Re:Gomistation.By2

A conclusion is the place where you got tired of thinking.

カテゴリ: 競馬


マイルの女傑・グランアレグリアの春秋マイル(安田記念・MCS)2連覇を阻止したのは、予想もつかない馬だった。2020年は不調に陥り、2021年の始動戦(※中山記念を予定していた)も体調不良で出走辞退。終わった烙印を押されたホースは、それでも、安田記念に出た。



ゲートを出ると、中団から折り合いを付けながらの競馬。川田jが促すと4コーナーから外に持ち出し、父親譲りの末脚を見せる。大外からインディチャンプ、ダノンプレミアムなどを差し切った。後ろからはグランアレグリアが猛追を見せたが、アタマでの勝利。かれはその日ターフを1番で駆け抜けた。まさしく王にふさわしい馬名のとおりだった。ダノンキングリーだ。

取りこぼしたG1は少なくない。大阪杯、ダービー…2000mが得意なはずであろうに不可解なローテーションも重なり、香港マイルでのラストランに終わった。不完全燃焼は拭えない。これは子どもたちに託すしかないのだ。

社台SSでの種牡馬が決定したとき、正直、驚いた。社台SSというのは、基本的にG1タイトルを何個も取っていないと入れない種牡馬の場所。わかりやすい画像があるので貼っておこう。

reberu

アグネスタキオン、キングカメハメハ、ディープインパクト、トニービン、マンハッタンカフェ…
このレベルなのだ、改めてやはりスゴイ馬なのだ。キングリーは。

僅差ではあったが、皐月もダービーも取れなかった馬が、入れるとは思ってもみなかった。逆にいえば、早くからそれなりに走ったことが評価に繋がったのだろう。

ぼくがかれに一目惚れしたレース、共同通信杯(東京・芝1800m)では前目につけて32.9秒の末脚を見せつけた。皐月賞(中山・2000m)は先行して、さらに上がりも使って僅差の3着。ダービー(東京・芝2400m)はクビ差の2着。この早い仕上がりは評価されてしかるべきだ。

さらに秋・初戦、毎日王冠は古馬(※4歳以上の馬を指す)との初対決にも関わらず、後ろからアエロリット、インディチャンプを直線一気で差し切る競馬を見せる。その後は、不可解なローテーションと大阪杯の逃げ(3着)によって、不調を余儀なくされる。5歳になっても、その脚は衰えておらず、安田記念でグランアレグリアを倒した。古馬になっても、すぐに走らなくならないこと。これも相当に加味されただろう。

新種牡馬ダノンキングリーがスタッドイン - NEWS
https://shadai-ss.com/news/stallion/news-3485/

極めつけは、半兄・ダノンレジェンドの種牡馬としての活躍であろう。2歳戦から早く使えて、ダートの短距離を主軸に勝ち上がりも良い。社台SSでの初年度種付け料250万というのは、ダービーを取ったキズナ(現在は1000万)と同等である。

でも、やはりもう一度かれの走りを見たい。かれの2000mを見たい。秋天を見たい。それは叶わぬ願いなのだ、悲しくとも、やはりこれは現実なのだ。だから、かれはもう走れないけれど、かれの子どもに期待を託すのだ。お父さんの能力を証明してくれ、そう願って止まない。

ダノンキングリー、改めてお疲れ様。きみを見続けた、追いかけ続けた3年間はいろいろあったけれど、心酔した。きみに助けてもらった。生きてくれているだけで嬉しいが、いい子を出してくれるともっと嬉しい。

──師走も半ばをすぎると、途端にせわしなくなる。そのせわしなさの中で、目に入る余裕がなかったのかもしれない。

今年の朝日杯(阪神/1600)の前提は、重賞2連勝セリフォス(父ダイワメジャー)と無敗馬ジオグリフ(父ドレフォン)を中心にして進んでいった。というのも、例年はサウジアラビアRCであったり、「マイル(1600m)」重賞に出た馬が多く出る舞台だ。マイルOP(※OPとはそこそこレベルの高いレースと考えてもらえれば良い)以上で走った馬は、わずか2頭(セリフォスとオタルエバー)のみだった。

つまり、(基本的に)マイルが得意な馬が中心になるはずの朝日杯は、ここまでの戦績が1400mだったり1800mだったりと未知数な馬だらけであったのだ。1800mを走ったからと言って、マイルを走れるわけではない。400m走と100m走がまったく異なるのと同じで、異なったスピードが要求される。だからこそ、困難だった。いや、困難にしてしまった、というのが自分の感想だ。



外から白い勝負服の馬が飛んできたときには、もう遅かった。武だった。勝ったのは重賞に出たわけでもない、ドユデュース(父ハーツクライ)だった。前走のアイビーSではスローペースの中、好位につけ、最後は決めて勝負になるレース。長く良い脚を見せて、馬なりで快勝。

長く競馬をやっていると「キーファーズ」という言葉を嫌でも知るようになる。キーファーズは馬主であり、武豊を全面的にバックアップする組織であったが、トンといい馬が出てこなかった。大きな期待をされた、マイラプソディ(牡4・父ハーツクライ)は2歳重賞を最後にして今はさっぱりだ。

要するに、キーファーズの馬と聞くと、まず弱いのではないか?というバイアスがかかった。アイビーSを勝っているにもだ。アイビーSの主な勝ち馬には、クロノジェネシス(グランプリ3連覇)、オーソクレース(菊花2着)、ソウルスターリング(オークス勝ち馬)などがいる。そもそも、舐めてはいけないのだ。そして、今年の武豊jの絶不調。特に、芝・重賞では馬券に絡んだのは50レース中、たった7回だ。G1に限れば、もっとひどい。

それらの要素は組み合わさり、キーファーズ×武豊の芝G1は来ない、というきわめて醜いバイアスに繋がってしまった。これが知識の怖さだ、と久々に痛感した。

作画やアニメで知識を入れることに意欲的でなかったのは、こういうバイアスと戦う勇気がなかったからだ。変な先入観を持つと、真贋を見抜く力はみごとに落ちる。そういう風に考えて、知識をわざといれなかった。競馬も同じだった。

ただ、さいきんはまったくのスランプで、自分が普段みないようなものまで見ていた。厩舎コメントだったり、陣営の思惑だったり、そういう可能性の薄い、主観が入ったデータに縋ってしまった。そして、考慮する余裕がなくなってしまい、ドユデュースのレースを見なかった。そう、見なかったのだ、ぼくは。

あのアイビーSを見なかったのだ。普段なら、必ず見ていたであろう、アイビーSという重要なレースを見ることもなく、流してしまったのだ。

知識は増えれば触れるごとに、景色が広がる。そういう風に一般には言われるが、ぼくに言わせると、先入観との戦いになるのが苦しい。このバイアスさえなければ、もっと、もっと自由に物事を見ることができた、そういう風に思うのだ。知識を増やせば、先入観との戦いにはどうしてもなる。ぜったいになる。ならないはずがない。とかく、バイアスは自分の目の前にある真実を歪めてしまう。

ドユデュースに騎乗した武豊jはハイペースを見事に読み切り、中団で待機。3コーナーあたりからエンジンをかけると、荒れている内を避けて大外へと持ち出す。前で競っていた馬たちを、さっとゴール板前で、図ったような差し切り勝ち。お見事という他なかった。白い勝負服は突然、飛んできたのだから。

武豊jはこの朝日杯というレースを22年間とれていなかった。22回目のチャレンジで初勝利。武豊jは、さまざまなバイアスと戦ったに違いない。それはかれがダービーを取れていなかったときも同じだ。きわめて苦しんだ、と手記に残った。

52歳の男は、「武は終わった」となんど言われても、立ち上がってチャレンジを続ける。見事な、惚れ惚れする勝利を届けてくれる。ゴール板の目の前に、白い勝負服の馬が飛んできた姿は、ぼくの目にひさびさに焼き付いた。最高の馬乗り男が簡単におわるはずはないのだ。

愛してやまない馬が、クソみたいな使われ方で、クソみたいに負けました。

適してない距離に出して負けた。初のチャレンジなら何にも言いませんよ、でもこれを3年繰り返しているんですよ。たとえるなら、経理を営業に配置転換して結果がまったく出ない感じ。それを3年続けている。クソです。クソオブクソ。

こういった、理不尽を超越した理不尽に遭遇したとき、みなさんはどうやって精神を回復していますか。なんでもいいから聞きたい。

*アグネスデジタル[英名:Agnes Digital]
FGFdBGGVgAMHZZ_

稀代の変態、アグネスデジタルが24歳で死にました
大往生だとおもう。お疲れさまでした、産駒はあまり振るわなかったな


アグネスデジタルは芝・ダート問わない、どこでも走っちゃう馬でした。それどころか、地方ダート、中央ダート、中央の芝、そして香港の芝まで、どこでも走った。さらに馬場が良でも重馬場であっても走る馬でした…というのは皆さん耳タコだと思いますので別の視点から。

父はCrafty Prospector(ミスプロ系)、母父はChief's Crown(ノーザンダンサー系;ディープスカイも同じ)、牝系としてはFNo[22-d]から流れ、キングカメハメハが近親にいます(メス馬Aimee:アグネスデジタルは4代前母、キングカメハメハは5代前母)。何かがひとつ違っただけで、もしかしたら、キンカメよりも主流の種牡馬になっていたのかもしれません。


まあでも当時は、「日本血統」を育てようという感じ(※マル市という言葉がありました;セリで落とした馬のこと、2000年あたりは父内国産馬に優遇措置が取られていました)でしょうから、外国産馬のデジタルはそこまで取り上げられなかったのかな。


見返して思ったアグネスデジタルのベストレースは、やはりテイエムオペラオーを差し切ったあの「天皇賞・秋」です。2001年の秋天。

☆天皇賞・秋(東京・芝2000;重馬場)


残り200mを通過してもまだ3、4馬身ほど後ろ。これは届かないだろうな~と思ったら、差し切ってしまった。残り1ハロンの加速がすごい。


ぼくの大好きな馬の1頭です。父はまったく違いますが、同じ冠名のアグネスタキオン(父サンデーサイレンス 母父ロイヤルスキー;Bold Ruler系)も好き。しかし、アグネスデジタルは後継がいない… ラストクロップは2020年生まれの産駒。ダイメイフジ(母父ダンスインザダーク)くらいかな。牝系は親戚にカジノドライヴがいる良血。ただ、種牡馬になる可能性は薄い…

はいお馬さんの時間だよ~( ^ω^)


続きを読む

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2020 All rights reversed