GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ:2014年アニメ > グリザイアの果実


初見時には、ミチルとユウジの会話シーン辺りと野中パートを推察したんだけど、どうにもしっくりこなくて、調べてみると(あのシーンは)大島縁の可能性も大きくあるので、考えなおすことにした。よく見てみると、確かに2話3話の野中作画とは違う。(※上手いのは、相変わらずある。大島さんも気になりますね。)

グリザイア1話野中に関しては、記事でも取り上げた通り、「ラストの周防天音」を他の候補として挙げていたんだけど、これも何かしっくりこない。だから、再度1話の作画シーンで候補的に挙げられるところは、何度も見て確認したんだけど、やはりピンとくる作画がない。ここら辺は他の人の意見も伺いたいところ。

再考して見た結果、「Bパートのサカキの唇が動くシーン」が一番それっぽい(としか言えなくて申し訳ないが)ので、今のところの結論はそうなった。後は、何本か野中っぽいところを乗せたが、どうだろうか。 


20141108080456 


20141108080457


20141108080458


20141108080459


とりあえず、gifだけ載っけて後でいろいろな考えを説明したいと思う。
天メソ1話もよく分からんし、本当に描いてんのってなる。 


今までの話数の中では演出的には一番よくできてる、と思う。すごい。

08]

アバン:死についての会話(ミチルとユウジ)

A:宿舎でのそれぞれ、ミチル中心
・マグロマンでお腹痛い
・ミチル回
・雷と停電
・時々変なことをするミチル

B:ミチルの人格
・丘でミチルとユウジの会話
・二重人格ミチル
・キス
・その後ツンデレ・ミチルと接吻未遂
・口へのアプローチでの差異

C:黒猫の死
・アバン、Bからの伏線回収
・血のエフェクト上手い


脚本・作劇・構成

30]

グリザイアもとうとう4話。今回はミチル回。
そして、ミチルは二重人格者ということが判明したわけなんですけど、そこにおける描写の精密さが心地いい。「二重人格者」というキャラクターに必要な「パーツ」とか「要素」といったものは昔から存在していて、それが明らかな「静」と「動」によるものだったり、『妄想代理人』だと、外面的な姿見に依拠している。ミチルも、そういった基本的な二重人格のテンプレートは抑えつつも、「注目すべきポイント」を小粋に演出してるのが素晴らしかった。
 
00]30]
46]39]

ミチルを見分ける方法は(確実性に欠けるが)「口元」であり、これはおそらく意識的に作画も描画してる。ツンデレ・ミチルの時は、口元に色気がない。対して、悟った・ミチルの方は、口元にやけに艶があり、ツンデレ・ミチルとの比較対象となっている。 これ自体はなんてことは無いんだけど、この思考へ持ってくる演出がうまい。序盤から、「紙パックジュース」「フレーバー」という要素や、「キス」というシチュエーションによる、口元への視線・思考誘導が至妙だった。

後は、構成が巧いですね。1話で全体像を紹介し、2話はサカキ、3話は天音、4話でミチルと。それぞれのキャラに焦点を当てることで、「このキャラを掘り下げる」という考えが明確で分かりやすく、自然と画面へと没入しやすい。これと対極にあるのが、『天体のメソッド』ですね。





作画・画面設計

11]32]

クレジットを見るまでは、まさか全員3文字原画とは分かりませんでした。レベル上がってますね、驚きました。「ぎこちない動き」というのは強いていうならば挙げられる程度で、そこまで違和のある動き・キャラ絵というのは存在しなかったように思います。総作監・作監のおかげも当然あるでしょうけど、すごいですね。特に、Bのミチルの接吻未遂シーンあたりが上手かった。3コマ作画(非金田系)的なノリで。Aのツンデレ・ミチルが帰ってきた後の作画も良かった、ぬるんとしてた。



後、シネスコについてですが―

26]36]
57]54]

こういった画面を監督がやりたい為に、もしくはエロゲー画面の意識からシネスコを採用したのではないでしょうか、と思っています。ビスタだと2枚目みたいなのは、どうしても画面が詰まってしまうし、「隙間としての空間(余白的な空間)」というのを演出したいように感じます。


という感じでしょうか。
ちなみにエイトビットはサテライトからの派生スタジオで、今年5年目の新規スタジオです。 


もうとっくの昔に見てるんですが、感想を残す気になれなかったという。
(何か「ああ…」という感じで、有益なものが残せそうにない。)


アバン:エッチなお姉さん(野中)

A:何でも屋メイド他
・周防天音の交通事故と失語症(ミサトさんかな) 
・ミチルとのくだらない作戦(テンポいい)

B:睡眠の重要性!
・ヤブイヌさんポーチ
・野球
・天音を保健室に連れて行く速水
・裏がありような告白
・おねえちゃんになってあげるよ→は?



脚本・展開・作劇

30]54]
44]12]

今回の主題は、「周防天音という人物」でしょうね。過去に何かあった反動でとか、まさしくミサトさんっぽいんですけど、まあ開幕オナニーは予想できない。サカキという人物は、やはり最初から狂言回しとしての役割を持ち、ストーリーを展開させてますね。「あなたを含めて」とか「まともな人間なんていない」とか。 ストーリーテラーとは少し違うと思う。

周防天音はどちらかというと、かき回していくキャラで、出来事を主体としてる。オナニーシーンもそうだけど、彼女は、保健室だとか、そういうシチュエーションでのキャラ。だから、状況がないと、このキャラは活きてこない。他のミチルとかメイドとかは違うと思うんだけど。

周防天音というのは多分正ヒロインであると思うし、物語の核のような人物である気もする。なんでかというと、他のキャラに比べて、彼女を象徴するような要素や部品がないから。ミチルはツンデレ、メイドはメイドで大体、既存的なキャラづくりがあるんだけど、周防天音には強烈なそれが存在していない。それゆえ、彼女は他のキャラに比べて、内面的な特徴付けが必要になってくる。内面的な問題は、大きく扱うことが多いので、やはり正ヒロインだと感じる。





作画・レイアウト・画面設計

そういえばOPに触れてなかった。OPは全体的になんとなしに「ペルソナ」っぽいんですが、まあそう足らしめていう部分はテロップでしょうかね。よくわかんないけど。

野中パートについてですが、おそらく原画はこの2カットと思う。

13]39]

いや、右(2枚目)は違うような気もするけど。
共同作監なだけあって、大分混沌としてる。


ここも(OP1カット目)微妙ですが、少し野中っぽい。

28]
 
まあ作監なので言い出したらキリないですね。
野中っぽさが全面ではないですが、それなりに出てるOPだと思います。



アバンの変態性

16]30]
32]

これは内容ではなく。野中の話。
アバンは間違いなく、誰が見ても野中なんですが、これすさまじいですよね。 

周防天音の忍び寄る動きの柔らかさとか、「もう!」ってただ立ってる時の揺れ方とか、首を振って周囲を伺う姿とか、三枚目の(おそらく2コマ打ちによる)下半身の色っぽさとか。もう分けわからんという感じで。

上2枚については基本3コマ打ちで、時折2コマを混ぜつつやってると思う。中割りは基本的に少ないんですが、それでも何故かぬるっと感じる。というか野中は中割りで、こういうことやってるのかどうかよく分からない。3コマ打ちで中割りの多寡で表現してるのか、2コマ、1コマを混ぜて原画主導でやってるのか、よう分からんのです。そこら辺は、もう少し時間があるときにしっかり見て考えたいんですが。


という感じです(45m)

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed