GOMISTATION

足が絡まっても、踊り続けて

カテゴリ: 雑記


■田中宏紀さんについての記事

この前とある所で話していたところ、どうにも田中宏紀のエフェクトは自分の想像とは大きく異なっているらしいことが判明した。うーむ、話を聞く限り、田中エフェクトは3区分ほどありそうで把握が難しい。「なのはvivid」の鏡餅ケムリが通常スタイルだと思っていた(というかまったく分からん)自分では、時間がかかりそうなので、

お話を伺った方に頼み込んで書いていただいた。ありがたい。ご紹介。

田中宏紀煙について - iwakawaのブログ
http://blog.livedoor.jp/iwakawa_sakuga/archives/5658717.html

gif盛りだくさんで楽しい。

僕にとっては、「なのは」「血界戦線」あたり(2014.15)の鏡餅エフェクトが田中さんの煙だと思っていたので、そこそこ衝撃的。というか、スタイルめっちゃ変わってる。3個ぐらいある。田中さんの特徴は、衝撃波・爆風・気流の流れかなあ。田中さんはファンも多けりゃMADもアホみたいに多いんだけど、整理した文章は少ない印象ですね。なんとも、もったいない。


■近況
忙しくなってきた。今年は月1更新できたらいい方。雑記とかで(インターネッツ的)生存報告はできるけど、gifを使った記事は今年ほぼできないと思う。あれ地味に時間食う。ただ上げたい記事はあるにはあるから、そこに全力を尽くす。現行のアニメは物理的にムリ。つか3月くらいから、ほとんどまともな更新してないよね(´・ω・`)スマンコ


201308051040568d6
(通算何回目の登場でしょうかね)

ここのところ雑記ばかりで申し訳ない。気力が足りてないだけ、忙しくは別段ない。

■グラビトンの件とか

グラビトンの件が滞りがちな件について。増尾の87-88年作画変遷、グラビトンの調べは正直今はできないかも、申し訳ない。何言っても言い訳になるけど、気力が湧かない。言葉だけで、地に足がついてなかったと思う。

「グラビトンとその周辺の作画を体系化する」という理想を掲げたはいいけど(というか本当の目標は「なんでAKIRA周辺の増尾作画が異質なものになってるか」について)、掘れば掘るほど大変だなあということが分かって、心が折れてしまった。体系化っていうのは、様々に見て、調べた、比較した、分析したことの積み重ね・蓄積の結果であって、最初からそこにいこうとするのは素っ裸でエベレストに登るがごとし。すなわち、無謀。だから、気力が湧かないんだと思う。書類の山を見てやる気なくすみたいな。1枚ずつ取り組んでいったら、意外といけんじゃんみたいな感じに取り組めば良かったなあ。気力が復活したら、できるとこからやっていく。だから、長期的になると思う。



■ツッコミ待ち記事はスルーすべし

いつごろから流行りだしたかは分かんないけど、「ツッコミ待ち」みたいな記事があるよね。わざと文章に穴あけて、「おーい、ここ殴ってくれや~」みたいな記事。コピペ貼っつけて、レス乞食するみたいな。こういう記事の対処法って、もう構わない・言及しないしかないんだよね。ブクマしたりツイートして「この記事の穴は~」ってやったとこで得すんのは、ゴミ記事描いてるヤツだし。だから、腹立つなあと思っても言及しないでスルーするしかない。

そんなのに構う前に、面白い(「あーいい内容だなあ」みたいな)記事を広めた方がよっぽど良いと思った。ツッコミ待ちの記事に構うと、どんどん良い記事って埋もれていっちゃうから、よくねえよなあと。下衆なツッコミ記事の片棒を担ぐような真似してたんだから、まあ共犯ですよね。

そんな感じに思いました。

後は鼻炎に苦しんでる。ひどい時はくしゃみ1日100回はするからね、比喩でなく。一通りくしゃみも鼻水が落ち着くと、人生の辛いことがすべて吹き飛んでいくくらい、幸せに感じる。パブロンカプセルほんと効くので(頓服として)オススメしたい。強いから常用はあかんけど。

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed