GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: アクション作画


比較せざるを得なかった。
ちょっとmighy77さんの発言が気になったのもある。

■「人生(2014)」 1話
20140812031612


■ 山本昌 200勝達成時(2008)
20140812031610

上半身のフォーム自体は結構似てる。欲を言えば、もう1、2枚足して、左腕が前にグッと出る感じを出して欲しい。だけど、その前は良かった。昌特有というわけでもないが、「ワインドアップ時、両手を背筋が張るぐらい構える→一旦置く→下に降ろす」の感じは上手く出てる。


20140812031611

だけど、下半身の動きが良くない。
山本昌っていう選手は僕が知るかぎり、こんな風に普通に放り出す方の足を上げる選手ではない。

山本昌の足の上げ方は振り子であり、こんな風な単純な蹴り上げではない。最初に軽く、足を上げる方向とは逆に足をぶらーんと出して、勢いを付ける振り子なんですよ。

20140812031609

そして足を上げるというよりは、むしろ振り子で持ってきた足を抱え込むように背中を丸めて、投げる。結果的に、体全体の姿勢は大分低くなる。 ここで腰が入ってるのが分かるでしょ?そう腰が大事なんですよ、昌は。こういう感じにね。工藤公康の投げ方はちょっとまた別ジャンルだけど、腰が入ってる点と足を抱え込む点では似てる。


20140812031614

20140812205745

20140812205744

これに関しては、ほとんどノンルック投法の岡島っぽくも見える(※岡島とはこれまた全然違うんだけど、雰囲気的に)。いや別の人かもしらんが、というか普通の外野手左投げっぽいのか。一応スリークォーターだけど、ほぼオーバースローのようにも見える。変化球の握りにはこだわってるのに、もったいない。



◆なんで昌っぽくないかの結論
・上体が高い
・それによって腰が入ってるように見えない
・背中を丸め込んでない
・右足が振り子になってない

この4点に尽きると思います。
もうね、何回見ても正直昌には見えないし、かといって誰に似てるのかも分からん。


こちらの記事の続きです。

野中記事を見にきてもらっている人がそこそこ多いのに、流石にあれだけでは申し訳ない気持ちがあるので作り置きしといたgifと少しの説明をしようと思いまして急遽作りました。『きんいろモザイク』とか『未確認で進行形』は一部しか見れてない(※というか野中参加でまともに見れてるのが無い・・・ors)ので、また主要な作品をそれなりに見てから色々と野中の魅力というのを考えたいと思います。まあ、ド素人の解釈なので、ごゆっくりとそんなに期待せず待ってもらえればと思います。8月頃には記事ができればなと考えてます。


■『恋愛ラボ(2013)』 OP
20140704015557

このスカイダイビング感がたまらない。オレンジ髪の女の子ネクタイの挙動や髪のリアクション、空中でそれぞれが必死に体勢をとろうとしている描写、それによるキャラの性格表現(これはコンテがどのレベルにまで踏み込んでるかにもよるけど)とか、色々とすごいです。 


後は、 この表現。
スッと画面からキャラがいなくなることで、体に当たる空気の強さ・流れを上手く描写してる。 

58]00]
30]32]
13]15]

特に、青い髪の女の子が消えるカットですね。この点に注目して見てもらうと、スッと空気に押し出されている感じが分かると思います。ここで空流も同時に分かる。画面右上、空間だったら右奥の方に吸い込まれていく感じで消えていく。

だから、ここはただ単に曖昧な空中を女の子たちが飛んでいるのではなくて、スカイダイビングのような具体的な場面を想定して描いているように感じます。その時点で、すごく優秀なアニメーターなんだろうということが分かります。何故かというと、「考えて描く」ということは、写実性の向上や受け手側の違和感の減少に繋がるからです。頭空っぽで描くと、いいカットって多分生まれません。


短いですが、今回はこんなところで・・・

次回はもっと野中作画の魅力を構成している要素へと迫りたいと思います。野中作画はすごいんだけど、何処がすごいのかはっきりしてない。どんなところに僕らは魅力を感じているのかが分かるように紹介できればなあと。1つ確かなのは、タイミングの人であるということ。後は何となくですが、野中作画の魅力は肩とか肘の関節の動きに詰まってる気がします。



エフェクトには興味を持つ人が少ないようなので、アクションの方を取り上げる作戦。

最近すごく話題なアニメーターの一人。

「ゆるゆり」 「きんいろモザイク」で、脚光を浴びる。
動画工房かと思ったら、JC出身で現在は不明という(フリーランスかも)。
基本的に、アクションアニメーター。 

中割が少ないのに、何故かぬるっとリアルな感じを表現したり、
ツメ方をきつくすることで、タイミングを誇張したり、画全体にダイナミックさを出したりしてる。

…と色々特徴を探しましたが、よく分かってない。
独特のタイミングを持っていて、どんなアニメーターか掴むのが難しいです。

完璧に金田系というタイミングの作画でもないし、どうだろうなあ。


後、野中正幸を調べる中で、この方のブログ記事が非常に興味深かったです。
スカスカした感じ - Mal d’archive 

作画に直接関係するわけではないですが、こういう見方もできるんだなあと。
アニメ作画と、全く違う他の文化を比べるってのは面白いもんですね。


■「問題児たちが異世界から来るそうですよ?(2013)」 #6

カメラを追い越していく、大胆な登場シーン
20140415024744

中割り自体も少なく、ツメ方が効いている作画。
このツメによって、大胆に登場シーンを演出する。


待ちきれない様子と首振り
20140415024743

髪の毛と、スカートの振れ方で慣性を表現。
ツメ方普通、もしくは若干後のような気が。
髪の毛の行って帰ってが、すごく上手い。


ぶん投げるぜ
20140415024745

そこそこきつめのツメ方。
投げられる人が、どーんといきなり来る感じで画面に迫力が増す。



■「未確認で進行形(TV/2014)」 OP

黒板シーン1
20140423191139

ここも中割り少なく。
その代わりに、行動が終わった後の動き(慣性による動き)を上手く描いてる。
特に後半のこの2枚が、上手い。

スナップショット - 77スナップショット - 79




黒板シーン2
20140426005403

ふるふる手首の動きが上手い。
この2枚が、画面全体をまとめている感じ。

スナップショット - 168スナップショット - 169




今回はこれまで。
野中さんは、髪のリアクションとか、微細な表情の変化とか、服の揺れ方で、慣性を表現してるんじゃないのかなあと今は思ってます。だから、実は枚数を使わずリアルにやるという点では、うつのみやさんに近かったりするのかもしれない。 

まあ、アクション作画に関しては、個人的にまだまだ不勉強なところが多いので、誰か突っ込んでくれたら嬉しいなあと思ったりしとります。アクションムズイ。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed