GOMI→STATION

さむくてエモい時期です

カテゴリ: マンガ(YJ中心)



_t1024u

「かぐや様は告らせたい」とはミラクルジャンプで平成27年7月から連載がスタートした、恋愛マンガである。今は週刊ヤングジャンプに連載の場を移している。この漫画を知ったのは、ヤンジャンに掲載されていたからだ。本題に入る前に、読むに至った経緯を説明させていただきたい。

筆者は大の「嘘喰い」ファンであるが、ヤンジャン自体には毛ほども興味がなかった。単行本派であったためだ。ただ、単行本を買って読み進めていくと、39巻の終わりで非常に面白いゲームが始まってしまった。そう、エアポーカーである。久々に漫画の続きが気になって仕方がなくなってしまい、脳みそは嘘喰いのこと以外考えられなくなった。こうなっては致し方ない、善は急げだ。深夜に原付を飛ばし、コンビニを2、3軒回ってやっとこさ購入した。

こういう次第で定期的にヤンジャンを買うようになるのだが、当初は他の漫画など見る気が起きなかった。内容が分からない漫画は、よほどのインパクトがないと途中からは入りにくい。だから、実質的にはヤンジャンは嘘喰い専用機となっていた。たまに「うまるちゃん」を眺め見るくらいだった。


とてつもない衝撃が走ったのは、「かぐや様」がヤンジャンで連載を開始したYJ17号、ではない。YJ17号では2話掲載だったが少し眺め読みする程度で、そこまでの衝撃ではなかった。単行本を購入するまでに至らせたのは、その次のYJ18号掲載の第3話「かぐや様は口付けたい」である。


3_1 t1024u

伝統ある名門高校の生徒会メンバーである、会長の白銀御行と副会長の四宮かぐやは、どちらも相手のことを思いつつも、その強靭なプライドによって、「付き合ってやってもいい」というスタンスであった。しかし、何事もなく半年を過ぎると流石に焦りも出てくる。その間に彼らの思考は、「いかに相手に告白させるか」というものに変わっていった。 

このあらすじだけで、彼らの合理性が伺い知れる。「付き合ってやってもいい」では事態が進行しなかったために、「相手に告白させる」という方向へと思考がチェンジした。素直になれない相手に対し、自分への好意を認めさせ告白へと導く…無駄なプライドは高く保ちつつ理路整然としている。


2_2

この日は、書記である藤原千香が持ってきたコーヒー豆を発端とし、コーヒーを飲むためのティーカップを巡って、かぐやと会長の間で頭脳バトルが勃発する。


2_42_6
 
まずは会長がティーカップに何かが付いていることに気付く。どうにもこれは四宮のリップクリームであるようだ。ティーカップは四宮のものであり、取り違えたことに気付いた会長は四宮に伝えようとするが、そこである事に気付く。



3_5

この事に気付いてしまった会長は、「四宮のティーカップを使い、(過失で)口を付けよう」という思考に陥る。しかし、会長は全国2位の頭脳を持つ男である。完全なロジックでないと、自分を欺けない。

付いているのはステッィクのりではないか、いやそもそもこれがリップクリームであるということを証明はできないのではないか…と自分を納得させる論理を考えていくが、シアバターの匂いによって儚くもロジックは崩壊させられる。




3_3

狼狽する会長を傍目に、四宮へと視点は移る。



3_2

お前だったのかよ!いやいや、かぐや様がカップに触った形跡なんて… 


2_1  2_3

めちゃくちゃ普通にありました。なんとさり気ない伏線。そして、きちんとカップのデザインも変わっている。すげえ。短時間でリップクリームを利用しての策を思いつく、かぐや様もハンパない。



2_12

慌てふためく会長を見ながら優雅なコーヒブレークを楽しもうとするが、ここで謎の罪悪感を感じてしまう、かぐや様。


2_13

そう、この意図的なカップの取り違えは、ド変態行為であるということに気付いてしまうのだ。四宮家は日本でも有数の財閥、かぐや様は紛うことなき令嬢である。そんな令嬢が変態などあってはならない。会長はロジックの形成に頭を悩ませ、四宮は自身の変態性について思考を巡らせている。


結果、こうなる。
2_14

声に出して笑ってしまった。周りから見ればくだらなく、当人たちは本気であるという状況のギャップが面白い。藤原書記も銘柄を思い出すのに必至で、生徒会は静寂に包まれる。しかし、両者の目的はどちらとも「間接キス」である。同じ目的ならば、両者が取る行動はシンプルだ。


2_15

状況への協調と容認である。どちらもこの状況を認めていれば、会長も四宮もどちらの論理も通用する。というか必要がない。リップクリームが付いていようが、変態的行為であろうが、 この状況を両者が看過した時点で、それらはすべて意味をなさない。


 2_162_17

そして、とうとう間接キスへ…となったところで、藤原書記が銘柄を思い出す。普通は分からないような、コピ・ルアクというマイナーな銘柄に2人は反応し(糞から生成された豆なので)飲むのを止める。そして、このオチ。


2_18

そうなのだ。コピ・ルアクもそうだが、そもそも2人が賢くなければ、このような事態は生じていない。リップクリームには気づかないだろうし、気付いたとしても取り替えるだろう。会長のように「この状況を利用して」という策略は思いつかないのだ。そもそも、取り違えに気づかないかもしれない。


彼らは賢いがために、前進できずにいるのだ。なんと面白い悲劇だろうか。もしくはプライドを捨て素直になれば、すぐに解決するようなことなのに、それができない。努力家の天才と令嬢では致し方ないことなのだ。その縛りがまた良い。


t1024u

「恋愛」という未知なものに対し、彼らは怯んだり屈したりしない。素直などという乙女的にはNO!な行為は排除し、徹底して合理的な思考にすがるのだ。恋愛本やジェンダー理論、さまざまな理論を使い、あくまで相手に本気で告白をさせようとする。

この構造は、「嘘喰い」における立会人や賭郎の思想を思い出させる。

uso_102uso_103
(「嘘喰い」39巻より)

「かぐや様」では”恋愛は好きになったほうが、負けである”というルールを自らに課して、「嘘喰い」では上記のように自分に課したルールを破ることなく、その中で戦っている。言ってしまえば、「かぐや様」において、相手に告白することは死よりもあり得ないのだ。

勝負は、どんなものでも本気であればあるほど面白い。本気の斬り合いこそ、魂を揺さぶる。それは、「嘘喰い」でも「かぐや様」でも同じだ。本気で戦うほど、物語は面白くなっていく。だから、「かぐや様は告らせたい」はとても魅力的であり、面白いのだ。


現在、ニコニコ静画で第1話から5話まで無料公開中だ。
こちらも面白いのでオススメである。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
http://seiga.nicovideo.jp/comic/17780?track=verticalwatch_cminfo5 



ちなみに、タイトルもまたいい。
「告白させたい」ではなく「告らせたい」となっている。主語はかぐや様であるから、これは当然かぐや様の気持ちである。表面上は大人びている令嬢でありながら、中身には高校生としてのあどけなさも残っている。「告る」という言葉は、上から目線の理想恋愛という点も含みつつ、同時にあどけなさも表しているように感じた。また、普通の青春を送りたいと思いつつも、令嬢の身ではそれが叶わない。そういう状況に置かれた、かぐや様のささやかな抵抗をタイトルで表現しているようにも感じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


■最終戦、5回戦どうなる
酸素のメーター表示、散々に描写されており怪しいです。今週号(458話)は大事な話数だったんじゃないかな。梟のセリフは、おそらくこの話数のみならず、エアポーカー全体を通しての事だろうと思うし、そう考えると40巻は読み直さないとなあ。「考えるんだ!」のところも怪しいし。

<ラロ側視点>
嘘喰いが勝つには、5回戦で(ほぼ負けの)ラロにBetさせなきゃいけないわけですが、ここでどんな手を打ってくるか。ラロは「勝った」と確信していますが、例え5回戦しょっぱなフォールドでもエア数は17で同数。つまり、ラロは「同数のエアでも勝てる何かを握っている」と考えるのが常套。その何かはさっぱり分からんわけですが。

でも、「有利」だと思っていて、その後に獏のエアが一つ減って「勝った」となるんだから、やはりラロがエア偽装してる可能性もあるのかな。ラロは嘘喰いのエア偽装にも気付いた上で、自分のエアも偽装した。だけど、これでも弱いなあ。「勝った」と確信するなら、もっとなんか必要だと思う。うー分からん。


<嘘喰い視点>
エア偽装はたびたび話題になっていますが、エア偽装はおそらくブラフ。5回戦に向けて見極めたいラロは、嘘喰いが使った後のエアに目がいくはず。そんで、ガラスが割れてる(何かしらの細工が施されているような)メーターに気づく。ここで疑心にかられるはず、自他共「ラロは無駄なことは考えない」という描写が再三あって、はじめてここでそれをしちゃうんじゃないのかな。「斑目は、自分よりも余分にエアを隠し持っているのではないか」みたいな疑心にかられる可能性が高い。


<その他立会人の視点>
真鍋立会人(元密葬課)が指を切っていることに気付かなかった、血が出ていることに気づかなかったのはなぜか。これが今週号での最も大きい謎だと思う。嘘喰いがエアを机に叩きつつけたい際に、メーターのガラスを壊したとして、そのガラス片に気付かず指切っちゃった課長ドジっ娘パターンがまず考えられる。そこから、「嘘喰いはメーターを弄った(エア偽装した)」というのが「そういうことか・・・」というセリフに繋がると思う。

疑問点も少しある。
まず、痛みに気づかないってのは少し引っかかる。水から上がってすぐに気付いたんならまだしも、けっこう経ってから気付いたので「水中では痛みを感じなかった」と考えてもええんかな。まあ普通に、水中ではガラス片なんて見えないし、怪我するわきゃないと思っていれば、痛みに気づかないのも変ではない。痛みはあったけど、血が出てるのは指摘されないと気付けないなんてことはままあるし。

まあ、考える限り問題は多分ここじゃないですね。ただ単に、何かに課長は気付いたというだけ。それがおそらく、「水中にはガラス片が漂っていて、そのガラス片は嘘喰いがメーター偽装のために作り出したものだ(すなわちエア偽装してる)」と思ったんじゃないかな。



後、なかなか5回戦が始まらないのは上で揉めてるから(たぶんミスったときのカードの処遇)。梟さんが裸で激おこなはず。気になるのは、梟がミスった後のカードの処遇。すなわち、「そのカードはもう使えないのか、ミスったプレイヤーのカードだけ使えなくなるのか、どっちのカードも残るのか」ということ。カード残るのは無さそうだなあ、5回戦にしぼった意味がないし。

4回戦で使ったカード、梟は「KKKQQ」ですでに使ったハートのKを使ったためにミスが起こったわけですが、相手のハルのカードは明示されてない。

[4回戦]
26(嘘喰い)vs63(ラロ)の時の残りカードは次の通り。
53566d899e510fb3b47b18e8de33c895d0430c8e

梟はKKK(♡♤♧)QQなので、残っているのはK(◇)を含めた20枚。
「両者ミスった場合、もっかい100秒かけて作る」というルールがありますが、嘘喰いが降りたために
ハルがミスったか、そして両者作りなおしたのか」どうかまでは分からん。梟ミスを読んで、ハルがわざとミスするのも十分にありえる。

描写は、「梟がミス、役は不成立」というだけで、負けとは言ってないんですよねえ。
どっちもありえるのか。

あーやっぱり、上の処遇が分かんないとどうにもですね。
片方がミスったら負けだから、その時点で両方が出したカードは使えないと見た方が妥当?

梟がミスった目的は、わからんなあ。10枚以下にしたかったのか?
最終戦に、Kを一枚温存するため?
なんでそんなことするんだ、分からん。


<予想とか>
「これでやれることは全てやった」のセリフにはたくさんのミーニングがある。「これで」の部分に点が付いていて、その時描写されてたのは25のカード。「25のカードでBet」というのはおそらくミスリードで、本命はカードそのものもしくはエアだと思う。




考えるほどワケワカランですね
上のルールをもっと詳しく知りたいので、41巻早く読みたいです
このエントリーをはてなブックマークに追加


嘘喰いとアイデアルの首領・ラロとが皇帝をかけ最後のゲームに挑む。
それが「エアポーカー」なるもの。(ネタバレ含むので注意)

エアポーカー(下)のルール(40巻62-63頁から)
0、[使うカードとチップ]
それぞれが使うのは、bet用のエア25個とカード5枚
※エア1つあたり80Lの酸素があり、約5分程度の呼吸ができる。

1、[参加料]
参加料はゲーム毎に1ずつ増える
(1回戦は1エア、2回戦は2エア…5回戦は5エアとなる)

2、[Bet]
・ファーストBetは交互(1回戦が獏なら、2回戦のBetはラロ)
・一回30秒以内
・レイズの上限は場に出ている総額の半分
(場に6エアある場合、MAXレイズはその半分の3エア)
・Bet総額の上限は、残りエアの少ないプレイヤーの所持数まで
(それぞれの所持数が、12エアと18エアの場合。Betできる上限は12エアまで)

(Bet補足)
ポーカーには、チェック、コール、レイズ、フォールドと4つのアクションが行えます。
・チェックは、その回のBetをパスすること(このままのBet数で賭けたい)
・コールは、同額のチップをかけること
・レイズは、Bet総額を上げること
・フォールドは、そのゲームから降りること

・このエアポーカーでは、最大Betが上記のとおり、エアの少ないプレイヤーの所持数までとなっているので、それまでは何度でもレイズできます。1回戦では、参加料と呼吸用のエアを除いた23エアが上限です。

・両者がチェックすると、Betは終わります

・普通のポーカーと違って、「カードをオープンしてから」Betを行います


3、[エアの取り決め]
・呼吸等で酸素が減少したエアは、参加料及びBetに使用できない
・一度呼吸用に使ったエアは~以下同文(40巻、49頁)


4、[天災]
・特定の負け方をした場合、負けたプレイヤーのみ賭けていた額と同額のエアを水中に放出
(6エア賭けて、天災が発生すれば、負けたプレイヤーは6エア放出)
※ポーカーの勝敗には関係しない。役が強いほうが勝つのは変わらず。
※すなわち負けた方は、Bet数*2のエアを失う
※勝った方は、ベット数のエアのみを獲得

5、[勝敗の判定]
・プレイヤーが椅子から10秒離れた時点で、敗北
・相手プレイヤーは足かせの鍵を使用可能になる

6、[違反事項]
・進行を妨害する一切の行為が確認された場合、即時に敗北とする
(※イカサマ禁止とは明示されていない)
(※立会人にバレなきゃイカサマ容認と解釈できる?)


[両者に配られたカードの数字]
斑目:25、26、36、39、45
ラロ:8、15、44、47、63


[カードの法則]
1デッキから作られたポーカーの役
役5枚の数字の合計数

☆カードの範囲は6~64
6=(AAAA2でAのフォーカード、1*4+2=6)
64=(KKKKQでKのフォーカード、13*4+12=64)

[ポーカーの役の強さ:補足]
・数字はAが最も強く、2が最も弱い

1、ロイヤルストレートフラッシュ(AKQJ10を全て同じマークで揃える:AKQJ10*♡)
2、ストレートフラッシュ(同じマークで連続する5枚を揃える:23456*♧)
3、フォーカード(同じ数字のカードを4枚持つ:55558)
4、フルハウス(スリーカード+ワンペア:333QQ)
5、フラッシュ(同じマークで5枚を揃える:57JQK*♡~♤)
6、ストレート(連続する5枚を揃える、マークはばらばらで可:23456)
7、スリーカード(同じ数字のカードを3枚持つ:66632)
8、ツーペア(ワンペアが2つ:22JJK)
9、ワンペア(同じ数字のカードを2枚持つ:99K62)
10、役なし(ブタ、ハイカード:KQ652)

☆フォーカード>フルハウス>フラッシュ>ストレートの部分は間違えやすいので注意
[語呂]4つの家が、閃光で真っ直ぐに吹き飛ばれた


<1回戦>

[両者のカード]
ラロ:15 

斑目:36

[作成されたポーカーの役]
ラロ(梟)
s01s02s03s04s05

役:スペードのストレートフラッシュ

斑目(ハル)


[Bet数]
8エアずつ
・参加料1エア
・ラロがまず1Bet(2エア)
・斑目コール&MAXレイズ(4エア)
・ラロコール&MAXレイズ(8エア)
・斑目コール+2人のチェックでBetタイム終わり

[勝敗によってのエア移動]
勝:ラロ(23+8エア→32エア)
負:斑目(23-8エア→15エア)(呼吸で-1)
※呼吸数による、微妙の差異あり

[その他描写]
・初っ端、ラロは椅子から離れ、数呼吸分を稼ぐ
・斑目のエアの数値は0


<2回戦>
[両者のカード]
ラロ:8
斑目:39

[Bet数]
15エアずつ
・参加料2エア
・斑目MAXBet2エア(4エア)
・ラロコール&1エアレイズ(5エア)
・斑目コール&MAXレイズ(10エア)
・ラロコール&1エアレイズ(11エア)
・斑目コール&4エアレイズ(15エア)

[作成されたポーカーの役]
ラロ(梟)
d02h02c02c01d01

役:フルハウス

斑目(ハル)
c09d09h09s09d03

役:フォーカード

[勝敗によってのエア移動]
勝:斑目(15+15エア→29エア)(呼吸で-1)
負:ラロ(32-15エア→16エア)(呼吸で-1)

[その他描写]
・獏は死にかけ、弛緩の段階までいく
(※使い終わったエアを「枯渇している」と強く思わせる)
・ラロ、牛歩作戦
・復活後の獏、大量に酸素を消費する
(※この時ラロは考えるのに集中しており、獏の方に気が行っていない)

(トランプ素材はhttp://shiroma.client.jp/download/material/trump_23x32/様から)

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed