youkoso_tikyusann



さて、「ようこそ地球さん」を読み終わった。
この作品は、星新一の入門編とも言える作品らしく、二つの短篇集を組み合わせて作られたものらしい。
そのため短編は全部で41話あり、SFを中心とし、様々に物語は展開していく。

読むきっかけになったのは、間接的には「エヴァ」かもしれない。
庵野秀明、山賀博之、赤井孝美、など今現在40~50代のクリエイターに大きな影響を与えたと言っても過言ではない、「SF」というジャンル。
そのジャンルを見ていないと、いやむしろ見ておけば彼らに与えたモノがどんなものであったか、少しでも掴めるような気がしたからだ。
別に媒体は本でなくてもよくて、映画でもアニメでも良かった。
だから「ザ・フライ」も見たし、「アルジャーノンに花束を」も読んだ。
まあ、ぐだぐだ言わずに「SF」にハマりつつあるかもしれないだけだが。

さて、作品の中で面白かった短編を二段階で紹介しよう。

特に面白かったのが、
『待機』
『不満』
『神々の作法』
『空への門』
『霧の星で』
『友好使節』
『ずれ』
『小さな十字架』
『悪をのろおう』
『通信販売』
『開拓者たち』
『復讐』
『最後の事業』
『殉教』
であった。それぞれについて述べようと思うと、大変な文章量になりかねないので割愛。

次点で、
『弱点』
『桃源郷』
『すばらしい天体』
『セキストラ』
『西部に生きる男』
『早春の土』
『処刑』
などが面白かった。


僕が読んでいく中で、 頭には色んな作家が浮かんできた。
それは「楳図かずお」であったり、「手塚治虫」「藤子不二雄」であったりした。 
何だか似てるなあ、というよりは、本質的に同じモノを描いてるような気がした。

星新一は、おそらく漫画界にも影響を与えたんだろうなあと少し思ったりもした。
(※ワンダースリーをご存知の人は納得して貰えると思う)

そうして、星新一も何らかから影響を受けている。影響の連鎖によって、作品がどんどん作られていくというのはとても面白い。 今も、様々に影響しあってることだろう。

何が言いたいのかというと、直接的には活字嫌いの人にとっては読みやすい作品であるということ。
間接的には、宮崎駿の引退なんて大した問題ではないはずだ、ということ。


もう72歳である。「風立ちぬ」制作時に、一回入院したとも聞く。
健康面でも、創作意欲面でも、作りたくないと本人が言えばそうなるのが必然ではないか。
それを、「宮崎さんじゃないとだめだ」なんて引き止めるのは浅はかだと思うし、後進への期待なんてこれっぽっちも持っていないことが分かって腹が立つ。

「宮崎駿みたいなのはもう出てこない」とか「◯◯さんが生きていれば…」とか言う奴は大抵何も知らない。
過去に執着し、現実を見ようとしていない。
これからのアニメーションを支えるかもしれない若手なんて山ほどいる。
それこそ、この前「OP、ED」で紹介した「立川譲」さんだったり、『むろみさん』の「吉原」さんだったり「新海誠」だったり、まだまだ眠っている才能は山ほどある。

同じくこれからピークを迎えるであろうベテランもいる。
ジブリスタッフでは、「賀川愛」「近藤勝也」「高坂希太郎」など長年作監等を経験してる人もいる。
それから、「リトルウイッチアカデミア」で好スタートを切った「吉成曜」もいる。
「マクロスプラス」で監督を務めた「渡辺信一郎」もいる。
「東のエデン」「精霊の守り人」で監督を務めた「神山健治」もいる。
「庵野秀明」「鶴巻和哉」「前田真宏」「細田守」「湯浅政明」もいる。

心配なんて必要はない、と僕は考えている。
そして、現実的にジブリは解散させることができない状況にまで陥っている。
であるとすると、必然として踏ん張って頑張ってくれるであろう。

宮崎駿というとてもとても大きな天才を失うことは、同時にそれを埋め合わせる半ば強制的な努力の始まりだと思っている。
いつまでも宮崎駿に頼ってはいられない時代はとうに来ていたのだ。
目を背けていただけでとうに来ていたのだ。
だからこそ、これからの努力が大事なのではないか、そう思っている。
 

色んな人が様々に交差して、影響しあって作品は生まれていく。
これまでも、これからも変わらない真実だと思っている。