GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ:2013年アニメ > 進撃の巨人


「進撃の巨人」は、2010年代どころか、21世紀を代表する漫画になるだろうなと半ば確信している。




同系統、未知なる力・強大な力へと挑む「亜人」「モンキーピーク」「自殺島」なども十分に面白い作品である。しかし、これらは、ある種、キャラクターの行動が完璧すぎる。きちんとキャラクターがそつなく動き、そつなく失敗する。別にこれらの作品を貶める意図はないが、どこかしら、完璧さが際立つ。そこが、進撃との最も大きな違いである。

進撃の巨人は、どこか不安定さを含んでいる。エレンを想いすぎ、間接的にリヴァイを傷つけてしまうミカサ。アルミンを助けたいがばかりに、上官に刃を向けるエレン。不完全で不安定な感情や雰囲気を背負った、この作品は、そのおかげで、リアルなものとなっている。

感情によって揺り動かされ、時には成功し時には痛手を得る。こういったものは説得力を増す。ついぞ、エルヴィンは、自分の仮説を検証したがっていた。地下室への渇望があった。一度こそ揺らいだものの、リヴァイの説得により、戦場で死ぬ。

このような葛藤こそが、リアリティあふれる描写であり胸踊る要因ではないか。また、これが正しいと思われる選択がないのがいい。寄生獣も、正しい選択などない中で、選択を迫られ決断をする。失敗したり、後悔したり、嬉々と喜んだり、成功したり、人生そのものの本質が選択であると突きつけられているようだ。

不安定さ、未熟さ、不完全さ、こういったものを含んだ等身大のキャラクターの動きは、身近なものだ。身近なものはリアルさを醸し出し、そのリアルさが説得力を生み、説得力が没入のきっかけとなる。ああ、よく考えてみれば、エヴァなんて、その典型ではないだろうか。1ページで心踊る作品など、今しばらく見ていなかった。


ここどなたが描いてるんですかね~。素晴らしくてGIF化したい。
「Q」のアバン並に気持ちいいシークエンスです。

2013y09m23d_155704293
2013y09m23d_155712864
2013y09m23d_155721927
2013y09m23d_155728062
2013y09m23d_155730854
2013y09m23d_155815046
2013y09m23d_155818503
2013y09m23d_155825515
2013y09m23d_155853303
2013y09m23d_155857594
2013y09m23d_155900333


髪のバタバタ具合と、顔周辺の演技が凄くカッコイイ。
本当に風を感じられるような、臨場感ある作画だなあと感動。

途中の煙も良かったですね。
若いメタさんは、エフェクトに触手つけたがるような気がします。
触手っつーのは、あれですね。飛んで行く煙のコトです。
多分橋本敬史さんあたりの影響が強いような気がせんでもないです。 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed