山本沙代は、マッドハウス出身家の演出家です。昨年は「ユーリ!!! on ICE」を監督し好評を得ました。監督作品も素晴らしいのですが、今回はOP・ED演出について。

山本沙代の作るOP・EDは、どれもおしゃれでカッコイイ。なぜ、そう見えるのか。手がけたOPを見ていくと、2つの技法が気になった。それは、ワイプ密着マルチです。とうぜん、この2つを使わない演出家はいませんが、その組み合わせ方が独特だと思ったんですよ。以降、本編素材を使ったワイプを「素材ワイプ」と呼ぶ。


素材ワイプっていうのは、いわずもがな、こういうやつ

20170815202120
(「ローゼンメイデン・トロイメント(TV/2005)」OP)

素材を使って場面を変える。これ単体は別に珍しくもなんともない。山本沙代のワイプが独特なのは、これと密着マルチを繋げるケースがあるから。繋げるとどうなるか、ご覧いただきたい。



素材ワイプ→密着マルチ

20170815202815
(「進撃の巨人(TV/2013)」ED)

ワイプは画面に勢いを残すと思う。この例だと、素材ワイプの素材はナイフですよね。ナイフが画面左に消えていって、その勢いが密着マルチへと引き継がれる。ワイプの勢いをそのままに、画面が流れていくという感じ。けして、無理やり止まらない。スムーズに画面が流れていく。


以下、類似例

20170815202122
(「ミチコとハッチン(TV/2008)」OP)

同スロー
20170815202123



20170815202121
(「ローゼンメイデン・トロイメント(TV/2005)」OP)

キャラの手前と奥にbookを置いて、それぞれを逆方向にスライドさせる密着マルチのパターンが多い。


20170816053203
(「PSYCHO-PASS(TV/2012)」OP)

これはカメラが高速に動いて回り込んでいるのかなあ


これが山本沙代のOP・ED演出の中では、最も特徴的な部分。大昔から普通にあれば、俺の無知ということで許してクレメンス。山本沙代さんは、密着マルチの使い方がべらぼうに上手いと感じる。「神撃のバハムート」「峰不二子という女」のOP・ED演出は、こりゃすげえやっていう感想しか出なかった。


他の特徴は箇条書きにしておく
<頻発>
・BLカゲや影なしによる、強いコントラスト
・ストロボの多用(近年)
・2段階QTB

<ちょいちょい>
・色マッチカット
・「目」を使ったトランジション
・シンメトリー


あとは、具体的な要素として、「水に関係する素材」を使うことが多い。

13]
42]
16]59]


20170809054659

完全にどうでもいい話ですが、この泡作画ええんよ。アトランダムって意外と難しいと思う。


こんな感じ。泡とか魚とか、波とか。好きなんだろうか。まあでも、ちょっと疑問だよね。「荒川」は作品的に関係あるから当然ですけど、「PSYCHO-PASS」「賭ケグルイ」「進撃の巨人」なんかでは、メインテーマではないよね。この疑問は読んでる人に考えてもらおう、うん、別にまとまらないとかそういうわけでは決してない決して。