GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: アダルト関連


「きい」さんは漫画家で、主に成人向けに書いている方です。僕の世代だと、北乃きいを思い浮かべる人が多いと思うんですが、そっちではない。最近、個人単行本の2本目が出たそうです。「群青ノイズ」というらしい。

んで、今回の記事では、きいさんのキャラクターの描写がやべえな/これはすげえなってことを紹介したい。なにがすごいかというと、一言で言うならば「萌え絵とリアルのバランス」です。

keycontinue001419-40--1_png-2

キャラ絵からものっそいんですよ。この辺までは「現実にあり得そう」なラインで、14~16才の中高生を萌え絵にデフォルメしてエロく描いている。萌え絵として記号化しているわけでもなく、かといってビシバシ写実的にデッサンされているわけでもない。成人向けってどうしても、リアルかデフォルメかの二極化になりやすいんですが、その中で、難しい(と思われるところ)を良く描いている。



keycontinue000519-40--1_png-3

お話は、女の子主導ですね。よく「同年代の女の子は進んでる」っていうじゃないですか。あれをですね、エロ漫画に取り込んでいる。表面上は普通の落ち着いている女の子が、じっさいそういう場面になったときに、知識も積極性も段違いでエッチを進める。この女の子の方が進んでいる感、普通に見える女の子もエロイこと考えている。この前提がリアルでエロくていいなと思うわけです。わかりますかね、わかって欲しい。

フィクションにおいて、「まったくありえないこと」の中に読者は入っていけない。たとえば、ペットボトルがいきなり爆発して美少女が現れたりすると、その世界にはなかなか入れないですよね。でも、自分たちの現実に「あり得そうだな」と思うことがスタート地点にあると、そこから凄まじいフィクションになっていっても、没入することができるんですよ。この辺のフィクションと現実のライン、「あり得そうな」ラインを描くのことが極めて上手い。それが、きいさんに対する僕の印象です。


あと、この辺も自然だけど上手い
19-40--1_png-1

いいカットですよね




<参考文献>
かぎばんごう023+
作品「コンティニュー」「布団の中の宇宙」(※画像引用はこちらから)
2016年12月 近況 


初アダルトアニメ記事です。
配信における度重なるエロアニメ談義に、感化されました。
後悔しかありません、読まないでください。



いちおう、「エロはやだ!!」っていう人もいると思うんで、サムネイルは別のにしときます。


224book5483pl
「フェラハメりっぷす(2016/18禁OVA)」(画像は原作の成年コミック)

原作Fue(MUJINコミックス)、アニメ制作は「Swing Out Sisters」などで知られる、BREAK BOTTLEが担当、直近ではTVアニメ「僧侶と交わる色欲の夜に…」を監督された、アダルトアニメの大御所、荒木英樹による作品(監督・演出・コンテ・作画監督)。

内容は、”人に近い進化を遂げた”オナホールとのセクロスと恋沙汰を描いたもので、行為の描写も良いし恋沙汰の様相も割と好み。イチャラブ好きなんすよ、これはちょっと陵辱もあるけど。汗や涙、唾液、愛液の飛散を伴ったオーラルセックスが持ち味の原作なんで、やはりアニメもそこに重点を置いただろうと思います。オーラルはぶっちゃけ微妙だったけど、15分を通してクオリティは高い。


特筆すべきは、汁の描写。飛び散る汁のディテール。
45]52]
56]14]

これスゲーのが、汗と涙、愛液、唾液を全て描き分けてるとこですね。そもそも、僕が見てきた限りでは、汗はあっても、唾液や涙が描かれることはそこまで多くない。スコスコして終わりみたいな感じだった。でも、実際って愛液や汗まみれになるのが当然じゃないですか、だから写実で良いなと。



後は、まあ、こういったアングルとか
36]29]
224book5483pl

3枚すべて二号カゲ。太ももの余った所や肉感を表現する。ああ、二号カゲってこんな利用もできるんだと感心しました。よく考えると、カゲを多数使うってことは、奥行き・立体表現ですもんね、そりゃ裸体の肉感にも使えるか。


「アラルガンド The Animation」「ストリンジェンド~エンジェルたちのプライベートレッスン~MY BLOW JOBER ACT.4」「TSF物語 Trans.1 女体化したらナニをする?」なども、荒木英樹が監督されているのですが、これらも汁描写が良かった記憶。もしかしたら、荒木英樹さん自体も汁にこだわりがあるのかもしれない。


以上です。大した事は言えてねえなあ。
自分の性癖を世に晒しただけみたいになって非常に羞恥、しにたい

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed