■プロ野球スピリッツA 序盤基本攻略 個人的まとめ

・最初の球団

好きなとこでやっていい、と思う。強いとこで始めて、そこから贔屓の球団に切り替えても良い。球団(自チーム)の変更はいつでも可。


・エナジー溜めは、「Vロード巡り」

Vロードでは、全38試合(12球団+オールセ、パ)があり、初回勝利に限って「エナジー*5」がもらえる。なので、最初の☆からその取りこぼしがないように気をつける。5*38=190もらえるので、これで最初のS確定ガチャを回す。最初のうちは、ミッションがどんどん開放されていくので、そのエナジーはスタミナに回す(※選手がまだ出ていない状態なので、ガチャは控えた方がいいかも。戦力が足りない場合は仕方ないけど)。


・イベント「対決カーニバル」

また延期されるかもですが、3000PTで「合計25エナジー」なのでやって損はない。5000、10000PTで「Bランク契約書」、20000PTで「Bランク 自チーム契約書」がもらえる。個人的には、20000PTまでがコスパいいです。30000PTだと「Aランク契約書」がもらえて嬉しいですが、ここに至るのは中々しんどい。20000PTまで余裕でいけて、余力があればいけばいい。 

(注:自チーム契約書は、自チームの選手がもらえる(今持っている選手の中から選ばれるわけではない)。自チームは設定で変えられるので、補強ポジションを決める。)


・引き分けは、実質「負け」なので注意
>プレーオフ進出は、勝ち星で決まります。なおプレーオフにおいても、引き分けは負けと同じ扱い。ゴミ仕様。


・プレーオフになるとやたら強くなるので注意
>真剣に操作するべし。


・バッティングのコツ(ゾーン編)

※個人の主観
>高めは割りかし左中間、右中間に飛んでいきやすい。無理やりな引っ張り、右打ちはゴロになりやすいです。基本は、センター返しのイメージでいくと良い。二遊間はけっこうガバガバなので、ライナー性の当たりだと殆ど抜ける。ゴロは当たりの強さによって変わってくる。

>左打者が打ちやすい気がする。タップ位置の問題かなあ。


・バッティングのコツ(強振編)

そんなものはない。真芯くって打てる人は尊敬する。全然できない。


・ピッチングのコツ

※主観
>低め低めアンド低め。真ん中くらいだと、ナイスピッチでもいい当たりされます。緩急は命。投げる球がなくて困ったときに、ストレートは選ばないように。カット系の変化球の方がまだいい、ベストは大きな曲がりの変化球。


・「ショート」「キャッチャー」「ライト」を強い選手で固定できると、大変有利

>ショートはホモリンAがベスト。坂本、鳥谷、安達はCランク、Bランクショートっているんかなあ。
>ライトは楽天牧田SのみB以上という惨事。コナミ馬鹿じゃねえの 雄平、糸井らへんは最低でもBだろ 
>序盤で最もきついのはキャッチャー。西部・森くんあたりが拾えるとベスト(※現実では捕手出場は2015シーズン無しだけど)、後は吉田、杉山あたり。


・有能っぽい選手 

アンダーソン(左)S、B、川端(三)B
>打球が速いのでヒット性になりやすい。ゴロも多いけど、自動操作の時はよく打つ。 

イデホ(一)S、B、カラパイア(一)B
>長打打ちやすい。弾道高め。

丸(中)B
>川端に少しパワー足した感じ。 

森(捕)C、中村(右)C
>森くんめっちゃホームラン打ちやすい。イデホらと同じく弾道高い。中村は成長しきって、ミート50パワー35だけど、何故かホームラン出る。この2人すき。

クルーズ(ニ)B
>守備よし、長打もバンバン打つ。次点で片岡。

エルドレッド(左)
>ホームランアーティスト

(序盤の)堂林(三)D、福田(一)D
>長打打つのは、大体こいつら。特に福田くんはやばい。


・微妙な選手

内川 (左)S
>弾道低すぎて、大抵遊ゴロ。Sでもあんま良くない。

安達(遊)C
>守備はいい、問題は打撃。アカン。 

レアード(一)B、銀次(三)B
>ここらへんの極端な選手は、よく分からん。あんま長く使わなかったし。


楽しいけど、もっと選手追加して欲しい。なんでこんな小出しなんだ。 
それと、亀井Aオナシャス!なんならBでもいいから頼む

サブポジの守備適正だけはどうにかしろ、マジで。Bないとスピリッツ下がるのは流石におかしい。D以下ならスピリッツ低下とかにすればいいのに、西岡セカンドでスピリッツ落ちるの本当見てられない。そのくせ、森くんは捕手適正あるという謎(※もしかし2014査定かもなあ)。