GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 雑記


最初に言うのもなんですが駄文です。
でも、これ以上我慢すると、多分川の近くで虎になっちゃうので書きました。
この心境が分からない人は、多分オタクじゃないです。安心してください。

まずオタクというのは、決してアニメや漫画の愛好家を指すわけではありません。
それらは、オタクに包括された存在で、次のような関係になります。愛好家∈オタク。
オタク論1


ここで分かりやすいように、庵野秀明のオタク論を少し引用します。

いわゆるオタクの内包的特徴を挙げると、内向的でコミュニケーション不全、つまり他者との距離感が適切につかめないとか、自己の情報量や知識量がアイデンティティを支えているとか、執着心がすごいとか、独善的で自己保全のために排他的だとか、会話が一方的で自分の話しかできないとか、自意識過剰で自分の尺度でしか物事をはかれないとか、ナルシスト好きだとか、肥大化した自己からなりきり好きであこがれの対象と同一化したがるとか、攻撃されると脆い等々、とかくネガティブイメージの羅列になってしまうのですが

「監督不行届」 庵野監督カントクくんを語る p142 から引用

今回述べたいのは、太字にした部分。知識で自己を保っているという、オタクの性質です。どれだけの映画を知ってるかとか、どれだけアニメ見てるか、どれだけその作品について詳しく知っているか、そんな感じの知識を収集し、オタクはその知識の分量でアイデンティティを形成し、自分の心を保っています。

ですので、自分より知識が多い相手を見ると、敗北感にさいなまれます。ただし、圧倒的な知識の差がある人間に対しては、むしろ尊敬の念が湧いてきます。問題は、知識量の近い相手。「ああ!こいつ、俺の得意分野なのに、俺が全然知らないことを既に知っている!しかも詳しく、的確に!」という感じで、悲しみにくれます。相手にとったら、嫌味でも何でもありません。それは自分にとって話すこと、語ることが相手を傷つけようとしないのと同じです。 でも、当人は傷ついてしまう。「俺はなんて知識が浅いんだろう…世間様に顔向けできないよ…」と。

2014y03m23d_120155596 2014y03m22d_085858162


そして、知識を追い求めていく終わりのない旅始まりです。ゼノンのパラドックスの一つアキレスと亀と同じような感じに、相手も同じように進むから結局追いつけないのです。アキレスは、悲しみに暮れながら走るオタクです。これがとてつもなく心にくる。この心情がわからない人は、すごい幸せだと思います。そういう人は賢いんだろうなあと。知識と適切な距離を持つから、多分大丈夫なんだと思います。最近、僕はサンドバッグにされて、タコ殴りされてるような心境です。最近、この劣等感は一生拭えないような気がしています。

まあそんな感じです。こういうのは溜め込みすぎると良くないので、発散しました。少しは、まともになったかな…


前回というか、すごく前に紹介したことが1回ある。
今回はその総決算のようなもので、じっくりと映像とともに紹介したい。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り [DVD]
アル・パチーノ
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

 
「セント・オブ・ウーマン」は1992年に制作されたアメリカ映画。
ある事故で軍を退役し盲目となった、元・中佐「フランク・スレード」と、そのお世話のアルバイトにやってきた「チャーリー・シムズ」とが中心として物語を展開させていく。二人は、別々の岐路に立たされるが、その葛藤、苦しみを通して互いにわかりあっていき、「生きること」の素晴らしさを見つける作品。

この作品でたびたび挙げられるのが、フランク中佐を演じるアル・パチーノによる名演技である。
目を動かさず、まるで本当に見えていないかのような演技、そしてフランク中佐の鋭い洞察力や苦悩をその中で表現したというのは、すさまじいものがある。

また、チャーリ・シムズ役を演じた、クリス・オドネルはこの作品で助演男優賞を獲得した。その後も話題作に出るが、一時期人気が低迷してしまう。しかし、今はTVドラマなどで活躍中とのこと。
(※Wikipediaで画像を見たら、かっこいい二枚目俳優さんになっていた。もっと使ってもらいたい)

ちなみに、イヤなクラスメートを演じた、フィリップ・シーモア・ホフマンはこれが初出演作品であり、同時に注目を浴びた。その後も精力的に活動を続け、おそらく知らない人はいないであろう名脇役になりつつある。僕の印象では、「レッド・ドラゴン」の記者役など、フラグビンビンで死んでいく嫌味な役が多いように思う。それが彼の最大の持ち味であり、長年ハリウッドでやっていけている演技なのだろう。



さて、役者さんについてはこれぐらいにして、印象に残っているシーンを時系列順に紹介していこう。

まずは、チャーリーがフランク中佐の家を訪れる場面。
ここでは、劇伴など一切なく重苦しい印象を与えるシークエンスとなっている。


2014y01m23d_183136829

2014y01m23d_183004031
あらかじめフランクとの接し方について注意をする、姪っ子カレン。
扱いにくい人間であることをここで強調して、視聴者側にも用意をさせとく。

2014y01m23d_183150175

 これが初対面。
チャーリーが”中尉殿”と誤って呼んでしまう場面では、
「軍に長年いたが、四階級も下げられたのは初めてだ」 という風にアメリカらしいジョークも挿入してくるが、チャーリーの心情では全く笑えない。

2014y01m23d_183203748
「お前はまだ何も分かっとらん新兵だ!」
この威圧感。
アル・パチーノといえば、「ゴッド・ファーザー」であるが、それを思い出す人も多いのではないだろうか。


2014y01m23d_183224454
やっぱり無理です。と伝えるチャーリー、だがカレンを筆頭に家族は旅行することに夢中で、フランクの世話をお願いをする。
勢いに押し切られ、しぶしぶ承諾するチャーリー。

この後のシーンで「本当は一緒に行きたいのよ」という風にフランクに答える。
しかし、これは全くの嘘のようにしか聞こえない。その事にフランクもわかっている様子。
大体、バイトを募集する時点で厄介者扱いをしていることが存分に伝わってくる。


この後、フランクは強引に、”ある計画”のためニューヨークへとチャーリーを連れて行く。
その場その場で、フランクのプライド、性格などを一部一部少しずつ表現していくので、見る側はすっとフランクのことをチャーリーと一緒に学んでいるようなシンクロニシティを感じる。



リムジンに乗り込んで、食事に向かう途中のカット。ここは一連の流れに注目してもらいたい。


2014y01m22d_155739587 
どうしたんだ。

2014y01m22d_155735728
僕ですか?

2014y01m22d_155745613
ああ、車が重い。
何故か分かるか?お前がクソ重いものを背負ってるからだ。

(中略)
2014y01m22d_155749223
フランク「言うべきか、言わざるべきか…」
チャーリー「何故分かるんです?」
フランク「鋭いからさ」


相談する時はチャーリー→フランク中佐のカットを行き来し、ようやく本題に入る際に、こういう風に二人一緒のカットになる。
ここに至るまでのカットの割り方がうまい。

カットを行き来している間は、チャーリーは葛藤を重ね、言うことでもないと思い自分で何とかせねば、という風に考えている。これはチャーリーの生まれに起因するものである。彼は父を知らず、養父と母はオレゴンの田舎で何とか生活しているという家なのだ。これでは頼る人なんているわけもなく、これまでは、おそらく本当に自分で解決してきたのだろう。

しかし、今回ではずば抜けて頭のいい中佐と出会ったことで、チャーリーの思考は少し変わり、頼ろうとしている。
またフランク中佐の聞き方も抜群に上手く、「それで?」「どういう問題なんだ?」と詳しく、疑問を投げかけることで、チャーリーから話を聞き出そうとしている。
世の中の親たちには、これを見て反省していただきたい。こうやって教育とはすべきなのだ。
子供から話してもらうのをただ待ち続け、疑問を投げかけることができない親は意外と多い。



2014y01m22d_155903511
シーン変わって、フランク中佐の兄弟がいる家にいるシーン。
甥っ子などから、邪険に扱われるフランクの寂しい目が印象的だ。

2014y01m22d_160119949
ここでも常に、フォーカスは中佐に向けられている。
じたばたする後ろとの対比で、中佐の孤独さをより鮮明に映す。



2014y01m22d_160309926
2014y01m22d_160356428
別のカット。ここでもチャーリーが相談するときは二人一緒にカメラに収まっている。
これはとても大事なカット構造で、後半に至っても続く。



2014y01m22d_160540470
今作品を語る上で外せないであろう、有名なタンゴのシーン。

2014y01m22d_160645501
チャーリーからフロアの大体の面積等を教えてもらい、初対面の美女とタンゴをする。
中佐は、失った自信を少し取り戻す。

2014y01m22d_160857716
2014y01m22d_160907251
2014y01m22d_160930419
しかし、生きていく希望を少し見い出せたのに、すぐに失ってしまう。
それを補うかのように、勘定を払わせてくれと要求する。


2014y01m22d_161049075
そしてこの落差のあるカット。
普段中佐とチャーリーに合わせられている、カメラの焦点もここでは特にない。
中佐の複雑でおぼろげな心情をうまく表現したカットである。

2014y01m26d_183936590
髪というのも非常に大事な要素である。
中佐の精神が中庸に無いときには、髪は乱れる。
そこに元・軍人としての自責感と、自分は何も役に立ってないという無力感を漂わせる。

2014y01m26d_183948427
ここではむしろ、チャーリーにフォーカスがかかっており、いつの間にか中佐を尊敬していることが伺える。
恐怖ではなく、純粋な尊敬なのだ。だから、出かけて欲しいし、元気でいて欲しいと感じる。


2014y01m26d_184003644
2014y01m26d_184006948
今作の監督マーティン・ブレストは、とても車の映し方がうまい監督の1人だと思っている。
フェラーリのこの撮り方は、魅力的だ。

2014y01m26d_184035564
中佐が運転するフェラーリのワンカット。
建物で車を隠すことで、カメラが追うフェラーリは疾走感を増す。


2014y01m26d_184103091
疲れ果てた中佐。
何をやってもうまくいかない、という心情が伝わってくる。


2014y01m26d_184131492
自殺しようとするのをチャーリーが止めるシーンでのワンカット。
まさしく名シーンである。

フランク中佐「どうやって生きていけばいい?」
チャーリー「たとえ間違っても、続けて」
フランク中佐「タンゴの調子でやれっていうのか」

2014y01m26d_184244413
2014y01m26d_184224504
2014y01m26d_184248147
最後の相談シーンも同じく、二人一緒に映るカットだ。
両方共に苦悩するのだが、カットの割り方で違いを出す。

チャーリーの苦悩は、前述した通り、こうやって二人一緒のカット、つまり「子が親に頼る」のを想起させる。
一方、中佐の苦悩は、チャーリーと中佐のカットをテンポよく連続で映し、それぞれの心情のぶつかりを表現する。


この2つの構造はとても面白い。


2014y01m26d_184312084
2014y01m26d_184322746
ここで流れるテーマソングとともに、もう僕は泣いてしまう。
1人で立ち向かわないといけない、という怖さを少しなりともチャーリーと視聴者は持っていたはずだ。
しかし、そこで中佐がくる。
中佐はチャーリーに感謝をしており、当然助けなくてはならないと思ったのだ。
そこに、両者の思いやりと気遣い、そして生き方を感じる。

2014y01m26d_184344098
チャーリー「どうしてここへ?」
フランク中佐「私の席はあるか」

理由などいらない、何を言っても蛇足なのだ。



2014y01m22d_162728739
2014y01m22d_162731272
2014y01m22d_162734643
約6分間にわたる中佐の演説シーン。

2014y01m22d_162946292
だんだんと中佐にフォーカスは寄っていく。

2014y01m22d_163015172
アル・パチーノの名演技が光る。


2014y01m26d_184608308
フーアー!(Whoo ah! 驚きをあらわす言葉)


2014y01m26d_184638372
演説後に、先生の1人がよってくる。
「ご結婚は?」と始まる中佐に、僕たちは笑顔を浮かべる。


2014y01m26d_184802282
車の撮り方がうまい。
多分レイアウトがうまいから、車を強調させて撮れるのだと思う。
(ここで言えば、木や手すり。)



2014y01m26d_184919331
何回名シーンという単語を使ったかわからないが、個人的には最も素晴らしいのはここである。
最初と全く同じでありながら、全く違う様相をなす撮り方をする。すごい。

2014y01m26d_184926108
見送るチャーリー。

2014y01m26d_185036204
チャーリー視点で、中佐を見る。
ここで、カメラが寄らないのがとてもいい。
姪っ子の子供と仲直りする、フランク中佐の表情は視聴者の想像力に任せるのだ。

2014y01m26d_185047233

安心したチャーリーを乗せたリムジンは動き出す。

2014y01m26d_185058923
2014y01m26d_185103180
橋の向こうまでいき、見えなくなってエンド。
うまい。エンドカットに蛇足はなく、想像に任せるというのが素晴らしい。



さて、ここまで長いあいだお付き合いいただきありがとう。
最後に、僕が一番いいと思うセリフを載せて終わりとしたい。


Oh, where do I do from here, Charlie?
If you're tangled up, just tango on. 

どうやって生きていけばいい、チャーリー?
足が絡まっても踊り続けて、 タンゴのように。



映像作品



「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q BD/DVD」


2012年に公開された「エヴァQ」のパッケージ版。やや本編では荒削りであったところ等、修正点が多くクオリティアップされていてとても楽しめた。というか、本編を解読するには必須のモノ。今でも見直す。


「マルドゥックスクランブル(アニメ版)」


冲方丁原作でGoHands制作のSFアニメ。娼婦の少女「バロック」は、変幻自在超高性能八嶋智久ねずみ「ウフコック」と出会い、人生を変える。「圧縮」の衝撃が凄まじかったです。


「妄想代理人」


今敏TV初監督作品。スランプに陥っていたイラストレーター「鷺月子」は、ある日”バットを持った少年”に襲われるが…それから始まる刑事物!かと思いきや、後半は今敏ワールド全開でハチャメチャ。オムニバス形式で、描かれる謎の”少年バット”の正体とは。


「新世紀エヴァンゲリオン Air/まごころを、君に」


いわゆる旧劇場版のエヴァ劇場版。最後のシ者は倒したが…
社会現象となった本作品の一番の見どころは、やはり定番ではあるが弐号機と量産型の戦いであろう。
磯光雄、吉成曜、岡村天斎らが描く圧巻のアクションシーンは必見。


「電脳コイル」
電脳コイル 第1巻 通常版 [DVD]
折笠富美子
バンダイビジュアル
2007-09-25


磯光雄つながりで。初監督作品。転校してくる”2人のユウコ”から始まる、ドタバタSF。 朴さんの声が良かったです。主人公やクラスメートは小6なんですけど、凄い曖昧な時期で大人にも子どもに属さない。そんな多感な小6の間で”メガネ遊び”が流行っているというのは、何だかこう地方で一時ブームになる遊びみたいで面白い。


「東京ゴッドファーザーズ」 
東京ゴッドファーザーズ [Blu-ray]
江守徹
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-11-21


ホームレス3人がクリスマスに奇跡を起こす話。今敏監督作品。
この作品の見所は、各登場人物の表情です。愉快なほどに、表情はこねくりまわされます。
ストーリーは、まあ赤ん坊をゴミ捨て場で拾うんですけど、そっからのどたばたが面白い。


「パプリカ」
パプリカ [Blu-ray]
林原めぐみ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2007-05-23


今敏監督作品。 他人の夢の中へ入れる高性能サイコセラピーマシン「DCミニ」が、外部の人間に渡ってしまい、犯人を探す物語。「DCミニ」での治療をする刑事も交じり、事態は混迷していく。今敏の永遠のテーマであろう、”夢と現実のあいまいさ”は本作品でも際立っており、しかししっかりと描写されている。エンドカットが最もすばらしい作品と思う。


「千年女優」 
「パーフェクト・ブルー」
今敏監督作品。(力尽きました。年明けで追加更新します)




小説・漫画



「ようこそ地球さん」


星新一のSS(ショート・ショート)。うまい皮肉や起承転結、そして重厚なSF成分が含まれています。
殉教も好きだし、ピンクの煙もすき。活字嫌いの人にもおすすめ。


「ボッコちゃん」
ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一
新潮社
1971-05-27


これまた星新一。
短篇集であるので、あまり言うことはないんですが、とにかく星新一という人はSFの想像力、そしてそれを読み手側に喚起させるのが本当に巧い人です。


「アルジャーノンに花束を」


ダニエル・キイス著。ある知的障害者、チャーリーゴードンはとある脳の手術を受けます。  そのおかげで世界で一番賢い人間になるのですが…アルジャーノンとは実験に使われるマウスの名前。
この小説はそれなりに分厚いのですが、それを感じさせない巧みな翻訳には感動しました。 最後は何度読んでも悲しくなります。

ちなみに「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」の26話のタイトル、「まごころを君に」はこの映画での日本語タイトルから来ています。


「BILLY BAT」
BILLY BAT(13) (モーニングKC)
浦沢 直樹
講談社
2013-11-22


浦沢直樹作品。コウモリと巻物のお話。主人公は漫画家で予言の続きを書くことができるとか何とか。
いつもの通り、今は面白いです。 
今は…ですが。しかし、浦沢直樹は本当に各話短編的なモノは巧いですね。オムニバス形式とは言いがたいんですが、上手くパズルのように組み合わせて…
個人的には、月にコウモリの絵が描いてあった所が一番良かったです。


「彼氏彼女の事情」


アニメ版は途中までだったので購入。
最後までしっかりと面白い。有馬くんのトラウマたるお母さんがいたりするんですが、それから逃げないで立ち向かうのがとてもいい。やっぱり真の主人公は有馬くん。

後、芝姫カワイイ。


「ハカイジュウ」


寄生獣のパクリかな?と思いつつ読みましたが、そうでもありません。
パニック漫画です。でも絵が綺麗(※無駄に背景を入れてないので、コントラストがはっきりしているという意味)なので、見やすくて結構読めました。
まあ、10巻ぐらいの「目が弱点よ!」的なとこぐらいまでしか読んでないわけですが…
続きも早く買いたいです。



ビジネス・エッセイ・その他


「遺言」
遺言
岡田 斗司夫
筑摩書房
2010-10-23


岡田斗司夫著。DAICONから、ナディアまで様々な視点からのガイナックスが語られます。ここまで具体的に言及されたものは少ないというか無い。「エヴァ」が大ヒットするまでは、ゲームの方が儲かってたりとか、「ナディア」の時のNHKのお偉いさんとの揉めあいとか、「ヤマト2」が持ちかけられていたりとか、裏話満載です。


「細野真宏の経済のニュースがよくわかる本」


円高・円安から、基本的には基礎知識をわかりやすく論理的に説明してる本。
中高学生でも読めると思いますし、むしろ読んどけば良かったと少し後悔…
一つ欠点は、論理重視なので知識不足に陥りがち。でもまあいい本です。


「決算書がおもしろいほどわかる本」


簿記・会計知識が無い人でも読める、決算とは何か、財務諸表とは何かがそこそこ分かる本。最低限の用語で解説されているので、読みやすく分かりやすい。


「税金のしくみとルール」



税金に関する基本的な事項を紹介。一般のサラリーマンの方にはあまり馴染みのない源泉徴収の意味や、還付金などの所得税を中心に解説されています。図も豊富なので見やすい。


「20歳の自分に受けさせたい文章講義」


文章術の本。本多勝一さんの本とか、高校現代文で有名な田村さんの本とか、色々読んできたんですが、なかなか斬新。でも基本は同じですね。接続詞はやはり大事であるとか、そこらへんのテンプレも深みを増しつつ、”書く”という行為は”翻訳”という面白い切り口から書かれています。読みやすいです。



SS(ショートストーリー)


lw´‐ _‐ノv「世界が終わるようですよ」( ・∀・)「なんと」

別の記事でも紹介しました。2013年発表のSF作品。
今季はこれがベストだと思います。(そんなに読んでないですけど)
海面上昇して陸が無くなってしまう、そんな危機に対しての様々な人々の反応。
そして生き方。起承転結していて、なかなかいい作品です。 


「( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようです」 

言わずと知れた名作。2006年から連載開始。
ようやっと2012年で連載が終了しました。で、読んだのが今年。
ラストのショボンとの戦いは、よりいっそう緻密な戦闘描写・心理描写で凄まじいです。


 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed