Re:Gomistation.By2

A conclusion is the place where you got tired of thinking.

カテゴリ: コメント返信という名の私文書

HN:名無しさん
ネットを放浪してたらたどり着いてしまったが YouTube→ロボット(18禁)→ニコニコ→誘惑カウントダウン エド6?→ここのブログ昔のエヴァ8話作画ついてのブログ→新しいブログ上から拝見 で来ましたが....

私もかくゆう未婚でね お互い頑張ろう
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58752647.html

クッソ遅れましたがコメントありがとうございます。
こうなんとなく書きたいことがあったので、コメ返記事にしてたつもりなんですが、忘れました。

ここに来たるまでのルートが面白いですね~
「エヴァ8話エフェクト記事」は世間的にはいっっさいウケてないですが、けっこういい記事なので読んでもらえるのは嬉しいです。ありがとうございます。


結婚か~という感じですねえ、まだまだ。まあでも、すごくいい人を見つけたら一瞬じゃない?
そういうもんでしょう結婚って。

うちの両親は離婚したし、結婚におけるネガティブな側面を上げればキリがありません。お母さんににアドバイスをいただいたんですよ、最近。「大事にしたい人」を見つけなさいと、その人ならあなたも全力で気を遣うでしょう、と。それ以外のくだらない異性はぜんいん56せという勢いで言われました。

でもまあ、うちの両親の馴れ初めを母さんに聞くときに、「あの人が放っておけなかったから、仕方なく結婚した」「だまされた」とか西村博之みたいなことをぐだぐだ言うんで、愛してると言えと、なーにを照れてるんだと。うちのお母さんはとても自己評価の低い人ですので、「私と結婚して、果たしてお父さんは楽しかったのか?いい人生だったのか?」とよく言うんですが、うちの親父は基地外一歩手前みたいなもんだから「あなた以外だったら幸せになってなかったよ」、といつも言ってます。

そろそろ、同じような基地外の息子の言う事も信じて欲しいですね。
まあ頑張るものでもないです、結婚というのは。たぶんね
それなりに、それなりに、やるものです

1*アランの描写が足りなかったなと思います(90分なので仕方ないでしょうが‥)
ところで、アランがジーンを陰キャ扱いしてたなんて描写、作中にありましたっけ?
ノート拾ってくれたりしてたし単純に「良い奴」なのでは?
日本でも本当に恵まれた環境で育ってきた本当のキラキラエリートは人に優しかったりしますよ。

2*あと引用の形でなしに許可なく画像貼るのは著作権法違反なので止めたほうがよいかと‥


1*
「あいつは下ばかり見てるな」という当時の回想、スクールカーストとしてジーンくんとアランくんに差をつけて描写されていたことは確固たる事実です。ちゃんと見直してください。で、ポンポさんの記事の中では、その「良いやつ」っていうのはどうでもいいんですよ。

かれらには関係値がありませんよね?」ってことを述べているわけですから。アランくんがジーンくんを助けるためだけの熟成された/それなりの関係値なんてものは存在していない。オタクに優しいギャルは存在しないし、クタクタにくたびれたサラリーマンを出迎えてくれる異世界から来た隣人JKバブミを感じるママは存在しないし、θ=π/2のときにtanθの値は存在していない。同じことです。



2*
ひろゆきライカー」なひとびと

hqdefault

『そのぉ一般のブログで、画像を引用元を明記せずに貼るっていうのはぁ、じっさいには著作権法では違法行為なんですよね。数が多いから見逃されているだけであって、違法行為している人はたくさんいるんですよ。ぼくがウェブでライティングをするときは必ずそういう定義的なところから入るんでぇ、まあなんだろうなー、あんまりそういう著作権に対する意識を持っている人って多くないんだぁ!っていう事実には正直驚きますよねw』


ネットで聞きかじった知識でいっちょがみしてえ~
著作権について、語ってヤリてぇ~

こういう人に対して良識をもった人は”呆れてる”ので、基本的に放置をします。放置をした結果、自分が言っていることは正しいんだという誤認の多いこと多いこと。暴走プリウスですよ。思考をしない。

著作権法、というか法律は総合的に判断する必要性があります。1つの要件が合致しているだけで、その法律に該当したらたまったもんじゃありません。こんなもん3才の保育園児でも分かります。

では、明記しているのであれば何をやってもいいのか?というと違います。「使える!背景150枚、使える」系のウェブサイト、こういった系統のサイトはあなたの基準ではオッケーになりますがよろしいですか?引用元明記をすべての画像にしていたとして、なにか自分の脳みそに違和感をいだきませんか。

マア抱かんわなあ…そうじゃなかったらここまで没落していない。引用元の明記は著作権法においてサブです。これが営利目的・商売だったらおれもクッソ丁寧にやりますよ。©つけてね。そうじゃないから端折ってるだけ。だいたい、著作権違反なんか、記事よりも作画MADのほうが明らかだろうが、おれの権利侵害を咎めたいんならこっちの方を攻めろよ。ヘタクソがよ。


<主従関係、そもそもなぜ引用は必要なのか?>
いいですか、著作権法で明記なんかよりも最も重要なのは、”主従関係”です。
赤ちゃんみたいな脳みそにもよく分かるように説明するから聞いてね。

そもそも、「引用」はなぜ必要なんでしょうか。自分の主張・表現したい記事に対して、別の著作物が必要であるときにするものです。たとえば、厚労省が出している統計データを引用して、いまの日本ってこういう経済状態ですよ~という記事を書く。Aくんのアサガオ夏休み記録が自分の日記にも必要な場合に、Aくんの記録から借りる。これが引用です。

こういう場合に「引用」という行為が必要になります。

つまり、引用には、そもそも自分の表現・主張したい作品が必須となります
ここまではよろしいかな?

著作権法では、この自分の作品を「主」、引用する作品を「従」として、主従関係を定義しています。「主従関係の成立の是非」が裁判の中でも、多く扱われてきました。「ポンポさん」の記事の中では、「主」として、自分の評論がありますよね。その説明に必要である図版を「従」として、画像を引用しています。

引用元明記は必須ですよ。そこは別にウソじゃない。でも、主従関係のほうが4ぬほど重要だから、別にこれぐらい端折っても違反・違法行為としてはみなされないだろう、という判断です。



ここまで懇切丁寧に説明したのは、あなたが議論を放棄(ないしは欺瞞)したからです。作品の評に対しての反論はどうぞご自由に、とは思います。きちんとしたものには、きちんとした議論をしたいですよ。ぼくも。

しかし、なぜ著作物違反の話なんてものが出てくるのか。最初から話す気などなかったのではないか、自分でも「ポンポさん」の欠点について薄々感じていたことがこうやって明らかになったがために、反論をしたくなった。そうやって、コメントをつけてみたは良いものの、脳みそがメロンパンなため、なにも浮かんでこない。

そうだ、まったく話とは関係のないウェブサイトの急所(※急所でもない)をついて自分の溜飲を下げよう。そういう態度にきわめてイラつきますね。場外乱闘じゃねんだから、真正面から向かってきなさい。そういう「ひろゆきライカー」な態度は、もっともぼくが嫌いなものです。議論は前進しませんし、邪魔なだけはありませんか。無駄ですよ、無駄。




「あなたを侮辱罪と器物損壊罪で訴えます!理由はもちろんお分かりですね?
あなたが私をこんなクソコメで騙し、ブログを破壊したからです!覚悟の準備をしておいて下さい。ちかいうちに訴えます。裁判も起こします。裁判所にも問答無用できてもらいます。慰謝料の準備もしておいて下さい!貴方は犯罪者です!刑務所にぶち込まれる楽しみにしておいて下さい!いいですね!」



HN:だんごむしさん
作画のほうじゃない方からの意見ですけど、棒術、杖術は回転が有るから見栄えしますね
あと、突きの方で持ち方でニュって伸びる、みたいなことができるのが魅力
そうそう!
棒術・技斗において、「回転」はとても重要な要素です。回転はキャラクターが大きく映る描写なので、とても映えます。その回転をうまく表現してやるために、レイアウトや構図を考える必要があるので、まあコンテから構造設計がいるんですね。

突きはどうなんだろう…あんまり考えたことがなかったけど、意表をつく1手として重要。作画としてはあまり映えないけれど、ちょっとした使いようですっといい描写になるような気もします。



*HN:TANAさん
OPはそれだけでいい作品が多くて技術的なことはあまり詳しくはないですが、胸躍ることが多いですね。自分は三作品ということだとYAWARA初代・風人物語・あずまんが大王あたりでしょうか。 以下順不同でまいっちんぐマチコ先生とど根性ガエル・NEW GAME!あたりも好きです。昔はTHEOPといえば南家こうじさんっていうイメージでしたが、最近だと誰でしょうかね、松竹徳幸さんや石浜真史さんでももうベテランの域でしょうし。

今回イアキさんが取り上げられたOPもどれもいいですね。野崎君そろそろ原作もたまってきたでしょうし、二期も観たいところです。1*…りょーちもさんは商業はセミリタイアされたみたいですからやるとしてまた感じの違うOPになるのでしょうけれど。それはそれで楽しみです



さいきんだと、THE・OPって感じの人は梅津泰臣になるのかもなあとは思います。
梅津OP言われてるほど、ぼくは好きじゃないですけど笑 「それ町」OPはとても好き。

*「YAWARA!」OP01 「ミラクルガール」 ◎


いやあ、これめっちゃ上手いっすね 驚いた
カメラFIXのまま小躍りしながら、衣装チェンジ。バンッとドアップの顔を出す。
画面縦4分割(パプリカOPを思い出しましたw)や3分割、この時代にもうやってたのか~。さいきんスマホが出てきたじゃないですか、その影響で3分割とかやってると思ってたんですよね。

あとは背景が圧巻ですよね。アメリカン・ポップな背景からアートな背景まで、これは意図的にやってますね笑 配色もええわなあ…これ。


野崎くんはどうなんだろう…動画工房はやる気なさそうな感じもしますが…笑 ここ最近はロリっぽいのを中心に扱ってますので。あのテイストでやって欲しいですけど、竹下良平さんはフリーだしなあ。いや、フリーだからこそ動きやすかったりするのかな、分かんないですね。

てか「ちいかわ」、動画工房でアニメ化するのかあ。なんとなくですけど、ああいう系の作品ってもっとこう不真面目な(※真面目すぎない)スタジオに任せたほうがいい感じもします。「ちいかわ」っていうのが作品タイトルだと思ってました、違うのか(作品タイトルは、「なんか小さくてかわいいやつ」)。腹立ってきた(意味不明)

「まいっちんぐマチコ先生」は江村豊秋さんの作画がとても良い…最初のえーっと、体操でぐるぐるするところです。

1*…りょーちもさん、商業あんまりやってないのかあ。もったいないっすね



HN:にわか素人さん こんばんは。
先ほどは、お返事ありがとうございました。
しかし「好きなOPベスト3」凄く楽しいお題ですね。
イアキさんが選ばれた作品、「月刊少女野崎くん」と「だがしかし」は初め見たのですが「だがしかし」いいですねぇ、すごくハマりました、連日見てます。
イアキさんが挙げられた39秒からのカットの後の、棚が押し寄せてくるところも気に入りました。棚やキャラがこちらに迫ってくる速さの緩急と、キャラがポーズを取るタイミング、曲の盛り上がりも相まって、いいカタルシスを感じます。
その後の駄菓子のマスコットがいっぱいるところも発想がすごいし、かわいいしよい作品に出合えてよかったです、ありがとうございます。
いえいえ。喜んでもらえたなら、良かったです。
けっこうあのカメラワークは画期的で、カタルシスがあるのも分かります。フェティシズムの塊のようなカメラワーク、付けPAN4連発。

駄菓子マスコットは個人的にはもうちょっとやりようがあったような気もします(チクチク言葉)

たくさんのコメントありがとうございます
ありがたい限りです
1米
自分の好きな馬ということで、自分はサクラスーパーオーという馬が好きでした。(HN:TANAさん)

クラシック戦線はナリタブライアンがあまりに強くて太刀打ちできませんでしたし、皐月賞の後は脚元の不安・故障が多くなかなか活躍できなかったスーパーオーですが現在もタカオハピネスと名前を変え31歳になっても元気なようです。 スーパーオーが馬術競技に転向したことをきっかけに馬術のほうも見るようになりました。いろいろときっかけを与えてくれた大事な馬ですね。自分の好きな馬ということで、自分はサクラスーパーオーという馬が好きでした。
クラシック戦線はナリタブライアンがあまりに強くて太刀打ちできませんでしたし、皐月賞の後は脚元の不安・故障が多くなかなか活躍できなかったスーパーオーですが現在もタカオハピネスと名前を変え31歳になっても元気なようです。 スーパーオーが馬術競技に転向したことをきっかけに馬術のほうも見るようになりました。いろいろときっかけを与えてくれた大事な馬ですね。
今年もよろしくお願いします。

サクラスーパーオー
https://db.sp.netkeiba.com/horse/ped/1991103497/
父 サクラチヨノオー(ニジンスキー系)
母父 ベリファ(リファール系)

いちょうS 2着(現・サウジRC)
葉牡丹賞 2着

この辺の戦績がなんとも惜しく、けれど愛くるしいですねえ。脚部不安の関係上、あまり強い仕上げはできなかったのかもしれない。

皐月賞では的場均jがテン乗り。後方からの競馬で9番人気ながら2着と穴を開けた。しかし、皐月賞でこれは屈腱炎かなにかになってしまったのか。2年の休養を余儀なくされる。復帰したのは、5歳になってから。的場均が主戦騎手となり条件戦を勝ち上がっていくが、ラストランは富士Sの15着。当時の富士S、1400mだったのかあ。

戦績を見る限りは、1400mは少し忙しそうな(※距離が短く、ペースが合わないことを指す競馬表現)感じがしますが… 皐月賞ではオフサイドトラップ(後の3歳・秋天勝ち馬7歳での秋天制覇;失礼しました;3歳秋天はバブルガムフェローだ)に勝っているし、順調ならば…という無念が伝わります。

こういう「順調にいっていれば…」という、もしも、を考えてしまうけれど、残念ながら事実は変わらないこと。それがなんというか、悲しいのは悲しいんですが、競馬の魅了の一つを担っていると思います。

31歳とはすごい!いやあ、もうこれスーパー元気なおじいちゃんですよ。人間だと95歳くらい?どんな形であれ、好きな馬が長生きしてくれることは喜びです。すごいなあ。

馬術転向で、スーパーオーからハピネスへ。馬名の移り変わりも美しい。後年にかけて、丸くなったおじいちゃん、みたいな笑。素敵な馬をご紹介いただきました。愛が伝わってきます。

おっしゃる通り、自分にとって、とても大事な馬の存在は人生に影響を与えます。価値観にも大きな影響を与えるとおもう。好きな馬の脚部不安は本当につらい。走れたら…というのが常によぎりますから。無事是名馬とはよく言ったものですが、自分はなかなか割り切れない。しかし、これだけ長生きして、いまも元気でいてくれることはもう素晴らしいの一言です。いいエピソードを聞けました。




2米
イアキさん本年もよろしくお願いいたします 。(HN:にわか素人さん)

遅くなりましたが、自分がしている事をいくつか書きます。

1.歩く。
何の目的も持たず、ただ歩く。(早く歩く必要はないです。)30分くらいでもいいと思います。 歩いているうちに普段、がんじがらめになっている自意識が薄まる感じして、
少しすっきりします。
広くての緑の多いルートを選ぶとより効果的です。


2.小説を読む。
 イアキさんが小説を読まれない場合はスルーしてください。
精神的不調のとき、状態に合わせて処方的に読む定番の作品があり、それを挙げます。
 心をほぐしたいとき---「ヘリオット先生奮戦記 上・下(ジェームズ・ヘリオット 著・大橋 吉之輔 訳)」
長編、新米獣医が田舎で奮闘する話で基本、コメディーです。
 癒されたいとき---「大炊介始末(山本 周五郎)」 短編集。
山本周五郎独特の柔らかな人間の描かれ方に和みます
 活力を失ったとき。---「日本三文オペラ(開高 健)」長編。
 邪念に取りつかれたとき。---「アポロンの島(小川 国夫)」短編集。
下二つは極力先入観感のない状態で読んだ方がいいように思ったので説明を省きました、すみません。


3.アニメ。
 https://www.nicovideo.jp/watch/sm34241871
元気が出る短編です、良かったらどうぞ。
見たことのある作品でしたらごめんなさい。
長々すみません、失礼します。

今年もよろしくお願いします。

#1,歩く
やはり歩くのは効果的ですよねえ。なかなかこう行動に移せなかったり、続かないのが恥ずかしいところですが…自分なりに30分とよく言われるんですが、なかなか長ない?と思うので、歩数ですかねえ。もしくはコースを決めてとか…15分or5000歩は歩きたいかなあ。



#2,小説
せっかく良い内容を書いていただいておりますが、やはり苦手で…申し訳ないです。すいません。


#3,映画の1シーン
ありがとうございます。また見てみます。これに限らず、たしかに映画の名シーン集、もしくは1シーンを見るだけでメンタルは回復しそうな気はします。いいですね、これ。





━━ところで、馬の話で一つ述べたいことがありまして…

ダウンロード

過日、2018年の日本ダービーを制したワグネリアン号は多臓器不全で急逝。明け7歳でした。自分が初めて見たダービーだったので、ショックは隠しきれず。

もちろん、馬主の所有物ですから、オーナーである金子真人に権利があることは重々承知の上で言いますが、喉なり(※呼吸が上手くできず、競争能力に大きな影響が出ます)が酷く、手術後もさほど戦績を残さない馬を(引退させずに)走らせていたのはあまり理解できません。

ディープ×キンカメで、ブロードアピール牝系。残したかった血。ディープ亡きいま、欧州で種牡馬も考えられたろうに…と個人的には思います。現役ダービー馬の急逝は前例がほとんどありません。まあこれには、故・近藤利一も地獄で待っとることでしょう。

こうなると、故・岡田繁幸オーナー(※マイネルの冠名で有名)や、メイショウの冠名て有名な松本オーナーの存在はやはり馬産にとって、地味ではありますが、大きく寄与していると感じます。かれらは、まあ要するに、さほど走らないと見込まれる馬も買うわけですから。それで馬産地が回っていく。少なくとも、ダービー馬をこのような処遇にはかれらはしないでしょうね。

金子や利一のように冷徹になれればよいのです 。ダービー馬をこのように扱っても何も思わないでしょう、そのような人物に精神的失調など起こりえない。でも、それでは生きてる意味を感じませんね。ガンの闘病を続けながら、リスグラシュー、ラヴズオンリーユーなどの名馬を送り出し、今なお最前線で頑張っておられる矢作先生のような馬人を目指したいですねえ。

「続きを読む」をちゃんと直せないぐらい、疲弊している。
なにに疲れているんだろうね。


[UMA]つらいときの精神対処方、募集
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58798573.html
スクリーンショット 2021-12-31 142302

ストレスが身体的症状に出てしまう、という幼少期を過ごしてから、ストレスとはなにか、ストレスに対処する方法にはどういったものがあるのかと、本を読み漁りました。いちばんはじめに読んだのは、「メンタル・タフネス」という本です。

両親の死を100という基準にすると、同僚の死も受けるストレスは70ぐらいはあったはず。大変だったでしょう。コロナ禍初期ではお葬式ができても、おそらく自分の好きな人の顔を見ることが困難でした。顔も見れずにそのまま火葬にいってしまう遺族のことを考えると、きわめて苦しいな、と思います。

さて、「素直に受け入れる」というのは、俗に言う「森田療法」ですね。医師・森田正馬が考案しました、無為自然の態度を取るんだっけ。起きた出来事・現象に対して、「享受してお付き合いをする」「不安やネガティブな気持ちを否定せずに認める」というものです。アドラーに近い気がします。

率直にいえば、それができれば人間ここまで苦労はしねえよなあ、という対処法だと個人的には思っています。受け入れるにも心のキャパシティは存在しており、過度に抱え込んでしまう事態が発生してしまう。泣いてわめくという状況は、もうほぼ氾濫に近いですから。「受け入れる」という選択は、いいんですよ。森田療法の問題点は、その後のアプローチがないんですよね。

しかし、そういえば、さいきん、ストレスに対するアプローチを考えていなかったようにも思います。コメントありがとうございます。このような直接的な助けを求めても、素通りして、他の記事を読む脳みそメロンパン、いや極めて利己的な態度ばかりでうんざりしていました。さすが日本人!思いやりをもった人間から志んでいく!情報だけとっていくオレ情強~とでも思ってるんでしょうね(※いや、じっさいはなにも考えてないですねw)、うんざりですよ。技巧に関したところしか読もうと思ってないんでしょ。それが合理的な行動だと勘違いしているバカばかり。だからまあ、自民党が勝つのも、納得というところで。そういった面でもコメントは感謝ですねえ。ブログ消そうかなあ。

まあこうやって吐き出すことは、ストレスの解消になっているような気もします。たしか、えーっとなんだっけな。どっかの本で読んだんですけど、ヨシ!もう死のう!という気持ちになって自殺しようとしたところ、ペンが目に留まった。そこで、自分の困っていることを全部書きだしたら、意外と解決可能だったことが判明して、自殺を止めたっていう導入から始まる本があったんですよ。つまり、意外と自分の心の中は整理されていないという証左ですよね。部屋と同じように、定期的なメンテナンスが鍵なのかもしれません。



友人の結婚式への出席を終えて/*ややセンシティブかも
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58752647.html

スクリーンショット 2021-12-31 142542

良かったのだろうか…( ^ω^)
まあぼくはそのへんの、なにが良かったのか、幸せに感じたのかがよくわかりませんが、良かったのであれば幸いです。書いた本人もそれなりに報われるというものです。

「金銭的なことにルーズ」というのはきわめて困ります。コメント6行目にもある通り、すなわち、想像力に欠けているのでは?という推察に行き着くのも納得です。金銭的なトラブルは、表面上の返済などが問題ではなくもっと根深い。信頼のゲージやレベルがかんたんに下がってしまうことが問題です。

ぼくの場合はパチンコに二人でいって、その後で「定期代が無いから貸してくれ」と言い出すんですよ。じゃあ、パチンコ打ってる場合じゃねえじゃんと。先に言えと。かれはすこしナルシストなところがあってね。兄貴として見栄を貼りたかったんじゃないのかなと。兄貴かくあるべし、みたいに思っている人ですから。

で、こういったことが続いてしまうと、こちらから兄貴に対する信頼ゲージみたいなものは下がってしまう。起こるのは、疑ってしまうことです。返す気がないのでは?と。で、さらにストレスを溜めてしまう。やはり、思慮や思考が足りないのです。そういうルーズな人々は。教育の問題なんだろうか、きわめて無思考ですよね。あ、エセ中村豊フォロワーのことを言ってるわけではないですよ!黒コマピカッ!w白黒レイアウト集中線1枚!w安易な前景スライド!w 中村豊もこれには天国で泣いてますよ。


マア~思考が足りない人々がここまで多い(増加したのか?それとも顕になっただけなのか?)とは思いませんでした。さいきん、珍しく怒鳴った件がありましてね。



000


ぼく実家売ったじゃないですか(*http://royal2627.ldblog.jp/archives/58598157.htmlの<6>参照)。それで、岡山に対して、ぼくは苦しい思い出がほとんどなんですよ。壮絶でしたから。

で、そういったことを仲の良い友人には話しているわけなんですが、友人から「岡山には帰らないのか?」というラインが届くわけです。まあ、別にここで怒りはしませんよ。「家がないから、帰らないし帰れない」と端的に伝えるだけですので。ただ、悪ふざけで、夜8時ごろに「今から岡山来いよ~w」とか電話がかかってくるわけです。まあここも、冗談ですのでね、基本的には怒りませんよ。堪忍袋の緒が切れたのは、その後、まだ「いつ来るの?」って冗談のラインが送られてきたことでしょうね。しつけえんだわ

そんで、まあクダランからやめろと言ったんですが、かれは理解できないんです。ろくにきちんと考えもしないし。「岡山に対して、きわめて苦しい感情がある」、だから帰りたくもない。だいたい、ぼくは岡山のこういった、もう面倒くさいしつこい陰湿な絡み方が嫌だから、上京したわけで。広島・岡山などの瀬戸内海側にお住みの方は、きわめてこの、”異常性のあるノリだけで生きてる人間たち”に承諾していただけると思いますが。

かれの言い訳を書きますよ。「そんなつもりはなかった」、つまり、まあ実家がないことなどを踏まえて意図的におちょくったわけではない。そりゃあ、そうでしょう。あなたは、キモチワリイ、頭のワリイ、”その場のノリ”でやっただけなんですから。なにか意図をもってやるほど頭も良くない。

「そんなつもりはなかった」っていうのは、きわめて優れたエクスキューズです。よく犯罪者が使いますよね。で、こういった側は、自分がやられると怒るんです。怒らないのであれば、まだ整合性とれてますが、まあ流石に都合が良すぎるんちゃうの?と。まあ、無理なんですよ、こういうのは。もう思考に溝ができすぎている。賢いとかそういうのじゃなくてね。けっこう真面目に、考えるスペースが脳みその中で決まっているんじゃないんすかね。

かれのような人間は自己完結するんです。自分の中では、こういった流れで、こういった部分で”ノリ”が終わって、相手のアクションは普通だから、相手にも問題ない(というより、こういうのが大半のコミュニケーションなんでしょう)、という判断なんです。友人が想像力に難がある、というのは悲しいです。きわめてね。



お二人のコメントは助かりました。まあ、やはり定期的に心の中身を取り出して整理していくこと。想像力に欠けた人物というのは困るということ。そして、そういった人間がいまの日本では、たくさんいる…ということ。

元からですが、自分と家族をさらに優先して考えて来年も生きていこうと思います。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2020 All rights reversed