塾の話題キタコレ( ^ω^)!!!

個別指導塾でカモにされやすい親子【追記あり】
https://anond.hatelabo.jp/20211015163208

反論されていたりしますが、いや~この増田はほぼ正しいですよ。それあるあるwwとしか思わなかった。とても匿名ダイアリーの知能と良心を持ち合わせているとは思えない。



ただ、まあタイトルが少し良くなくて、これは「大手」個別指導塾とつけるべきですね。おそらく、字面によって、小規模な個人塾を想像してしまっている人がいるんじゃないかな。

ax◯sだったり、ト◯イだったり、月謝で「1」科目10万~20万するような個別指導を大学生アルバイトでつけます。そんで、塾業界では、個別指導塾なんてのは「邪悪の塊」として扱っていますwこんなの常識の範疇としかいいようがないw

いたずらに科目を取らせたり、夏期講習を科目(もしくは分野)ごとで細かく区分して、いたずらに履修させる授業を増やし多額の料金を取るというスタイルの個別塾なんて、もう山のようにあります。鉄板や典型的パターンと言っても良い。はてブでは、あまりに現状を知らないままに、「こんな塾、滅多に存在しないんだろうなあ…」と多くの方が言っています。しかし、きわめて残念ながら、塾業界において、このレベルの悪質な塾はいっさい珍しくないです。

んで、残念ながら、カモにされているご父兄が多いのも事実です。バカという表現も正しいっちゃまあ正しいです。「こんなにお金をかけて、なぜうまくいかないのか」とか、そういう考えのご父兄もいらっしゃるので。金=指導の良さと勘違いしておられる方がたくさんいるんだな、これが。

「ご父兄に対してリスペクトを欠いている表現だー」とか言っている人はよく分かりませんが、愚弄しているのは個別の方なんで…エネミーを間違えないように。んで、そういう「個別に行ったが成績が伸びなかった人」をうちの父親の塾では扱ってきました。個別のひどさっていうのは、塾業界の端っこにいても分かりますよ。業界で意思・意見統一されているとおもう。


もっとひどい塾になると、こんどは講師にまでしわ寄せが来ます。アニメーターの労働環境の悪質さ、というのは有名ですよね。あれはなんでかというと個人事業主で、原画マン、動画マンなどの業務が委託性だからです。まあもともと製作元の資金力のなさというのもありますが…。 アニメーターでぴんとこない方は、ウーバーイーツでいいです。あれも個人事業主なので。

個人事業主」という、この仕組みを悪用して、「塾には在籍しているが、社員ではなく個人事業主として働かせることにより、労働法の非保護下でブラックな労働を可能にしている」塾もあります。高田馬場にありますね、業界では有名なので名称までは言いません。ちなみにその塾には、入塾の際の「入塾に関する契約書」すらありませんw知人から聞いたときには、驚きを隠せませんでした。ご父兄もそれで納得しているのがいやあまじかあすごいな~という感じで。


個別の特徴っていうのは簡単にいうと
1、学生アルバイトが講師のフリをして、高額な時給に飛びつき教えるフリをする
2、「ワンツーマン」という謳い文句や、「1対2」という密着型教育をアピールする
3、授業料が高額(ワンツーマンというだけで平気な面をする)
4、学力は伸びないし高額なので、半年ぐらいで辞めて他塾へ行く


他塾以降でうまく立ち直った場合はこうですね
5、学生アルバイトが教えた生半可な知識と方法を他塾の講師が修正する
6、ちゃんとした、理解と方法で講師が教える
7、なんとか、だんだんと成績が伸びる
8、ご父兄が安心して信頼を寄せる
※学生アルバイトくんはこの2~8の過程を知らずに適当な時期に辞めます


時給がいいからといって、学生アルバイトをしようとしているみなさん。これを見たら、なるべくやらないようにね!君たちが適当に教えたことにとって、クソ教育の被害にあった子どもはマジで多いんだ!講師を目指している・志しているならまだしも、高額時給に飛びつくバカは個別の悪質さを促進しているんでね。まあ、少なくとも子どもの面倒を1年間は必ず見る人しかやっちゃダメですよ。すぐさま子どもに責任転嫁するヤツなんて、ハナからやんなやと思うわけですが。


この流れを子どものときから見ているわけですから、学生アルバイトはいっさいやりませんでした。
変な知識や方法を教えても、短期間のぼくが修正できるわけなんてない。つまりは、他の講師がケツ拭くだけなんでね。


んで、これよりもっと恐ろしい(※まだあるのか…( ^ω^))

のは、「医進系塾・予備校」ですね。
医進系」がなんの略称か、「医学部専門進学」塾・予備校ですね(※広義として歯薬も含みます)。ここに入る人っていうのは、だいたいが医者の子どもなわけです。まあ年間、300万あたりが最低条件じゃないですかね?平均的なところで、トータル1千万円。夏合宿で100万だったりするのが当たり前っていうぐらい、他のジャンルの塾と料金の桁が違う。で、医者やそれなりの地位の親が通わせるんですよ、お前が跡継ぎになるんだよ!とするためです。ですので、5~6浪なんてのはあたりまえです。すごいですよ~この世界は。

私立のいちばん下の医学部でさえも、いまはそれなりの難易度なんですよ。10年前は様相が違ったんですが(※「裏」もマジでありました)。だから、マジでバカだと受からないし、それなりに頭がよくても計算量の多さから、多浪生が頻発してしまうわけです。うつになってリタイアも当然あります。まあ個別よりは先生の質は段違いにいいけれど、基本的には人を騙して多額のお金を得ている、詐欺っていることには違いないんでね。良心が痛む先生は辞めていきますよ~。



ロスジェネ世代、つまり、今の40代で熾烈な受験戦争(※特に私立において、問題の高難易度化や、偏差値の上昇に歯止めがかからなかった時代です)と就職戦争を生き抜いて、子どもを作ってこられたご父兄の目線はすごいですよ~。マジでつま先からてっぺんまですべてを観察されます。そんな方々でも、カモられるときはカモられますから、これはもう仕組みの問題なんですよ。規制すべき。

個別なんかには行くなっていうのは、むしろ常識とまで言っても過言ではないです
塾探しの第一歩目で、個別は蹴ります。場外にまで蹴ってコンクリで埋めます。

この増田は、いろいろ良心の呵責にかられて辞めるんでしょう?正しい判断ですよ。しかも、なんとか自分が受け持った子どもだけは合格させようと工夫しておられる。尊敬の念しかありません。こういう方は、個別ではなくて少人数の塾なんかも見ていただくと、存分にその能力を発揮できると思うんですが、まあおせっかいでしょう。お疲れ様でした。