GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 原画マン


★「CANAAN」 OP 佐藤雅弘パート
20140326143411

佐藤雅弘さん、確定ではないかもですが。
まあ誰にしろ、上手いっす。
gifで見るとちょっと早過ぎるように感じますが、これぐらいのスピードです。
※やっぱ早すぎて目が疲れるので、少し遅いのに差し替えました。
下の方に少し遅いバージョンのgifもあるので、ご安心を。

ちなみに安藤真裕コンテ。 
きのこ原案、安藤監督ということで、埋もれた名作の可能性もあり。
余裕があったら見たいですね。


佐藤雅弘さん担当は、全部で4カット。
スナップショット - 39スナップショット - 53
スナップショット - 69
スナップショット - 100
スナップショット - 153

ワンカットずつ細かく見ていく。
(※PC閲覧の人は、Zの順で画像見てください)


★C-1
スナップショット - 42スナップショット - 43
スナップショット - 50スナップショット - 57

ジャンプして避けるのと同時に、相手の持つ銃も弾き飛ばす。
そして、空中で体ねじり二回転。ここは、中割りが殆ど無いです。
足が一本になるのは、機械体操の基礎でもあります。
そういう意味で、現実の体操をすごく参考にされているように感じる。


★C-2
スナップショット - 69スナップショット - 75
スナップショット - 79スナップショット - 90

着地の衝撃で、前にグッと重心が傾く。
髪が遅れて動くので、重心の移動が分かりやすい。
さっき弾き飛ばした銃を背面で掴んで、時計回りに体を捻って相手の方へと向く。
次カットで回し蹴りに繋がってくるので、ここでの身体の捻りは重要。


★C-3
スナップショット - 96スナップショット - 107
スナップショット - 122スナップショット - 145

分かりやすいように、敵を一番左からA(紫)、B(緑)、C(青)とします。
ここも中割りが少なめで、ハキハキとした格闘と髪のなびきに注目。
Cを倒す時に、髪が横にブレるので、
身体が移動する描写が少なくても、どういう風に動こうとしてるかが分かる。


と、言葉だけでは分かりづらいだろうから、
このカットだけのスローバージョンを作ったので見て欲しい。

20140325192744

こんな感じに、髪の動きで重心移動、どっちに移動しようとするのかを表現する。 
また、腕とおしりの微妙な動きでも、重心の移動は見て取れる。


★C-4
スナップショット - 146スナップショット - 148
スナップショット - 152スナップショット - 156

前カットで右手の銃を手放し、自分の銃を取り出し、一番左の敵へと向けて発砲の流れ。
ここでは、C-3が重要な役割を果たしてきます。
Cを倒した後、懐から銃を取り出して、そのままの勢いで次のカットに進む。

20140325192745

こんな感じ。
勢いそのままで、C-4に入ってくるので、アクションにスピード感が増す。


今までの事を踏まえて、全体を通してスローでもう一回。

20140325192746

たった4つのカットですが、
コンテ、原画、撮影それぞれに工夫が散りばめられていることが分かると思います。
いやーもう本当に上手い。
上手すぎて感動した、というのは比喩ではありません。
心にグッと来ました。
ああ、これがアニメだよなあと。



最後に、普通のスピードでもう一度。

20140326143411


コンテも繋がりが考えられてて、まとまってる。
流石、安藤さんと言ったところでしょうか。
エフェクト以外で、こんなにグッと来たのは正直久しぶりです。
すごいなあ、佐藤雅弘。注目していきたいです。 


とりあえず、置いとくというやつです

OP:板野背動
20140317181728
板野もガンダム・イデからマクロスへ至る煙とかの流れを見て行きたいですね

27話「愛は流れる」:庵野爆発

20140317181731 
一瞬間をおいての、爆発で写実性を出す。

20140317181730  
爆風によって流れていく、煙と破片。
破片は細かい動きまで書き込まれていて爽快。

20140317181729
 
雲が消えて、どーんと爆発。
着火前に、一枚タメがあるのが爆発にテンポをもたらす。

雲が消え去る前のカットも庵野だと思いますけど、どうでせうね。
後、珍しく師匠AMVも上がっていたので、紹介。


このメンツなら千年女優が入らないと変な感じもしますが…


結構苦労しました…作画wikiの情報を中心に調べた次第

まずは、「超獣機神ダンクーガ(TV/1985)」から。
これはOPタイトルの金田エフェクトカットと黒騎士ロボの立ち絵前の2カット

爆発がないので参考にならないという本末転倒
でもOPカッコイイっす

次は、
「戦え!!イクサー1 Act.I(OVA/1985)」
苦労しましたが、ようやく発見できました。
あんま関係ないですけど、主人公ちょろイン過ぎやしませんかね
どんな動機付けで戦ってんだよ…

増尾パートは「イクサーロボとディロスθの戦闘」という風にwikiには大雑把に載ってたので、
その中で爆発・煙をピックアップ

「イクサー」戦闘①
20140304233457
エフェクトには絡んできませんが金田調のカットが
煙の方は、「POP」と比較しても、増尾さんっぽいカットですね
煙の中のカゲが、他に比べると多少薄いか


イクサー戦闘②
20140304233150

ちょっとタイミング早かった感が…後で作りなおすかも
金田っぽいエフェクトですが、このイクサー戦闘の中では唯一このエフェクトだけが異色
そして、破片も爆発のフォルムも増尾ではない感じがします
増尾さんは、こんな乱雑に破片を飛ばさない

なんだろう、これは?


イクサー戦闘③ 
20140304233151

イクサー戦闘④
20140304233152
この二つについては、破片の雰囲気がほんの少し増尾っぽくない
煙はカンペキに増尾さんですけどね


イクサー戦闘⑤
20140304233153
これは確実に増尾さんと言える
煙と煙の境界線といい、破片といい、増尾作画です。


イクサー戦闘⑥
20140304233154
これも同じく増尾さんと確定
今回でようやく増尾爆発が掴めてきたような気がします
別記事(「POP」や「イクサー」「A子」での比較)で詳しく説明しますが、
ポイントはそれぞれの煙と煙(もしくは爆発と爆発)の間の描き方が特徴


★簡潔に、増尾爆発の特徴
スナップショット - 365
スナップショット - 836
スナップショット - 313
簡単に言うと、増尾爆発は球形に分かれる煙と煙の間を上みたいに繋げる
カエルの水かき部分みたいな感じ

爆発に関しても、多分同じだと思う


「戦え!!イクサー1 Act.I(OVA/1985)」に関してのまとめ
確定的に増尾パートだと言えるのは⑤⑥
80%で増尾パートなのは、①③④
別の人が描いたと思うのは②




次に、「戦え!!イクサー1 ACT.III 完結編(OVA/1987)」から。
この増尾パートはwikiでも憶測と書いてあったので、慎重に調査


イクサー戦闘⑦
20140305220552
一見増尾さんっぽいですが、微妙
破片と爆煙のフォルム共々あまり似てないような気が
これクレジットも調べなきゃ駄目ですね


イクサー戦闘⑧
20140305220551
うーん…ここは増尾さんじゃないと思うなあ
⑦と同じ人のような気もするが…


イクサー戦闘⑨
20140305220553
イクサー完結編では、唯一これだけが増尾さんだと確定で言える
フォルム、破片ともに増尾爆発
しかも金田エフェクトらしきものも入ってる


★戦え!!イクサー1 ACT.III 完結編(OVA/1987)まとめ
増尾パートで確定的なのは、⑨
微妙なのは、⑦⑧

続いて、コメントでも指摘があった
「プロジェクトA子(劇場/1986)」
今、映像を比較検討中 多分次の増尾記事になる

最後に「帝都物語(OVA/1991)」なんですが、一体どこのパートなのかも不明
全部観ようとすると特定にも時間がかかるので、流石にスルー



で、そっからはクレジットのみで確定ソースがないアニメが続く。
泣きそう

次は、多分「POP」「イクサー」「A子」の比較でやると思うよ

つづく(ダダダンダン!
2013y05m08d_012538706

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed