GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 雑記



映像作品



「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q BD/DVD」


2012年に公開された「エヴァQ」のパッケージ版。やや本編では荒削りであったところ等、修正点が多くクオリティアップされていてとても楽しめた。というか、本編を解読するには必須のモノ。今でも見直す。


「マルドゥックスクランブル(アニメ版)」


冲方丁原作でGoHands制作のSFアニメ。娼婦の少女「バロック」は、変幻自在超高性能八嶋智久ねずみ「ウフコック」と出会い、人生を変える。「圧縮」の衝撃が凄まじかったです。


「妄想代理人」


今敏TV初監督作品。スランプに陥っていたイラストレーター「鷺月子」は、ある日”バットを持った少年”に襲われるが…それから始まる刑事物!かと思いきや、後半は今敏ワールド全開でハチャメチャ。オムニバス形式で、描かれる謎の”少年バット”の正体とは。


「新世紀エヴァンゲリオン Air/まごころを、君に」


いわゆる旧劇場版のエヴァ劇場版。最後のシ者は倒したが…
社会現象となった本作品の一番の見どころは、やはり定番ではあるが弐号機と量産型の戦いであろう。
磯光雄、吉成曜、岡村天斎らが描く圧巻のアクションシーンは必見。


「電脳コイル」
電脳コイル 第1巻 通常版 [DVD]
折笠富美子
バンダイビジュアル
2007-09-25


磯光雄つながりで。初監督作品。転校してくる”2人のユウコ”から始まる、ドタバタSF。 朴さんの声が良かったです。主人公やクラスメートは小6なんですけど、凄い曖昧な時期で大人にも子どもに属さない。そんな多感な小6の間で”メガネ遊び”が流行っているというのは、何だかこう地方で一時ブームになる遊びみたいで面白い。


「東京ゴッドファーザーズ」 
東京ゴッドファーザーズ [Blu-ray]
江守徹
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-11-21


ホームレス3人がクリスマスに奇跡を起こす話。今敏監督作品。
この作品の見所は、各登場人物の表情です。愉快なほどに、表情はこねくりまわされます。
ストーリーは、まあ赤ん坊をゴミ捨て場で拾うんですけど、そっからのどたばたが面白い。


「パプリカ」
パプリカ [Blu-ray]
林原めぐみ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2007-05-23


今敏監督作品。 他人の夢の中へ入れる高性能サイコセラピーマシン「DCミニ」が、外部の人間に渡ってしまい、犯人を探す物語。「DCミニ」での治療をする刑事も交じり、事態は混迷していく。今敏の永遠のテーマであろう、”夢と現実のあいまいさ”は本作品でも際立っており、しかししっかりと描写されている。エンドカットが最もすばらしい作品と思う。


「千年女優」 
「パーフェクト・ブルー」
今敏監督作品。(力尽きました。年明けで追加更新します)




小説・漫画



「ようこそ地球さん」


星新一のSS(ショート・ショート)。うまい皮肉や起承転結、そして重厚なSF成分が含まれています。
殉教も好きだし、ピンクの煙もすき。活字嫌いの人にもおすすめ。


「ボッコちゃん」
ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一
新潮社
1971-05-27


これまた星新一。
短篇集であるので、あまり言うことはないんですが、とにかく星新一という人はSFの想像力、そしてそれを読み手側に喚起させるのが本当に巧い人です。


「アルジャーノンに花束を」


ダニエル・キイス著。ある知的障害者、チャーリーゴードンはとある脳の手術を受けます。  そのおかげで世界で一番賢い人間になるのですが…アルジャーノンとは実験に使われるマウスの名前。
この小説はそれなりに分厚いのですが、それを感じさせない巧みな翻訳には感動しました。 最後は何度読んでも悲しくなります。

ちなみに「新世紀エヴァンゲリオン劇場版」の26話のタイトル、「まごころを君に」はこの映画での日本語タイトルから来ています。


「BILLY BAT」
BILLY BAT(13) (モーニングKC)
浦沢 直樹
講談社
2013-11-22


浦沢直樹作品。コウモリと巻物のお話。主人公は漫画家で予言の続きを書くことができるとか何とか。
いつもの通り、今は面白いです。 
今は…ですが。しかし、浦沢直樹は本当に各話短編的なモノは巧いですね。オムニバス形式とは言いがたいんですが、上手くパズルのように組み合わせて…
個人的には、月にコウモリの絵が描いてあった所が一番良かったです。


「彼氏彼女の事情」


アニメ版は途中までだったので購入。
最後までしっかりと面白い。有馬くんのトラウマたるお母さんがいたりするんですが、それから逃げないで立ち向かうのがとてもいい。やっぱり真の主人公は有馬くん。

後、芝姫カワイイ。


「ハカイジュウ」


寄生獣のパクリかな?と思いつつ読みましたが、そうでもありません。
パニック漫画です。でも絵が綺麗(※無駄に背景を入れてないので、コントラストがはっきりしているという意味)なので、見やすくて結構読めました。
まあ、10巻ぐらいの「目が弱点よ!」的なとこぐらいまでしか読んでないわけですが…
続きも早く買いたいです。



ビジネス・エッセイ・その他


「遺言」
遺言
岡田 斗司夫
筑摩書房
2010-10-23


岡田斗司夫著。DAICONから、ナディアまで様々な視点からのガイナックスが語られます。ここまで具体的に言及されたものは少ないというか無い。「エヴァ」が大ヒットするまでは、ゲームの方が儲かってたりとか、「ナディア」の時のNHKのお偉いさんとの揉めあいとか、「ヤマト2」が持ちかけられていたりとか、裏話満載です。


「細野真宏の経済のニュースがよくわかる本」


円高・円安から、基本的には基礎知識をわかりやすく論理的に説明してる本。
中高学生でも読めると思いますし、むしろ読んどけば良かったと少し後悔…
一つ欠点は、論理重視なので知識不足に陥りがち。でもまあいい本です。


「決算書がおもしろいほどわかる本」


簿記・会計知識が無い人でも読める、決算とは何か、財務諸表とは何かがそこそこ分かる本。最低限の用語で解説されているので、読みやすく分かりやすい。


「税金のしくみとルール」



税金に関する基本的な事項を紹介。一般のサラリーマンの方にはあまり馴染みのない源泉徴収の意味や、還付金などの所得税を中心に解説されています。図も豊富なので見やすい。


「20歳の自分に受けさせたい文章講義」


文章術の本。本多勝一さんの本とか、高校現代文で有名な田村さんの本とか、色々読んできたんですが、なかなか斬新。でも基本は同じですね。接続詞はやはり大事であるとか、そこらへんのテンプレも深みを増しつつ、”書く”という行為は”翻訳”という面白い切り口から書かれています。読みやすいです。



SS(ショートストーリー)


lw´‐ _‐ノv「世界が終わるようですよ」( ・∀・)「なんと」

別の記事でも紹介しました。2013年発表のSF作品。
今季はこれがベストだと思います。(そんなに読んでないですけど)
海面上昇して陸が無くなってしまう、そんな危機に対しての様々な人々の反応。
そして生き方。起承転結していて、なかなかいい作品です。 


「( ^ω^)ブーンがアルファベットを武器に戦うようです」 

言わずと知れた名作。2006年から連載開始。
ようやっと2012年で連載が終了しました。で、読んだのが今年。
ラストのショボンとの戦いは、よりいっそう緻密な戦闘描写・心理描写で凄まじいです。


 


ちょっと整理のために


【アニメ】
・ 風立ちぬ
・ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
・ かぐや姫の物語
・ 東京ゴッドファーザーズ
・ 妄想代理人
・ 電脳コイル
・ 亡念のザムド
・ 機動戦士ガンダム(1~3話)
・ パプリカ
・ 機動戦士ガンダムUC
・ 東のエデン(2回目)
・ 劇場版新世紀エヴァンゲリオン(5回目ぐらい)
・ 人狼
・ ももへの手紙
・ おおかみこどもの雨と雪
・ マルドゥックスクランブル
・ 進撃の巨人
・ AKIRA(2回目)
・ プラネテス
・ スチームボーイ
・ メトロポリス(3回目ぐらい)
・ はたらく魔王さま!(最後まで見てない)
・ 攻殻機動隊 SACの劇場版
・ 攻殻機動隊 ARISE boader:1
・ 009Re:サイボーグ
・ 言の葉の庭
・ 秒速5センチメートル(1話で挫折)
・ 魔法少女まどか☆マギカ(4話で挫折)


【邦画】
・ チーム・バチスタの栄光
・ 贖罪(ドラマ)
・ 告白(2回目)
・ 容疑者Xの献身


【洋画】
・ ザ・フライ
・ ザ・フライ2
・ ターミネーター2
・ ターミネーター3 
・ 2001年宇宙の旅



思い出せるぐらいでこんくらい。
思い出せないけど、萌え系とかハーレム系も見てます。IS2期はまだだけど。


「監督不行届」の中で、庵野監督が語っております。
(※監督不行届っていうのは、安野モヨコさんが描かれた時折フィクションも交えつつ、カントクくん=庵野秀明との日常を紹介するような非常に面白い漫画です。)

いわゆるオタクの内包的特徴を挙げると、内向的でコミュニケーション不全、つまり他者との距離感が適切につかめないとか、自己の情報量や知識量がアイデンティティを支えているとか、執着心がすごいとか、独善的で自己保全のため排他的だとか、会話が一方的で自分の話しかできないとか、自意識過剰で自分の尺度でしか物事をはかれないとか、ナルシスト好きだとか、肥大化した自己からなりきり好きであこがれの対象と同一化したがるとか、攻撃されると脆い等々、とかくネガティブイメージの羅列になってしまう

<監督不行届 P139~143 庵野監督 カントクくんを語る>

グサグサっと刺さってしまいますね。
箇条書きすると、こんな感じ。

☆オタクの内包的特徴

①他者との距離感がつかめない、内向的でコミュニケーション不全
②自分の情報量や知識量がアイデンティティを支えてる
③執着心が強く、独善的、つまり簡潔に言うと”自分勝手”
④自意識過剰で、自分の尺度でしか物事をはかれない
⑤自己陶酔することや、肥大化した自己をもつ
⑥⑤の結果、あこがれの対象と同一化したがる
⑦攻撃されると脆い


まあ外ヅラな特徴は、勿論人の姿かたちのことですから挙げようはないですね。
”偏見”としての特徴なら、あると思いますけど。


これはオタクの精神特徴をすごく上手く説明してるなあといつも思うわけです。
オタクでないにしても、これに当てはまる人は多いと思いますし。
(※つまりは、オタク予備軍)

僕も、昔からこんなにアニメ見てるわけじゃないんです。当たり前ですけど。
でも、自分の精神特徴は昔から変わってないだろうし、これからも変わらない。
「オタク」になる前の自分と、「オタク」になった後の自分ではおそらく精神的に、内在する心的な変化はほとんど無い。知識面での違いはあったとしても、心とか価値観はそんな変わってないと思うんです。

じゃあ、「オタク」ってなんなんだろう?
そういう疑問が出てきたんです。単純に、そういう人達の集団を分類したもの、と言われればそれまでなんですが。

やはり、「オタク予備軍」である人は結構な数いると思うんですよ。
だれでもっていうわけじゃないですけど、上の要件を3つでも満たしてたら「オタク予備軍」です。
その対象がアニメに行くか、漫画に行くか、SFにいっちゃうか、舞台にのめり込むか、電車にいっちゃうかだけの違いで、「オタク」になると思うんですね。

それも一つのものだけでなくて複数オタクを兼任する人も相当数いるんですよ、多分。
(※ちなみに上のジャンル全部のオタクになっちゃったのが庵野秀明)

例えば、「SFアニメ、映画」、これだけでジャンル二つ重なりますからね。
「エヴァ」何か観た日には、ミリタリー系からSF、果てはキリスト教までヘタすると「オタク」の対象となる(笑)

これらは、単純にはマニアになるってだけのことなんですけど。自分の中では、オタクの中にマニアが内包されてるイメージです。つまり、マニアはオタクの一つの要素でしかない。



簡潔に結論を述べますと、オタクになる可能性はだれでも十二分に持っているということです。
(※全くオタクになりそうにない、ギャルの姉ちゃんでもブランド品には詳しいでしょ?あれを想像してもらえると、理解は進むと思います。)

釣りでもバイクでも、麻雀でも、将棋でも、何でも、その道を極めるわけではなくて、詳しくなるだけですけどね、オタクは(笑)
だから、トップレーサーにはなれないし、麻雀プロにも、将棋の名人になれるわけでもない、というかそこを目的としていない、もしくは頓挫した。

ただ「このバイクのその部品がどうのこうの」とかのうんちくや、「麻雀での牌効率」だとか、こう趣味的な楽しみ方をするんだと思います。作画オタクであるならば、絵は描けないけど、「この人の絵の特徴はすぐ分かる」とかですね。 

特にオチも無いんですが、まあオタクやマニアって増殖してるし、ただ単に呼び方が違うだけで沢山いるんじゃないのかなあってことを今回は少し考えてみました。

ではでは。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed