Gomistation☆

一旦(小)休止

カテゴリ: 2015年アニメ


■WORKING!!! (◎)

安定。ど安定。ギャグテイストとシリアスを上手い具合にやってる。3期ではシリアス目になると思うんだけど、そこのコントロールが初監督とは思えないほど上手いっすね。絵も良い。2話だったと思うけど、シワ良かった。ちょっとディテール凝り過ぎてるかもしれない、もうちょっと抜いても全然良い。


■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

そこそこファンタジーな自衛隊戦記。いろいろ言われてるが、そこまで悪くない(※「エルフっすよエルフ!」みたいなTogetterまとめがあったけど、あれは酷い。面白くないのはわかるが、話の展開をねつ造するんじゃねえ)。しかし、描写不足が目立つ。特に1話から2話にかけては「俺1話飛ばしったっけ…?」と思うぐらい、描写の不足を感じた。ただ、エフェクトを中心に絵(特に黒田煙)はすごく良い。それだけにもったいない。

「きんいろモザイク」見て心の中で謝罪したけど、やっぱ浦畑に全体構成任すの良くないと思う。「ブラック・ブレッド」も所々描写不足だったし。でも、「アカギ」とか「咲-Saki-」は脚本上手いんだよなあ。もしかすると、浦畑に責任はないかもしれない。浦畑さんじゃなかったら、誰がこんなに削ってんだろうか。やっぱ演出かなあ。


■干物妹!うまるちゃん

ちょっとガチで不快だったので視聴を断念した。これは「心底クズな宮沢雪野の話」と思う。ゆきのんが不快でないのは、彼女の能力が血が滲むような努力によって発揮されていると分かるから。「うまる」の場合は、あくまで天才設定でお話を展開させるんだけど、それだとちょっと痛い目(お兄ちゃんがガチで怒って飯が食えないとか、これからあるかもしれないけれど)を見ないと中々納得ができない。少女漫画のイケメンって大抵すごく辛い目にあうから、バランス取れてると思う。


■監獄学園 (◎)

今季ナンバーワン。これは良い。エロコメディ友情アニメ。漫画まで買ってしまった。これはエロメインと思われそうなんだけど、本質はそこじゃないんだよね。本質は、青春群像劇。添え物としてきちんと男子高校生的な目線からエロを描いているのが良い。「このエロあるあるだよね」みたいな、共通言語がすごく良い。原作もいいんだけど、またアニメにも違った良さがある。


■のんのんびより りぴーと

1期そんな真剣に見てないけど、面白い。これは時間感覚がとてもゆったりで上手い。彼女たちの世界(描かれる世界)と、舞台世界の大きさがほとんど一致してて、そのために時間感覚がゆったり(※テンポが悪いとは思わなく)に感じると思う。定規遊びのとこにアカギのサントラ流して遊んでたら、謎シリアスになって面白かったです。 


■それが声優

2話ぐらいまでしか見てないけど、続きを早く見たいとは正直あんま思わない。画は劇中劇のアニメといい、すごい良い。そもそも、5分アニメだと思ってた。佐々木政勝をこれに起用していることについては、もう語らない。だけど、EDだけは今季の中でも一番だと思う、このEDはよく出来てる上手い。


☆気になってるヤツ
・GANGSTA


大体こんなとこ。視聴意欲の沸かせ方って何かありますかね。募集したい。急募。


WORKING!!!公式サイト http://www.wagnaria.com/

人気シリーズ第3期、監督の鎌倉由美はこれが初監督作品
制作はA-1 Pictures、キャラデ・総作監に足立慎吾

これWebの猫組時代から読んでまして、アニメをさほど見ない自分が実は1期から全部見てる貴重なTVアニメ作品だったりします。何やら、猫組の方は今度本として出版されるそうで。すごいコンテンツになりつつある。

<OP>

(絵コンテ・演出:大畑清隆)


1期から続いていますが、大畑OPホントいいですね。
ポップにカラフルで楽しい。 

大畑OPの特徴といえば、
音楽に合わせた小気味いいカット割り、記号的な背景、シルエット影、の3つです。
特にこのシルエット影の存在がでかいと思うのだけど、何でかは分からん



ココらへんの、山田の小刻みな動きも良かった。
20150808012249
(OP 山田決めポーズ)



#01
21]24]
26]

#01アバンは、ぽぷらの目線で描かれていて面白かった
POV煽りアングルは、キャラ紹介にとても効果的と思う。


20150808012248
(#01 17:00頃 ウザ山田が楽しく走って行くシーン)

ここの作画激ウマだった
ぐわあっと横切るんで、画面の奥行きがヤヴァイ
地味に髪とスカートのリアクションも良い 



後は、この辺も良かった
22]
(山田皿運びシーン 足首グキー)

「あっあぶねえ」みたいに思わせるタイミングが上手い


お話は…
面倒くさいほぼキャラ紹介だったので割愛


お話を忘れている方々は、

・轟と佐藤の恋が微速前進していること
・山田兄は小鳥遊にとってそこそこうざい存在であること
・山田はうざい

ぐらい押さえておけば、多分見れます



にしても、

20150808012250
(OP 店長ホームラン)

巨人に来て欲しいぐらいの強打者スイング。フォロースルー綺麗すぎる
おそらくバレンティン・エルドレッドあたりのスイングを参考にしたに違いない


まあということで、ワーキンもぼちぼち感想書きますが、
そんなに期待しないでね 


新人声優が主人公の音響現場アニメーション 制作はゴンゾ
「咲-Saki-全国編」以来、佐々木政勝がっつり参加作品

57]

Aモヤモヤ主人公、声優スタジオへ
B初現場、迷走しまくり いちごちゃんカワイイ


[おはなし]

39]36]

要求される仕事とは別の方向への努力ばかりを重ね、迷走している様を1話ではメインに(これからもきっと大部分はそうだろうけど)。現場で求められるのは高度な役作りではなく、ある程度の演技を要求してるんだけど、主人公は緊張も相まってズレが生じてる。


35]48]

冒頭は、声の演技・声優に関しての情報をインプットしすぎている様を描いてて。
本もこだわってますね、「声優になりたい」感じがすげえ上手い。『知識や情報をいくら溜め込んでも、昇華・出力できなきゃ何の意味もないことが分かっていない』という事を上手く演出してる。

コロリちゃん、これはもう業界アニメではストーリーテラーとして必須です。
めっちゃ脚本うまい人なら何とか人形なしで組み込めそうな感じもするけど、アニメについて説明するならこっちのほうが簡単で分かりやすい。


45]24]

1話で良かったのは、この凡人ライバル(いちごちゃん)の存在。
中盤、音響監督から台本の修正が入るわけですが、ここに至ってもいちごちゃんの仕事っぷりはほぼ完璧。


04]

「巨乳ぽい感じで」と音響監督から芝居指導されてからは、困惑しまくり。これが良かった。
「知識」というのはネットが普及した今ほとんど困ることはないと思うんですが、その一方で実践的なことは経験ないと難しい。


22]38]

主人公は気持ちばかり先行して、知識も経験も追いついてないわけですが、いちごちゃんはちゃんと真面目だから押さえる所は押さえている。そこが良い。いちごちゃんカワイイ。


ちょっと思うのは、主人公のメガネ。正直なところ、これカワイイんかなあと思ってしまう。髪も大人しめなので、真面目なキャラの印象を狙いとしているのかも。でも、もうちょっと可愛くてもええんやないかなあと自分は思います。

もしかしたら、メガネを外してからが第二形態で本番かもしれない。




[作画]

42]

雨宮さんは、メカとか野球のとこかなあ。
やっぱタイミング上手いっすよね。ちょっと見ただけですが、グレンラガンでの雨宮エフェクトもカッコ良かった記憶。



本編の野中ですが、さっぱり分からん。
何回か観直しましたが、やっぱここ辺りではないかと。


オペレーター声収録シーン1
20150717003754


20150717003755

野中作画(※推測)
野中さんというと、やはり首から肩にかけての動きが良い。首の動きに連動する形で、肩や腕が自然と動くんですよね(逆もまた然り)。これが上手い。最近は(「天体のメソッド」とか)、もうちょっと枚数多くして柔らかく動かしてたと思うんですけど、デレマスからちょっとシャキシャキ動かす初期(「ゼロ魔F」とか)に戻ってきた感じがする。

うーんでも、どうなんだろう。自信ないです。北川さんもいるし、正直よく分からんです。北川さんも上手いですよね。ロボガZのイメージしかなくてアレなんですが…



01]49]

それ以外だと、後はこのバス停のシーンと主人公がマイクに進んでいくとこですかね。バス停のシーンは、重心移動が上手かった。ぐっと沈みこんでるんですよねえ、上手い。


だいたいこんな感じですね
エンディング良いです めっちゃ良い キルミー並に良い(適当)
あの人形劇はどうやってんのかなあ

謎エフェクトに期待したい
咲-Saki-みたいな 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2019 All rights reversed