GOMISTATION

馬之翁塞

カテゴリ: エフェクト作画


追記・修正・訂正済み(2017-07-28)
失礼しました


■超獣機神ダンクーガ(1985/TV)01.02話

爆発1
20170604162517
[01.02話の回想に使われていた(5話以降もあるかも)]


爆発2★★
20170604162518

[追記その2]
「爆発2」「爆発3」あたりは、鶴山修(つるやまおさむ)さんらしい。
(※Twitter上で新井淳さんからご指摘ありました。ありがとうございます)

このシーンが圧巻。高温、強光の中心部において、画面がモノクロになる。ビームがその場全体を押しつぶしていく、戦車がぐしゃあと壊れていく。ミサイル打つ所は上に剥がれていくし、タイヤはわずかに地面にめり込む。緻密だなあ。そして球形の爆発へと繋がる。いやあ、このカットはマジでスゴイ。
上妻晋作 S Kozuma‏ @kozuma_           
@arasansan @iguchi190 1話で戦車が吹き飛ぶ所を鶴山くんが一コマ作画でやった影響かな…密度の濃さにラッシュで観てた人間が「おおっ!」となった。

新井淳 @arasansan              
@kozuma_ @iguchi190 凄いですよね~ 1話の超リアルで細かいメカ描写。ああいうのは鶴山修さんが現代兵器の写真集買い込んで作画されたらしいですね。1話は3ヵ月かかったとか?
ダンクーガ - togetterまとめ より一部引用。新井、上妻さんらの会話の一部)

上下2シーンは、ダンクーガにおいて特殊・異質だと思う。なぜかというと、本編や回想の他のシーンでは、もっぱらに爆発は金田系エフェクト中心だったから。ここまで球形爆発を全面に持ち込んだものは、この時代ではあまり見られないと思う。球形爆発は、マクロスに代表される、板野一郎がおそらく生み出したもので、その他は庵野秀明、増尾昭一がこういった作画をした。他にもいるかも。



金田系、金田調(もしくは山下系)っていうのは下記のような作画(同01話)
20170604165921

「へ」の字型のような煙や、直線ばった形の煙が多くある。あとは、まあタイミングが、球形爆発のようにじんわりとした感じではない。ガッガッがという感じで、止まっては進んでを繰り返す感じ。



爆発3★
20170604165919

戦闘機が壊れて爆発と上がっていく。写実的


回想以外だと1話では他にも。


爆発4★
20170604165920

こういった作画も見受けられた。ひしゃげていく戦闘機、ビームによって分解されるパーツの破片描写が美しい。そして、ここでも爆発は球形。


53]

2話以降も金田系じゃないエフェクトは見受けられますが、だいたいが劇画タッチなエフェクトで、1話のような写実カットは少ないと思う。1話クレジットでは、福島喜晴らが参加。ぶっちゃけ、福島さんしか分からん。福島さんも名前知っている程度だしで、知人に尋ねたところ、この時期の福島さんはバリバリの金田系らしい。なんでか聞くまでは根拠もないのに、「これが福島作画か!」って勝手に思い込んでたんご。

[追記]
01話の敵の奇襲シーンは羽原信義さんらしい(情報いだたきました)、失礼しました。羽原さんって金田エフェクト描くイメージだった。(誤解を招くといけないんで、福島喜晴さんの年表は別記事に移動じゃー)。とにかく、ここの爆発めっちゃ良くない?カッチョええ。

思い込みには気をつけよう!


[追記その2]
上記で一応、訂正しましたが再度
「爆発2」「爆発3」は、羽原信義さんではなく、鶴山修(つるやまおさむ)さんです。今度はたぶん大丈夫だと思います。何度も間違えてすいません。ちょっと情報の精査が甘かったかなと思います。何か不備などありましたら、指摘してくださると助かります。


知人から「良いエフェクトあるんご」と情報をいただきました

5話

煙1
20170603024610
※クライマックスは三輪、三木さん2人で描き分けたらしいです。情報いただきました
[追記]三木作画(※推測)

背動カットの一つ目のエフェクトは急激な爆煙なのか、透過光を一瞬入れている。ここは煙も上手いですけど、破片に愛情を感じるなあ。こんだけ立法破片を巧みに動かす、というのはすなわち、破片が好きじゃないとやらないだろうし。間々のビームもいい感じに画面にショックを与える。

ラストの遠景カットは、カゲは一つ、ハイライト(もしくは透過光)は一つで、立体感を強調するために、煙の下方にカゲを置いていてる。あとは後ろの煙を止めて、前の煙だけ動かしていることで、奥行きが出ている。その前までは、単純に温度表現なんだろうけど。これエフェクトもさることながら、アクションも上手い(後ヅメっぽいのが良い)。しかし、誰かは分からないw


煙2
20170603021218
[追記]三輪作画(※推測)

これは一つ目のやつと全然タイミングが違っていて、また別の人なのかなと。こっちも面白いですよね。最初にショックコマがあって、クロス光と球形の衝撃波に発展して、最後に爆煙と二度目の衝撃波が広がっていく。画面に迫る、伸びてくる煙のタイミングがそれまでよりも速いスピードで、臨場感を与えている。大胆なタイミング。



煙3
20170603021219

これなんかはハイライトなしで、四層に分けて、煙を展開、規模の大きさを示す。ハイライトがない理由はなんだろう、遠景だから高温度の部分が目立たないとかそういう感じかなあ。中野フラッシュはちょくちょく点在している。遠景だけど、破片は細かく動いてて、またこれが、たぶん破壊力の大きさとかを感じさせるのに効果的だと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原画クレジット見ると、小澤三輪三木とエフェクトアニメーターが参加されてました。ちょいちょい調べたり動画見たりしましたが、ぶっちゃけ三輪さんは、うーん分からんなあ助けてくれえという感じ。直近だと「傷物語Ⅱ」に参加されているようなので、また見て、判断したいと思う。現時点では、三輪さんは破片にこだわりある方なのかなあという印象。

あと、グラブル全体的に見てですけど、色彩の淡い感じが良いですね。
かすれた線も世界観に合っていると思う(適当


大人気ですね、けものフレンズ。このブームには便乗していこう

全編フルCGの拙さは各所で言われているとおりですが、エフェクト、特に炎に関しては、けっこう出来が良かったと個人的には思いますよ。



07話
20170423100733

カレーを作る時の炎ですね。これは火が2個あるんだと思う、内炎と外炎は基本的には、同じ動きですから。ちぎれた炎が空中へと浮かんでいくんですが、それを細かいガヤで描写している。


12話
20170423100735

05話と同じく、引っ張られて、ちぎれた炎の消滅を描写。あとは、さっきのもそうですけど、動き方がフォトリアルで好み。いいゆらぎ方なんすよ、あっちいってこっちいってという感じの動き方で。ここは特に大事なワンシーンだったんで、エフェクトにも力入れたと思います。


ロングショットの船上における炎も良かった

49]





あと、これは炎じゃないですけど、

05話
20170423100732

ジャパリバスが再始動する時に、タイヤから生じた煙。CGにしては、珍しく2色で構成されている。フォルムが惜しい感じはするけれど、煙の発生や広がるタイミングはとても良い。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed