GOMI→STATION

さむくてエモい時期です

カテゴリ: メカニック作画

ほとんどメカニック詳しくないんで素人意見も甚だしいのは承知の上なのですが、
例えばガンダムなどのメカは立方体で、曲面が少ないので曲面Hiは使えない
まずはこのことが、近年あまり湾曲Hiが見られない主たる原因かなと
(ガンダムでも、たとえば「00」の刹那のヘルメットとかには見られた)


それで次に、曲面が比較的多くあるメカニックデザイン(いわば大張・羽原メカ作画)
たとえば『鋼の鬼』『イクサー1』『ダンガイオー』の肩や腕の曲面的な部分には、
湾曲したハイライトが多く見られた

52]17]
(イクサー1ACTⅢより:確か大張パート)


曲面を多用するメカニックデザイナーといえば、山下いくとです
代表作の『新世紀エヴァンゲリオン』では曲面ハイライトは顕著に使用されていました

11]45]
(『エヴァ』1、2話より:濃いハイライトの使用が特徴的)


まあ今の段階では、アクティブレイドのハイライトが何を参考にしたかはイマイチ分からんわけですが。そのためには、近年のメカCGアニメの流れを追っていく必要がありそう


湾曲ハイライトの定義
(1)他のメカ・ハイライトに比べて直線的でなく、丸っぽい、角が取れた感じ
(2)曲面を意識させる、誇張させるような働き

みたいな感じかな まあ増尾の休憩がてらやっていこうと思う


■『アクティヴレイド』#01
40]

メカのハイライト(白いところ)は直線的なものが主体だと思うんですが、
このつなぎ目の部分のハイライトはちょっと変わってて面白いですよね

BlogPaint

つなぎ目でハイライトが横にびよーんと伸びて十字になってます
これで曲面部分の立体性を出してるんですね


まあ、こういうのは他のシーンにも見受けられまして、
53]

01]

03]

とまあこんな具合に、曲面あるところに曲面ハイライトありみたいな感じです



そんで更に言うと、こういう作戦会議室のHiも中々どうして面白い
19]

こういうコテコテなハイライト最近のだと見ないと思う多分
なんか80年代っぽい

増尾の白コピック特効とどこかしら似てる気がする

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2016 All rights reversed