46]


■分からん、分からぬ、分からにゅ

もうちょっと、楽しい記事を書きたい。なんか最近上手く書けてないと思うので。受ける受けないに関わらず、何か今ひとつな記事ばっかりだと思う、「君嘘最終話」だけは自分の中で何とか納得出来ました。いろんな部分が上手く噛み合ってないから、今こうなってるんだろうけど。焦らず1つずつね。いろいろ改善しようとすると、多分上手くいかないので、ちょっとずつ考えながら改善していきたい。

実は、こういう風になってしまう危惧はずっとあった。最近は、(最初のころよりも)純粋に映像を見れてないと思うし、まあこれは仕方ないにせよ、文章が背伸びしようとしてるのがアカンなと思う。もうちょっと身の丈に合った文章でね、例え間違ってても、拙くてもいいから自分の言葉と意見で、やらないとまあ良くはならないわけで。ただ見栄を張ったような文章しかできないわけで、それじゃ書いてる方も見てる方も面白くない。ちょっと意固地になってた感じはあるけど、こうやってだんだんと気付けてきたことは幸せなのかもしれない。やっぱ人間やれることを全力で自信を持ってやるしかないんだけど、今は何かガーターすんの恐れてる感じ。ボール置きに行ってる感じ。そりゃ2ピンぐらいしか倒れないよ、フォアボール出しちゃうよという感じで。

何か玄人っぽく見栄を張ろうとしてるんだよね。そんなオシャレでもねえのに、無理してGUとか何かオシャンティーな店で服買う感じ。そこがすごく良くない。そんなんじゃないだろうと、べつだん詳しくもないんだから玄人じゃないし、素人で初心者だよ。なんか取り繕おうとしてるのが良くない。アホみたいなこと書いてた方が、カッコつけるより、よっぽど素直でいい。

恐れずにやっていきたい。何回でもガーター出しちゃった方がいいし、カキーンと打たれた方がいい。しっかり腕振ったんなら、糧にすればいい。これは自慢のつもりじゃないんだけど、増尾記事を書けてたあの時の自分すげえなって。よく何にも分からない中で必死に考えて、ちゃんと答え出してるよねっていう。まあでも、あの頃の自分と同じというのはあり得ないわけで。良くなった部分もあれば、悪くなった部分もある。知識が増えていろんな見方ができたようにもなったけど、その分見えにくくなった部分もある。だけど、これはもう仕方がない。

だから、難しい部分はあるかもしれないけれど、とりあえずは背伸びするのを辞めようと。凄い記事なんて時たまにしか書けやしないんだから、そうじゃなくてもっと下手くそでいいから、楽しい記事書こうよっていう。語彙力が足りないのかなと思ったけど、本質は多分そこじゃないだろうと。もっと自分に正直になろうと。

そう今日思った。まあ頑張ります。



■春アニメについて(前期秋、冬アニメについても)

僕のメモリは3本で大体MAXなので、それ以上は多分ムリ、というのを前年度学びました。この反省と前期での各話感想4本とかいう無茶な行為への反省も含めて考えると、できることはまあ少ないです。

1つのアニメの各話感想(A)と、2つのアニメの作画感想(B、C)なんかが折り合いつけやすいのかなあと。そういうふうな印象ですけど、まあ実際これもやってみんと分からんですね。人気どころはいろんな人がレビュー書いてくれるだろうし、そこまで行かなくてもいいかなという感じ。だから、Aを本命に据えて、BとCもまあそれなりにやっていく…みたいな。 これ一応ですが、確定じゃないです。1つだけ各話感想して、全体としては5本ぐらい見る可能性もある。でも何かそれだとモッタイナイ感じが…無限地獄ですね、ココらへんでやめとく。

そうだ、突発的に昔のアニメも観直したくなるので、その分も考えとかないとアレなのか。「日常」とか見て、エフェクト作画とかまとめて紹介したいし。まあやりたいこと削りつつ、こう上手く配分とれたらいいですね。

咲ちゃんに猛省させないように祈っててください。

「グリザイアの果実」「新Fate」については一定の何かをしたいと思ってます。コメント付けてくれてた人もいるので何か申し訳ない。 一応、これらもこれから1クール分は見ます。その上で、まとまった感想は出します。今はそんないい記事は書けないと思うので、期待はしないでくだひゃい。