GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 邦画


ちょいちょい他人のレビューとか感想とか見たので再考するぞよ。旬が過ぎて興味ない人が多いとは思うけど、おれは止まんねえからよ…止まるんじゃねえぞ…まま、たまには珍しいジャンルも語ろうぜ。

というか、語りたくなる時点でなにかがあるのは間違いないんだ。ブログや日記でなにか自分の意見を発信したくなる時点で、程度の差こそあれ、その映像に揺さぶられている。いくら捻くれ逆張り人間ワインディングロードであっても、これは受け止めたほうがいい。そう思い直した。



kametome03


<疑問1:劇中劇って最初から、そんなに怖くなかったか?>

1カットで回すのはすぐわかったけれど、最初の方は怖かった。病的なまでの映像への拘泥を見た後に、劇中劇のロケ地である廃墟のうわさ話をナオさんがする。んで、微妙な空気になりますよね。そこに、ドンとドアにぶつかる音が響く。驚く一同。ここはよくあるホラーな展開ではあれど、出来の悪いホラーではなかったはず。間の取り方も含めて。ネットで多く見られたのが、「劇中劇ってすごく出来が悪いホラーよねw」みたいな感じのレビューだったんですが、いやそれは全編見たからそう言えるんやろ?って、それって結果論的じゃね?と思う。


kametome04

劇中劇のキモだと僕が思ったのは、これ最後に残るカメラマンどうなるんや…?ってことでした。タイトルからそこに注目してたんで、「血の呪文でオチ」の前に「残ったカメラマンが高いところへと逃げて留まらずを得ない」っていう感じだった。映画内で「ワンカットオブザデッド」を見ている人を逃さねえぞって感じの演出だったと思うんですよ。カメラマン殺されるでもなく、ずっと見つめたままっていうのが、「カメラを止めるな!(止まらなかった)」っていう意味だと思った。




<疑問2:ラストの台本変更いざこざのシーンで、画面に説得力はなかったのか?>


これまた、気取ったバカが評論記事を上げてたんですけど、こんなのは後出しジャンケン。
「番組として無事終わらせて」という要求をしていたライン・プロデューサーが、監督の激昂には応えずに、娘になんで従ったのか、そういう説得力は今ひとつない。だからその辺はばっさり画面にしていない。

まあこれはヒューマン・ドラマなんですよ。親子の確執が出てきた時点でそうなる。だから、画面の説得力よりも、娘が弱気な父親を助ける、という筋にした方がまとまりやすいのかもしれない。

自分が考えた筋を出しても、それは後からどうとでも言えることですよね。いや、言いたいことは分かるんだけどさ、その前に「どうして娘(とPのいざこざ)のカットをいっさい画面にしていないのか?」と考えることが重要だと思います。


kametome06kametome05

それで、結論から言うと、「娘の場面をいっさい画面にしていない」のではなく、「娘の場面を画面にする必要がない」んです。なぜなら、お父さんがそれらの役割をすべてを担っているから

軽いノリで「(オチを)捨てましょう!」と言っちゃうPに、お父さんは激昂しました。見ている人がいる!と、カメラワークの変更なんてありえないと叫んだ。でも、いつも頼まれてきたのは、「そこそこで、安くて、速いもの」だった。これからの仕事の関係も考えると逆らえないし、自分は本当に良い映像を作ってこなかった。



本当に納得できる良い映像を作ることはできない。奴隷の鎖のような、映像への諦念がそこにはあった。お父さんは頑張ろうとしたけれど、最後の最後で、これまでの安っぽい映像作品を作ってきた自分に諦めろと言われてしまった。理想と現実は違い、また安っぽい映像を妥協して作るしかない。娘にいいところを見せてやろうと張り切ってきたお父さんは、完全に諦めます。叩きつけた台本だけがむなしく残る。



kametome02kametome01

ここで台本にカメラがいきます。娘はお父さんのことをこれっぽっちも尊敬していなかったはず。軽蔑すらしていただろう、映画人として。こんな安っぽい映像なんか作り、理想を追求しない、情熱が欠けた親父、と思っていた。でも、本当は違った。めちゃくちゃ考えて、なにより、この画が必要だと言い切って台本を叩きつける情熱がお父さんにあった。ここで、娘はお父さんへの認識を改め、おもむろに台本を拾うわけです。「なんとかして助けてあげたい、その画を取る方法はないか」と考える。で、そこには、自分とお父さんの肩車の写真があり、あの発想に至った。


長くなりました。つまりは、「映像に対する理想と妥協」の流れはお父さんがすでにやっていて、むしろ省略した方がテンポは良くなる。娘がPといざこざしても、それは既にお父さんとPでやってるシーンであり、同じシーンの繰り返しになってしまう。そのため、省略しちゃった方がスムーズでテンポはよくなる。これはいつもしているテンポの話と関係しますね。

娘がPを説得できるかとか、ぶっちゃけどうでもいいし重要でもないんですわ。重要なのは、お父さんを救えるかという一点だけなので。娘がいざこざしても意味ないんですよ。同じことの繰り返しで冗長になっちゃう。だから、あの台本変更シーンの娘の場面はいっさいいらない。お父さんを映すだけで十分に、あのあとの娘に説得力を与えるわけです。


これだけのことが分からねえとは、変な論客気取りゴミブログもあったもんだな!!!


ちゃんとした再考記事↓




ようやく見ました。絶賛されているものはハードルを上げてしまう癖があり、けっ大したことはねえじゃねえか。となるんですが、まあこれは割と面白かったです。各所でいろいろな感想やら論評やら書かれていると思うので、ぼくは絶賛された要因と、さほど取り上げられていないであろう部分に絞って取り上げたい。


好評の要因は、「ホラー映画にマッチしている部分が、実はこういう偶然の連続でした」というところに集約されるかと思います。違和感がある部分がほぼすべて伏線として回収された、そこが受けたんだろうなあ。あっ!これ進研ゼミでやったところだ!みたいな。

002003

廃墟にまつわる噂話をしていると、いきなり奇妙な音が響く。重苦しい雰囲気を打開しようと、助監督役がマオさんに趣味を聞く展開へ。雰囲気を変えようとして失敗しているのが、ホラー映画としては効果的に働いた。カメラが地面に落ちたときもそう。ダッチアングルも相まって、カメラ役が倒れてしまったのか?と身構える。


004

要するに、(ホラー映画に)マッチしていた部分の裏側はこんなに苦労していた、こんな偶然があった、というピタゴラスイッチみたいな演出が好評を博したんだろうなあ。受け手側はパズルがはまっていく感覚だと思う。


006007

親子の確執、ベテランと若手の意見の相違。このへんはちょっとくどかった。中だるみ感は否めず。そんなにやらなくても伝わる伝わる。


009

アル中おじさん好きですよ。本番でも失敗しているのがさらに良い。理想どおりに現実はうまくいかないっていうのが全体のテーマなんで、こっちを深掘りしたのはすごく良かった。


ただ、大絶賛されるほどの内容かと言われれば懐疑的にならざるを得ず。現場側と企画側で勧善懲悪の対立構造を作ったのはいいけれど、ラスト以外さほど活かされていないような。「番組として無事終わらせて」という要求をしていたライン・プロデューサーが、監督の激昂には応えずに、娘になんで従ったのか、そういう説得力は今ひとつない。だからその辺はばっさり画面にしていない。


015016

まあこれはヒューマン・ドラマなんですよ。親子の確執が出てきた時点でそうなる。だから、画面の説得力よりも、娘が弱気な父親を助ける、という筋にした方がまとまりやすいのかもしれない。ただ、このシーンはライン・プロデューサー役と監督役の人の演技が際立っていたので、もったいない。


個人的には、劇中劇のカメラリレーに注目していました。だから、ラストのカメラって誰なんだろうとか考えてたけど、そこは上手くやられたなあと。コメディですから、腰痛おじさんのリタイアは早すぎた。いや、リタイアするのは当然だけど、腰痛で倒れたまんまのおじさんをまったく映さないというのは前半のやり取りが活きない。でも、ラストを踏まえると仕方ないのかな。微妙なところ。


特に気になったとこを箇条書き


・ACつなぎの多さ
>尾藤が書類をバサッと机に置くとことか、必須でもないところで細かく割る
>人を挟んで画面転換していた
・ACつなぎしかり、細かくカットを割るのは性急さや焦りを出すためか
(ブコメでCGの粗を誤魔化すためかもとあったけど確かに)
・この慌ただしいカット割りで思い出したのは、堤のジャンプカット多用 
・ただ庵野の場合ジャンプはさせてない
>ショットとショットの間で省略する時間はほとんどない
>時間を省略するのではなくて、1つで済むカットを何個ものショットに分けているイメージ
>これが気持ちええんじゃ


・レイアウトはほぼ庵野・樋口コンビ、時々摩砂雪 
・庵野は会議室がメインか
>庵野は極端に長い机や不完全なシンメトリー(≠アシンメトリー)の構図を多用する

33]
(エヴァ01話 奥の柱を見るとわかるが完全なシンメトリーではない)

28]31]
(ナディア37話) 

>自衛隊の作戦会議室や原子力監視室はそんな感じの構図が見られた
>閣僚会議でも、両端の人物を変えることで完全なシンメトリーにはしていなかった
>観葉植物を挟んだ構図、冒頭の電話を受けとる時の極端な煽りアングル、この辺は実相寺アングルのリスペクトと言って差し支えないとおもう
(参考:実相寺昭雄のアングル


・樋口は、遠方からのロングショット広角が上手いイメージ 
>今回で言うと、ゴジラを俯瞰から眺めるシーンとか
>ラストでゴジラに相対するヘリPOV(俯瞰)
>代表的なのは、「序」でのラミエル戦や「破」の疾走初号機

04]02]
(「エヴァ序」)

27]29]
(「エヴァ破」)


・摩砂雪は、広角の(一点透視)レイアウト
>エヴァで印象的なカットは摩砂雪というイメージ
>例えば「序」のこれとか

988
(「エヴァ序」宣伝用ポスター)

・これは庵野ラフだったかも(全集で摩砂雪ラフ・L/Oあったら教えてくれたのむ)
・ラストの新幹線爆弾や、電車のホーム外観は摩砂雪の仕事だとおもう
>新幹線のカットは歪めるほど広角で寄ってた



<エフェクト>
・建物が倒れたり、破片が良かった
・煙は終始薄くダブラシっぽく
・破片は特にガラス!ガラスが割れるシーンは、相当CGに気を使ったとおもう
・ゴジラが初めて炎を噴射した後の、東京を覆う爆発や炎も凄かった
・あれってやっぱCGなんかな

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed