GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 感想・評・レビュー等


今回は少し真面目に脚本の方のお話を。
(※書いてると長くなったので、作画ピックアップとは分けました。)


とうとう大詰めな感じ
2014y03m10d_093709563



21話
2014y03m10d_092642191

皐月は四天王と連携をとり、純潔流子を救命具で助けようとするが失敗に終わる。
一方ラ行は、人間カバーズを動力源として原初生命繊維に乗り、「始まりの地」へと向かう。
攻防終盤、皐月の一瞬の隙をついた攻撃により、傷口から流子にマコと鮮血が入り込む。
そこで、ようやく流子は正気に戻り…血の雨を浴びながら終わる。


残り3話。もう3話しかないのか。
主な伏線は、NBサイドの過去に服に着られた女性だけになった気がする。
これすっげえ重要だと思うけど、どこで回収してくんのか。


超怪しい、ラ行の秘書とそろいさん
2014y03m10d_092629405
2014y03m10d_093232308
2014y03m10d_093205410
なんだか知らんが超怪しい。
ミスリーディングである可能性は高いけど、そういう演出をしている風に感じる。



「皐月!」「皐月様!」「皐月ちゃん!」
2014y03m10d_093032386
2014y03m10d_093034666

「乃音」は、まさしく今作のキーパーソンであろう。
物語を円滑にするための、半分視聴者側のキャラと言っても過言ではない。

この人じゃないと駄目なんだ!という声優は、みんなそれぞれいると思うけど。
自分の場合は、新谷さんがまさにそれ。
「風立ちぬ」の庵野秀明と同じくらい、希少で魅力的な声を持っている。
キルラキルの視聴きっかけは、半分以上が新谷さんである。

後、何気に乃音ちゃんの過去回想の伏線回収してたりする。(お城の話ね)



キルラキルは、壮大な兄弟、親子喧嘩
2014y03m10d_093011086
2014y03m10d_093019408

キルラキルの全体像は、壮大な親子喧嘩であり、壮大な兄弟喧嘩でもある。 
世界規模になってしまった喧嘩は、実は僕らの身近にあるものであることに気付く。
そのおかげで、王道な、悪く言えばありきたりなストーリー展開でありながら、
視聴者は「キルラキル」を陳腐なものとは感じない。

手塚治虫が過去に言ったように、身近なものを取り込んだ作品は親近感を湧かせるのだ。
古臭く感じ、敬遠されるのを回避しているのは、多くがここに起因する。
「兄弟喧嘩」という身近なものであるおかげで、僕らはこの作品に沈み込んでいけるのだ。



パロディの多さとオリジナリティ
kill la kill hikaku
(※比較対象は、上から順に「エヴァ旧劇」、「彼氏彼女の事情」、「エヴァ旧劇」)

キルラキルは「炎の転校生」「あしたのジョー」から始り、「キルラキル」へと変身を遂げる。
その道中に、「彼氏彼女の事情」「エヴァンゲリオン」を通って行く。

最初は、ただのパロディ満載、既視感バリバリのアニメが、知らぬ間に斬新さを放つ。
パロディ・オマージュの多様性から、オリジナリティが発現するのだ。
これはアニメとしては、「トップをねらえ!」「エヴァンゲリオン」が代表的である。
過去作品の模倣、オマージュを繰り返すことで、親しみやすくする。
そうして、いつの間にか、オマージュを超え、オリジナリティが出てくる。

「いつの間にか」と言ったように、一体どこから「キルラキルさ」が出てくるのかは定かで無い。
おそらくオマージュを繰り返した、作品全体から出てくるのではないか。
「キルラキル」24話全体を俯瞰することで、ようやくオリジナリティは出てくるのだ。 


久しぶりに真面目に語ったような気がする。
正直に言うと、「キルラキル」は「ナディア」のような感じ。
つまり、今石は次の作品で、もっとすごい何かを起こす。
10年代を代表する、アニメ監督になる可能性がある、と感じている。

 


8話。臨海学校の下見ということで、遊ぶ役員共メンバーと夏休み終わり


泳ぐコトミとスズ
2014y03m06d_084339291
2014y03m06d_084352470
CG海と水しぶきのコンポジット
水ってやっぱ難しいんすかね。
のりだーぐらいしか思いつかないけど、あれはまた違うベクトルの水作画だからなあ


帰ろっかな シノ他
2014y03m06d_084503176 
2014y03m06d_084531535
これ結構うまい
過剰に暗くしちゃうアニメが多いとおもうけど、この暗さ加減は絶妙


鉄砲当てゲーム
2014y03m06d_082357059
2014y03m06d_082400144
こういう嘘パースにするんなら、もうちょっと大げさに銃口大きくしてもいいと思う
まあ本当若干ですけど


花火CG
2014y03m06d_082450901
2014y03m06d_082513270
2014y03m06d_082455197
これなかなかキレイ。
爆発・炎・煙に関しては、CGってまだまだなんですが、光の特効はいいなあ
放物線、流線は、CGの得意分野っぽい


ブルブルスズ
2014y03m06d_083800404
もう最近、CG背景と普通の背景の境目が曖昧で個人的に困ってます
これも普通の背景だと思うんですけどね、若干他より浮いてたので
ただ手前に引いてるだけなんですかね


肝試し下見中の風景
2014y03m06d_082210311
すっごい美術だなあ
これコンポジットも大変だよ…
某ラブコメの美術は見習うべきだと思う


シノとアリア
2014y03m06d_083844713
アリアの服のシワがエロくていい
二人を並べちゃうことで、アリアのないすばでいが伝わってくる
決してシノが貧相なわけではない


こっこれは…のシノとタカトシ
2014y03m06d_084003896 
画角が面白いカット
若干歪めてますよね
そして、机はセルという


旅館でのそれぞれ
2014y03m06d_083948025
またもや机はセル
これどうなんだろうと思って、少し他アニメの資料も引っ張ってきました

咲-Saki-全国編 #7
2014y03m06d_093814304
ニャル子W #1
2014y03m06d_095407371
やっぱ普通は美術だよね
セルでやることで、キャラと背景との浮きを無くすのかな



どでかいリムジン
2014y03m06d_082630770
細かいとこまで、描き込んでてナイスな美術
美術特化の「役員共」ならでは


今週のスルタカ 
2014y03m06d_082902869 
レイプ目スズと焦るタカトシの図が、なかなか面白ったので
シリアスコメディ感を存分に出してる演出


キルミー出島
2014y03m06d_082709331
他キャラは若干作画にブレがありますけど
(※回ごとに違ってるのはむしろ当然)
何故かブレない出島さん作画。まあこういう斜めの角度が多いからですかね


ムツミ寝顔
2014y03m06d_083014440
スズなめてムツミ
少し頭身小さめな感じ
ここの机は流石に背景でやってますね

基本的に、キャラの動きを書かなくていいときはセルでやんのかなあ

スズ役の矢作さんですけど、本当ここの1分ぐらいは上手い
一期に比べてダイナミックに演技してくる
これから更に主演作多くなるんじゃないのかなあ

声優つながりで、田村少年(出島)はもっと出てもらいたい
ポスト朴さん枠いけるんちゃうんかと、素人ながら感じてます


トリプルブッキング映像
2014y03m06d_082954956
作り込みに笑いました。すごいね
この映像は本編でいつか流すのかな


9話に続く。
確か、次はウオミー親戚と古谷さんだったと思います
あ、OPとEDは別記事でまた色々と言及するよ



【追記 2015/07/25】
新しいエントリー出しますので、しばしお待ちくださいませ
【追記 2017/03/11】
金ロー効果半端ねえなあと思ってます。
この記事は雑なので、こちらも合わせて
「おおかみおとこの死」の描写に関しての解釈と、細田監督の意図
http://royal2627.ldblog.jp/archives/45677579.html


さて金曜ロードショーで地上波初放映されました、「おおかみこどもの雨と雪」。
既に感想は出していますが→おおかみこどもの雨と雪、今更ながら見ました。

改めてなぜ面白くないと感じたのか書いていきたいと思います。




都会と地方の対立構造

おおかみおとこを失った後、花は子どもの真の姿を知られてはいけないため、必死に隠し通そうとしますが限界がきます。その後田舎に引っ越し、まるで20年前の固定観念のような田舎で暮らしていきます。
つまりは、「都会」に助けはなく、「田舎」にはあたたかみがある。そんな主張というか偏見で作っています。ここにおいて、その是非はどっちでもいいのですが、先述したとおり20年、いや何十年も前からの「都会は冷たい、地方はぬくもりがある」という固定観念で構成されているところに陳腐さを感じずにはいられないので、まず新鮮味が感じられません。あれこれ見たことあるくね?みたいな。当然、そのありきたりな題材の中でも、何か別の視点から描ければ全く問題はないと思いますし、面白くなると思いますよ。

基本的に、主張の仕方としては、一般論に対して批判的になること(※普段利用している電気の光は実は、自分たちの視野を狭くしているとか。まあ高校現代文ですね。)が当たり前なんですが、この作品はその逆をいっている。戦わなきゃいけない一般論に擦り寄り、媚びへつらっていては、何の主張があるんでしょうか。「トトロ」のまね事をして、ただ単に無難な選択肢を選んだようにしか思えません。



脚本によって殺される「おおかみおとこ」

個人としては、一番嫌なとこです。「おおかみおとこ」と一緒になって、子どもも出来て、さあこれからという時に「おおかみおとこ」はあっさりと死んでしまう。そのあっさりと死んでしまうことが、現代の理不尽さを示していると言われれば、少しは納得もできますが、やはり脚本的に死んでもらいたかったようにしか感じません。

今回細田監督は、「強く生きる女性」を描こうと思ったのでしょう。前作「サマーウォーズ」でもその徴候は出ていましたが、細田監督は大分フェミ。そのためには、せっかく出した「おおかみおとこ」が邪魔になってしまう。だから死んでもらおう、と。これ「おおかみおとこ」はハーフの子どものためでしかないですよね。単なるに、「おおかみと子どものハーフ」が欲しかったから、キャラとして入れただけ。つまり、簡潔にひどく言えば、「おおかみおとこ」は「種馬」でしかないわけです。



唐突な転校生の唐突さ

転校生は唐突に決まってるだろアホか。と言われそうですが、何故出したか分からない。確か怪我して、雨の中雨と(ややこしい)一緒に残って、雨「私おおかみハーフなんやで」と、多分これぐらいじゃないですか。こいつに何の意味があるかっていったら、次で説明しますけど、「選択の後押し」のためなんですよ。こいつもね、最初から出しといて、後からどんどんって形でもいいわけじゃないですか。 なんで途中で出してきて、勘が良くて、んでつきまとうのか。よく分かんない。

子ども二人は当然、2つ道があるから設定したわけで。「おおかみ」なのか「人間」なのか、どっちで生きていくのかっていうのを選ばせるわけですけど、その選択の後押しのために「転校生」出したと思うんですよ。 これが個人としては、後付みたいで嫌なんです。ツギハギみたいな感じの脚本が伝わってくるんです。



結局、何が言いたかったのか?

テーマが分散してるんですよ。「都会と田舎」、「おおかみか人間か」、「生きること」、「強く生きる女性」とか色んなことが詰め込みすぎて、結局主題が雲散霧消してしまっている。「エヴァ」なら、他人と自己の問題じゃないですか。「ナウシカ」なら、自然との対立と巨神兵の業、「ガンダム」なら対話、とはっきりしてるんですよ。受けそうなテーマ色々突っ込んだけど、結局全部中途半端な感じで何かうーん、といった感じで。

かといって商業性に特化していると言われれば、そうでもない。田舎からは、ほとんど「トトロ」だし。何か「サマーウォーズ」みたいにドッカーンとか映像だけで楽しいシーンが多いわけでもなし。

どこの層狙ってるかというと、やっぱり母親とファミリー層なんだろうなとは思いますけどね。それでも大分退屈な作品でした。一応擁護として、これ多分いろいろ企画や製作から言われたりしたんじゃないんかなーとか思います。「ジブリみたいにやってくれ!」「トトロみたいなの作ってくれ!」みたいな。

何にせよ、次回作に細田監督の評価は持ち越されそうです。


 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed