*変身(へんーしん)
他のものに姿を変えること。別の姿・ようすになること。

このSNS上のぼくも現実から変身している姿…( ^ω^)
いや、ちがうか。あくまでも仮の姿、アバターですね。アバターはサンスクリット語のアヴァターラ、「化身」から来ているらしい。神や仏の「化身(※人を救うために人となって姿を現した仏)」らしい。権化とも呼ぶ。仏教用語だったのか…おまえ

アニメにおける、変身といえば、なんだろうね、なんかアニメーションや漫画ではずっとテーマじゃない?なりたい自分への変身が多いような気がする、転スラとか。




さて


はい、こんにちは
イアキさん

 再び、こんばんは。
 おすすめ作品を見ていただいただけでなく、コメントを取り上げてくださり、
さらには過分なお褒めの言葉をいただいてありがとうございます。
大変恐縮しております。

 自分でも、勝手に興奮して人様のブログに書き込むなんて、
迷惑ではないかと思ったのですが、作品の凄さに背中を押されました。
あともう一つ大きな後押しがありまして、それはイアキさんが昨年の大晦日に書かれた記事です。

 自分はこれまでネット上で作画の話をしようとするときに、
的確に分析、言語化し表現しないといけないと強く思い込んでいました。
(1*変なことを書くと怒られそうで怖かった。
それがイアキさんが書かれた
 「みんなアニメ好きなんでしょ?じゃあ、同じ同じ、作画が楽しかったらオッケーオッケー、みんな仲間。
 よく分からなくても、ノリでいっしょに楽しもうぜ。ついでに少し覚えたらもっと楽しくなるかもってだけ。
 作画みたいなもんは。来年は、もっと楽しくやろう。そういうノリで。」
という言葉を読んで、臆病だった自分を恥じました。
これからは分析的出来て無くても、的外れかも知れなくても、
2*臆さず言葉にしてみよう決意しました。
それが先日のコメントに至ったという次第です。

 大変長々と失礼いたしました。
また心揺さぶる作品に出合った折には、書かせていただきたいと思います。
さようなら。

稲作偏芯10/Dとエウレカと
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58177953.html

まずひとつめに、ベクトルはどちらであれ物書きはリアクションをもらえると嬉しいものです。反応がないというのは読者の感情が分からないですから。ですので、そのよほど書き手が偏屈でもない限り、よほど変なコメントを書き込まない限り、書き手は喜びますよ(ちなみに、ぼくも書き手からの反応が怖くてコメントが書けないブログは何個かありますwそういうものです人間)。そういう意味ではご立派です。


1*について
怒る人は山ほどいます。怒るというか、もっと正確に言うと、自分のこだわりや主張を、大した根拠もなく押し付ける人ですね。分析や批判はできないくせに、批判の批判・誹謗みたいなのが得意ジャンルな人たちだらけですよ。自分らもうまく言葉にできない、そういう時期があったはずなのに。そういうのを無視してしまう。映像の感動に対して、言語化できないもどかしさは理解できるはずなんです。まあ他人に対する慮りが極端に欠如している、ということではないですかね。単純に思考力が足りない。



大晦日の記事っていうのはこちらですね。

今年も一年ありがとうございました
http://royal2627.ldblog.jp/archives/57550280.html

もう本当に嫌気がさしていましたねえ、この頃は。5、6年、ずーっとこれしか言ってないんですよ僕は。作画界隈の過疎化は止まらない。人口が減ると、発掘できたかもしれないアニメーターの功績が発掘できなくなってしまう可能性がある。だから敷居を低くして、参入コストを低くして、「ぬるぬる」と言っている人たちを寛容して人口増加を促さないといけない。5、6年これしか言ってない。明確で合理的だと思うんだけど、まあそこまで現実は甘くないですね。

であるにも関わらず、かれら(作画オタク)はツイッター上やSNSですげえ暴走プリウスするじゃないですか。めっちゃ陰湿にキレる。集団で、該当の作画に対する意志を統一したがる。鉄オタと同じですよ。「うわ…近寄らんとこ…」みたいなになるじゃないすか。


どういう陰湿プリウス鉄オタうんこまんかというと

「宝石の国」08話/CGとプリヴィズ(松本憲生作画)の比較と分析
http://royal2627.ldblog.jp/archives/52552846.html

例01

例02


こういう日本語が読めないのに、自分が賢いと思っているひとたちから



「神様になった日」7話の野中作画の異質さ
http://royal2627.ldblog.jp/archives/57426186.html

rei

こういう「自分はこういう風に思っているんだけどなチラッ」と匂わせてメンドクセー絡み方してくる人までおられる


流石にもう釘刺しておこうかなと、良い機会なので。自分の主張があって思うことがあるんなら、直接ブログに書き込みに来いよ。Twitterでリプライでも送ってこいよ。あん?安全圏でシャドーボクシングしてんじゃねえよ。しょうもないんじゃが。きみらに告げるが、それが嫌なら、もうおれのブログは来ないで欲しいし見ないでください。きみたちみたいな人たちに見られるのは、とても不愉快で、きわめて意義がない。きみらになにか知識を与えるのも癪だしね。他のちゃんとした人に見てもらいたい。


※たいていの読者には関係がない。すまんな


閑話休題。

まあ、そういうコミュニティと認識されると終わりなので、「そういうのもうやめよーべ」みたいな。作画オタクの1人から変な絡み方をされていたし、まあ「オタクきっしょ、さっさと4ね」って感じでしたね確か。ここ(GOMISTATION本館)は楽しい読み物だけ出すと当時は思っていたので、よほどのことがない限り、こういう記事は出していなかったはず。


まあでも、現代の日本社会は不誠実な減点法なので、作画界隈に限らず、自分からなにかを発言しにくいとは思います。否定されまくると、「また否定されるんかなあ…」と考えて発言しなくなるんですよ。当たり前。草野球してて良いプレイしても、常に否定されましたからw 今でも思い出せますよ。吐き気がしますね、バカがいろんな権力を握っていると。

経験しているから分かる。ただでさえ、自分からの意見を出せない国民性なのに否定は愚かとしかいいようがない。その辺を理解しているので、他人の意見はあまり否定していないつもり。よくわかんねえものがきても、即断はせずに思考はする。分からなかったら、分からないとは告げる。自分の解釈とか、曲げちゃいけない部分はうーん時と場合による!

2*ケツイについて
ご立派ですねえ。競馬でもそうです。来ないだろう馬を上げるのはかんたんなんですよ、18頭中3頭しか馬券に絡まないんだから、確率的に。来る馬を上げるべきです。そこを考えるべきです。じぶんはあくまで後押しなので、やはり勇気をもってコメントされたのはご自身の判断でそれがご立派だと思います。良かったです。

自分もなんというか色々試行錯誤期なので、良かったです。いい作品にも出会えたし、コメント返信を記事化して何になるかは分からなかったけれど、こういう一期一会がブログだなあと再確認できたのが良かったです、すごく嬉しい。久々にね。



あ、副題はまさに繊細ヤクザ、オタクのことです。