかが語られない理由はこの辺にありそうですけどね。



脱線しました。元の話に戻るお!
同時期の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」でも、似たようなエフェクトがあります。


[ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007/劇場)]
20180523100822

クルミ状の煙、手裏剣カゲディテール


20180523100821

見返してて思ったけど、手裏剣ディテールを重視して見ると、この辺も増尾さんっぽい
いやめっちゃ推測ですけどね、ここパート判明してましたっけ?




[セレビィ 時を超えた遭遇(2001/劇場)]
20180523100816

1997年頃~2000年初頭はおそらく増尾エフェクトは2種類あるのかなあと。
基本的にはクルミ状の煙をフォルム全体で動かしていく、手裏剣ディテールがある。


20180523100817

ただ、このカットの画面手前の煙のように、平面フォルムの煙もあるんですよね
「ガンスミスキャッツ」とか90年代後半な感じ(説明さぼり


20180523100818

セレヴィ増尾すげえなあ
増尾フォロワーって聞きませんが、ショックコマといい、タコ足煙といい、エフェクトアニメーターはけっこうな影響受けていると言っても間違いではないと思ってまう


20180523100819

このカットは、2000年代の増尾タイミングの基礎な感じするねえ!
(※ルギア、YAMATO2520でも似たようなカットがあった)
一発目の着弾は段階的にガッガッガと膨らむでしょう。これが特徴的な部分や



[バンパイアハンター The Animated Series(1998/OVA)4話]
20180523103958

フォルムはまったく違うんだけど、タイミングがばっちりだったので
タイミングは動画とか見て感覚で掴んでIKEA
(※この辺のフォルムは「AKIRA」Cパートの戦車爆発と似てる)
よくやるパターンは、真ん中爆発→(白コマ挟んで)画面外からドカーン



20180523103959

セレヴィと同じ時期なのに、平面的なフォルムでしょう。
これだから増尾の90年代ラスト~00年代初頭は難しいんだ

整理しときました

増尾特徴90年代後期

要するに、この時代は過渡期だった。

2006年くらい、「銀色の髪のアギト」までにフォルムが固まるまでに、おそらく2種類のエフェクトを使い分けて試行錯誤していただろう。そのへんが90年代末期の増尾作画の判断の困難さを生み出しているものである。「メルティーランサー」「ルギア爆誕」などでも見られるので、「この時代の増尾作画はこれしかない!」と断定するのがそもそも変。この時代には、2種類の増尾エフェクトがあった、ということなんだよねえ、多分。



↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed