今回紹介するのは、一部の人は知ってると思う。
「課外授業 ようこそ先輩」の庵野秀明回だ。 

「課外授業 ようこそ先輩」 は、1998年から開始されたテレビ番組で、庵野回は1999年の10月なので、NHKなかなかやるじゃねえか、という感じである。

当時、庵野秀明は「旧劇場版」の「最後」を作り終わっていた。
「最後」というのには、少し説明がいる。

元々の劇場版計画では「総集編(DEATH編)」+「新作の25、26話(REBIRTH編)」を一つの映画作品として上映する予定であったが、制作の遅れから、「新作の25話」の前半だけを「総集編(DEATH編)」にくっつけ、最後に魂のルフランを流して終わった、通称「春エヴァ」になった。その後、「完全新作の25、26話」が公開された、通称夏エヴァを公開し、そして「最後」に、元々の劇場版計画通りにフィルムをつなげ、上映したのだ。

書いてて自分でも意味がわからなくなったので、簡易的な図を用意した。 

旧劇エヴァ1


こんな感じ。


で実写「ラブポップ」なんかも作り終わって、一段落着いた時期だということがわかる。
そんな時期のインタビューが興味深い。





(動画では26分19秒から)
メンドイ人はリンクをどうぞ→http://youtu.be/eh0qbJAQhgk?t=26m19s  


電柱好きなんですね。
昔から好きだったと思うんですよ。

なんか…風景画を書くとですね、電柱とか街にある人工構造物しか描かないんですよ
そこに働いてる人間とかっていうのはほとんど描かなくてですね。

当時先生に「いびつな絵だ」と言われた覚えがあるんですけど

この街も当時僕が子供の時は、高度成長期でイケイケでしたからね
まだレッツゴーの時代だったんですけど

今は足踏み、もしくは後退してますね

僕はやっぱこの風景がいいなと…
いつかここに自分の描く舞台は帰ってくるんじゃないのかと。 
(庵野秀明 課外授業 ようこそ先輩より引用) 


インタビュー中に流れる、宇部市の工業地帯の映像。

2014y02m07d_031520481
2014y02m07d_031525986



ここで「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の予告映像を振り返る。
2014y02m07d_153612049
2014y02m07d_153641505
2014y02m07d_153722602

あ、これ完璧に工業地帯だ。

(※だからといって、特に導き出せることはない)

田舎に住んでたおかげで、「ガスの球形タンク」は身近なものに感じます。
まあ水島の工業地帯もありますし…中国地方は特に盛んですね。





その他いろいろとテキトーに紹介。


2014y02m07d_031416161

途中で映される電柱。

2014y02m07d_030714903
庵野さんの小学生時代の油絵。
夕焼けの描写の仕方が子供ではない。うめえ

2014y02m07d_031407397
キャットウォークを歩く庵野さん。



記事で使用している映像、画像等は(C)NHKの著作物から引用しています。