GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 2013年アニメ


個人的には「トップをねらえ!」回でした。


2014y03m18d_162438729
激昂する流子。#19辺りのバンクかな。 


2014y03m18d_162922465 2014y03m18d_162926171
いい爆発だあ。
粉塵エフェクトのブラシがいい感じです。


2014y03m18d_163125199
生々しい縫の目の動き。SEも合わさって初号機を思い出す。
両手が無くなったことで、本性が露わになりつつある。
縫、最後に悲しい死に方しそうだなあ。


2014y03m18d_163143458 2014y03m18d_163251736
「一緒に戦ってくれ、流子」
いつか来るとは思ってましたけど、やっぱ最高にグッときますね。

トップをねらえ! #4
2014y03m15d_063114359 2014y03m18d_164617432
もうここしか思い出せませんよね。感涙ですよ。
デストロイド・モンスターは思い出して、トップは思い出さんとはどういうことなのか。
まあパロディなんて気付いた一部が喜びゃいいもんですから。
強制であると窮屈にするだけですね。


2014y03m19d_091513854

流石に、流子デレまでやるとは思ってなかった。
序盤からここに至るまで、ツンツンしていたのは伏線だったか…


2014y03m18d_165514962 2014y03m18d_165528642
2014y03m18d_165549070 2014y03m18d_165753315
おお、変身バンク作画リンクしてたんだと。
これで、純潔皐月の変身バンクも師匠で確定しましたね。


2014y03m18d_163334259
いおりん極制服ここでくるんすね。うえだゆうじがいい味出してます。ホントに。
三ツ星ってこともそうですけど、皐月の計画を知ってたのは、四天王とそろいといおりんだけってことからも十分皐月からの信頼が熱いということが伺えます。


2014y03m18d_163511879 2014y03m18d_163512516
このサーカスっぽいのは誰かな。
クレジットに雨宮がいるなら可能性はあります。


2014y03m18d_165452289 2014y03m18d_165503244
生命繊維の目的のお話。ここらへんは「2001年宇宙の旅」ですかね。
17話あたりで、猿に服着せてたりしてたのはモロですね。
寄生虫としての設定は、そんな真新しいもんじゃないですが、惑星ごと爆発させてまた他の惑星を征服しようとする。これ面白いですね。爆発させたときに、どんなショックが宇宙に起こるのかとか考えるとまた面白い。少しSFチック。


2014y03m18d_170843130
ガンバスター満艦飾マコ。
やけにマコの変身カット気合入ってるなあと思ってたんですが、このためか!


もう後2話です。まあ何だかんだ言って無難に熱く締めてくるんじゃないのかなあ。最終話で、生命繊維がヒラ~っと宇宙を彷徨っている終わりでもいいかなと個人的には。これTVで終わらすには惜しいコンテンツですよね、素人から見てもそう思うんだから、当然制作側もそう思ってるはず。でもやろうと思ったら、ホントに「トップ」みたいにしなきゃ駄目だからきついかなあ。

他の惑星からの原初生命繊維が助けに来ても、おかしくはないよね


本来はこっちと合わせて、一つですが、
今回は脚本の方が長くなったので、分けました。 


「鮮血疾風!」
2014y03m11d_115811292
2014y03m11d_115817736
このシークエンスは雨宮さんかな。
エフェクトの描き方といい、雨宮さんがクレジットにいるならここではないかと。 
(※ここは違うかも。詳しくは下を見て下さい。)

というのも、昨晩雨宮AMV見つけまして、
今石フォロワーとして面白い作画するなあと感動してました。
 
まあアクションもかっこいいんですが、エフェクトが素晴らしくいい。
今石からの影響が強いのに、爆発とかは結構金田ってるわけではなく。
デフォルメな感じですっごい好きです。

<追記>
「鮮血疾風!」のカットがそうかと思ったけど、こっちのシーンの方が雨宮さんっぽいか。


お猿さんVS流子
2014y03m12d_024643035
2014y03m12d_024729420
2014y03m12d_024732335
2014y03m12d_024739468
2014y03m12d_024740607
金田アクションと猿投山の動きがカックイイ。
こっちだ、こっち。雨宮さんは。


後はエフェクト集です。

甲板爆発
2014y03m10d_093133181
2014y03m10d_093134826
2014y03m10d_093136411
2014y03m11d_115935063
いいですね。
こういう迫ってくる爆発って当然、過去にもあるわけですけど。

メトロポリス(劇場) 村木靖
2013y05m31d_210916316
好きな爆発のパターンでもあったりします。
画面のこっち側に押し迫ってくるのは、すごく臨場感あります。



人間カバーズ侵入
2014y03m10d_093251248
2014y03m10d_093253756
2014y03m10d_093254781
ここすんごい上手いです。
作画的な語彙力があまり無いので、すげえ!とか上手い!ばっかりになりますが。
まあ作画ってそういう直感的なもんで楽しんだ方が、個人的にはいいと思います。

絡みつく煙の描き方すんごい上手いです。誰だろう。


PON!
2014y03m10d_093440954
2014y03m10d_093446656
SEの話は置いといて。
ここが何気にスゴい。水系のエフェクトなんですが、流される感じが上手い。



作画はこんな感じ。
2014y03m11d_120245670
2014y03m11d_120301504
作監5人体制ということで、非常に大変だったんだなあと。正念場だったのでは。
手を抜くとこは、手を抜かなきゃしゃーないですし。
後、ニコニコで吉成何やってんの的なコメントがありましたが、
「某ウイッチアカデミア2」の監督で忙しいと思います。
最終話は、師匠と一緒に参加してくれると嬉しいですね。



あ、脚本の方で言うのを忘れてたので少し追加。

謎の装置
2014y03m10d_092850733
2014y03m10d_092854931
生命繊維が自律しそうな予感がプンプンします。
もしくは、お母様のための服だったり。


流子が服を脱ぐシーンで「ん!?」となるモヒカン野郎
2014y03m10d_093638898
過去の服に着られた女性の事を思い出していそうな気がしてならない。
そうじゃないとこんな顔には、ならないんですよ。
ただ流子が無理やり脱いでることに関して驚いてるなら、先生みたいに落ち着いてる。
というかそもそもカットインは必要ない。
ここでモヒカン野郎が驚いてるってことは、やはり過去に何か似たようなことがあり、
それを流子に重ね合わせてるということだと思います。



ちょっと大事な話を見なおして、3月13日にでも記事上げたいと思います。


今回は少し真面目に脚本の方のお話を。
(※書いてると長くなったので、作画ピックアップとは分けました。)


とうとう大詰めな感じ
2014y03m10d_093709563



21話
2014y03m10d_092642191

皐月は四天王と連携をとり、純潔流子を救命具で助けようとするが失敗に終わる。
一方ラ行は、人間カバーズを動力源として原初生命繊維に乗り、「始まりの地」へと向かう。
攻防終盤、皐月の一瞬の隙をついた攻撃により、傷口から流子にマコと鮮血が入り込む。
そこで、ようやく流子は正気に戻り…血の雨を浴びながら終わる。


残り3話。もう3話しかないのか。
主な伏線は、NBサイドの過去に服に着られた女性だけになった気がする。
これすっげえ重要だと思うけど、どこで回収してくんのか。


超怪しい、ラ行の秘書とそろいさん
2014y03m10d_092629405
2014y03m10d_093232308
2014y03m10d_093205410
なんだか知らんが超怪しい。
ミスリーディングである可能性は高いけど、そういう演出をしている風に感じる。



「皐月!」「皐月様!」「皐月ちゃん!」
2014y03m10d_093032386
2014y03m10d_093034666

「乃音」は、まさしく今作のキーパーソンであろう。
物語を円滑にするための、半分視聴者側のキャラと言っても過言ではない。

この人じゃないと駄目なんだ!という声優は、みんなそれぞれいると思うけど。
自分の場合は、新谷さんがまさにそれ。
「風立ちぬ」の庵野秀明と同じくらい、希少で魅力的な声を持っている。
キルラキルの視聴きっかけは、半分以上が新谷さんである。

後、何気に乃音ちゃんの過去回想の伏線回収してたりする。(お城の話ね)



キルラキルは、壮大な兄弟、親子喧嘩
2014y03m10d_093011086
2014y03m10d_093019408

キルラキルの全体像は、壮大な親子喧嘩であり、壮大な兄弟喧嘩でもある。 
世界規模になってしまった喧嘩は、実は僕らの身近にあるものであることに気付く。
そのおかげで、王道な、悪く言えばありきたりなストーリー展開でありながら、
視聴者は「キルラキル」を陳腐なものとは感じない。

手塚治虫が過去に言ったように、身近なものを取り込んだ作品は親近感を湧かせるのだ。
古臭く感じ、敬遠されるのを回避しているのは、多くがここに起因する。
「兄弟喧嘩」という身近なものであるおかげで、僕らはこの作品に沈み込んでいけるのだ。



パロディの多さとオリジナリティ
kill la kill hikaku
(※比較対象は、上から順に「エヴァ旧劇」、「彼氏彼女の事情」、「エヴァ旧劇」)

キルラキルは「炎の転校生」「あしたのジョー」から始り、「キルラキル」へと変身を遂げる。
その道中に、「彼氏彼女の事情」「エヴァンゲリオン」を通って行く。

最初は、ただのパロディ満載、既視感バリバリのアニメが、知らぬ間に斬新さを放つ。
パロディ・オマージュの多様性から、オリジナリティが発現するのだ。
これはアニメとしては、「トップをねらえ!」「エヴァンゲリオン」が代表的である。
過去作品の模倣、オマージュを繰り返すことで、親しみやすくする。
そうして、いつの間にか、オマージュを超え、オリジナリティが出てくる。

「いつの間にか」と言ったように、一体どこから「キルラキルさ」が出てくるのかは定かで無い。
おそらくオマージュを繰り返した、作品全体から出てくるのではないか。
「キルラキル」24話全体を俯瞰することで、ようやくオリジナリティは出てくるのだ。 


久しぶりに真面目に語ったような気がする。
正直に言うと、「キルラキル」は「ナディア」のような感じ。
つまり、今石は次の作品で、もっとすごい何かを起こす。
10年代を代表する、アニメ監督になる可能性がある、と感じている。

 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed