GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 雑記


■更新停滞気味

この時期は仕事柄、別に忙しくないのですが、今年に限っては、8月終わりから先週まで多忙でした。ちょっと沈んでいたりもした。まあ、人生そんなものです。世界は残酷だ、そして美しい。たまには漫画の話をしようぜ。さいきん読んだ漫画を紹介するぜ。



「レディ&オールドメン」/オノ・ナツメ
510HGl-AxvL

退屈な少女シェリーは、刑務所から出てきた男に出会う。その男の刑期は、なんと100年だった。1960年代が舞台。驚くほどゆったりと流れる時間と雰囲気は珍しい。絵に惹かれた。オノ・ナツメの絵は、コントラスト・白黒の使い方がとくに面白い。




「進撃の巨人」23巻/諫山創
_SX332_BO1,204,203,200_

2期見たあと、続きが気になったんで買った。もう言うまでもない作品で今更感ですが。13~15巻あたりの騒動がいちばん好き、好きというか半端ない。ミスリードがべらぼうに上手い、特に、あの王家のヒゲとか。「諫山は絵が下手」という文言を見かけていたけど、当てにならんなあ。めっちゃ上手いやん。

脳筋だけど、架空戦記/戦術が好き。「センゴク」「ヒストリエ」とか大好きなんすよ。小さな軍が戦術組んで大きな敵に勝つ。敗走だけれど、どれだけ兵力を残せるかという視点に切り替わらないといけない。そういったのが、めっちゃ好み。



「監獄学園」 25巻/平本アキラ
_SX353_BO1,204,203,200_

騎馬戦の長さはちょっと。まあ、もう物語は終わりに近いんですが、これもうちょっと上手くやれたんじゃないのか。いや、すごく好きなんですよ、この漫画。まずエロいし、序盤のガクトの謝罪シーンとか、ほんと良かった。表生徒会以降がなあ。

表生徒会を出したぐらいまでは良かったけれど、そこからはあんま終着点を考えてなかったんじゃないかと思う。よっしゃあ、裏生徒会倒したぞ!ってなったけど、そこで終わるわけもなく。んで、裏生徒会の敵が出てきたら、そら共闘するでしょうとしか。


漫画を集中的に読んでると、「敵」って大事やなと。敵が消滅すると、新しい敵を登場させるか、もしくはその世界は終了するか、ぐらいしかないですから。前者だとマンネリ化してしまう、後者だと、作品は終わってしまう。だから、敵の狙いや信念は、深いところまでというのは掘り下げんと面白くならない。


ということを考えていくと、敵の扱いはすごく大事だと思う。ある敵がいて、それを倒すことが目的の世界はよくありますよね。その強大さとか規模はどうでもよくて、それを倒した(失った)ときに、果たして主人公たちは素直に喜べるのか/世界は良くなっていくのか、という曖昧さがあると思う。「敵を倒す」という目的がメインだったら、これは不可避だと思うんですよ。だからこそ、この曖昧さに挑んだ、「エヴァ」や「進撃の巨人」、「寄生獣」はすげえ魅力的なんだろうなと。


細々と書くblog
http://blog.livedoor.jp/p632632/ 

知り合いの、「カニ」さんという方がブログを始めたので宣伝する。

えーと、作画を中心に書かれるのかな。一本目の記事から僕はあまり分からん内容ですが、吉成鋼作画の「線の省略化」という観点は、あまり見られないものじゃないかと思う。大変に興味深い。岩川さんもそうですが、ヤングな人たちが、ブログを始めるというのは嬉しい限り。

最近の吉成鋼さんについて - 細々と書くblog

吉成鋼作画が、イラストっぽい、というのは多々言われてきましたが、それ以上踏み込んだものはなかったかなあ。こういう自分と異なった見方を見ると、襟を正す気持ちになります。これからも楽しみです。


◆今年の目標
20]

明けました。今年もよろしくお願いします。ブログの更新は、ニッチ産業を極めていきたいと思っています。隙間のホコリを食って生きていく。まあ、基本的にはエフェクトとちょっと分かりにくい物事の解説がメインだと思います。なので、平常運転です。

作画用語解説とかやってみたいですが、あれはたぶん動画の方があってると思うんで、やるんなら動画を作ります。あとは、配信についてですが、とりあえずはダラダラ雑談配信、ゲーム配信がメインだと思います。配信楽しいので、喋りまくっていきたいです。あと、ちゃんとした企画配信みたいなのも、1つくらいはできたら最高ですが、そこまで時間は割けないような気もします。まあ、今年も生暖かく見てやってください。

それで、今年から、こういった”ちゃんとした雑記・近況”みたいなものは、継続してこのブログに載せますが、自分の趣味関連だとか、いろいろな考えの記事、その他の些細な日常記事は、違うブログで掲載します。というのも、やたら”しょうもない雑記”が多いと編集が面倒なのと、記事のかさ増しになってしまい、どれだけ記事を出したか分かりにくいので。

いろいろ書きましたが、昨年の経験を踏まえて、ゆったりとやっていきます。
まあ今年も気軽によろしくお願いします。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed