GOMISTATION

馬之翁塞

カテゴリ: 雑記


もうナンバリング面倒なので、日付にしようかなと思い始めている

■重たい空気
この国のどうしようもない空気、村社会的構造(排他的)を風刺したアニメといえば、やはり真っ先に「東のエデン」が出てくる。「東のエデン」は、TV版ではニート2万人の力によって防衛し、滝沢朗が王子様になって終わる。劇場版では、滝沢朗が最後にみんなに1円ずつ配る。「東のエデン」の答えは、誰か一人が汚名や責任を被るか、みんなで責任を取るかの二択であり、現状は前者になってることの風刺だと俺は解釈してる。劇場版は、TV版へのアンサー(一人を悪者にしない以外の方法)であって、この国のこの雰囲気はみんなが作ったもので、1円ずつ振り込むことで国民全体に責任があるものと意識してもらうこと、と思う。

「ガッチャマンクラウズ インサイト」は、「ゲルサドラは地球に残ってもいいか」という命題を課し考える期間を設けることで、国民全体の意識に原因/責任があるとして終わる。現状への風刺は、劇中内で散々に映像的にも脚本的にも行われており、厳しい捉え方(すなわち、宇宙人でも来て洗脳一歩前までいかなきゃ変わんねえんじゃねえのかこの国民はという呆れ顔)をしている。ニュアンスとしてはエデン劇場版に近い。

エデンはある程度、個人の考え方の変化にかかっているというニュアンスが強かったと記憶しているんだけど、対してインサイトは個人の考え方というよりは、デバイス/SNSへの警鐘が強いように映った。すなわち、クラウズではSNSの可能性を信じ希望があるとしたんだけど、インサイトでは「ネット投票」という利便性と「他者が発信する情報に飲み込まれ(主体性を失う)る」という情報リテラシーの危険性を描いていて、しかも後者の方に重きを置いていた。便利なモン使う前にすることあるんちゃうんの自分ら、ちゃんと考えてから使おうやみたいな。

それで、コストコの話題にも現れている通り、おそらくこの国の雰囲気は外圧でしか変われないんだよね。女性の社会進出/権利/地位もそうだけど、外国から「日本はちょっとおかしい」と言われない(言われても中々難しいけども)と構造が変わっていかない。「他人から変な目で見られたくない」という意識が強すぎるがゆえに、主体性が弱く他者の評価軸で行動する。これが日本の今の雰囲気の原因であって、なおかつ(皮肉にも)外国や外部からの圧力によって変化が期待できる要因でもある。

そう考えていくと、この国の雰囲気に触れた/先を予見したアニメというのは「新世紀エヴァンゲリオン」ではないかと思っちゃう。ミサトが「他人のことなんてどうでもいいでしょ!」とシンジを叱責したのは象徴的である。シンジは他人の評価なしには存在意義を証明できず、その上主体性を発揮すれば(「逃げちゃだめだ」で軍令に背きイカ使徒を倒す、3号機は使徒だ倒せ→「アスカが乗ってるから倒さない」、「世界を救え」→「どうでもええわ、綾波を救う」)、出る杭は叩かれる(「はい、ダミーシステム」&追放、「あなたはもう何もしないで」)といった様相は素晴らしく村社会的である。

それでもQのシンジは最後まで自分のやりたいように積極的に行動したんだから、映像的にはああいう傷つきながらも生きていくのが、庵野監督の(社会や業界の閉塞感に対する)答えなのかもしれない。パヤオの「庵野は傷つきながら生きている現代では数少ない人間の一人(風立ちぬインタビュー内の言及)」という言葉の意図がよくわからなかったんだけど、それは正直に生きて他人から色々非難/中傷されながらも、自分の主体性を貫き通している(精神を病んでも変えない)という部分にあるのかもしれない。


■こういう姿勢でええんやないか
imgfdbb39abq84mu7

ブログに限らず意見とは、これに尽きるのではなかろうか。「1人に届ける」という意志はその個人に依存してしまい、その人物がいなくなれば(もしくは何かあれば)儚くも意味が無くなってしまう。これに陥ってしまうと、駄目な有馬コーセイ状態になってしまう(いや基本はこれでいいのだけれど)。もっと間違えて、そのたびに謝っていこうぞよ。


■見本市とはなんだったのか/パクリの思想

見本市とはそもそもの意義・目的として「自由な創作の場の提供」がメインであったはずだ。しかし、蓋を開けてみれば、何が自由なのかというくらい過去作品のオマージュ・パロディが相次いだ。作品制作はいかようにしても過去作品の影響なしには作れないので、どこかで「元ネタ」のモチーフやデザインを使うことはある。対して、見本市の作品は、まず「どこから元ネタを引っ張ってこようか」という点からスタートしているものが多い印象を受けた。これは先の雑記の新海誠評とも被る部分が多い。この点において、何とも言えない作品が多く制作されてしまったと思われる。だからこそ、オリジナルのストーリーをやりきった「ヤマデロイド」はすごく優れているのだ。

もっと監督やってない人にやって欲しかった思いもある。「マッキーの金曜日」「ハンマーヘッド」は面白かったけれど、どちらもベテランで経験豊富だ。堀内江本ペアみたく監督経験がない人に振ってこそ、見本市ではないんだろうか。企画タイトルに引っ張られてしまった感じも少しするな。これしきのことでカラーは経営悪化しないというのは、遊興や版権収入にやはり強みがあるんだなと感じる。出資比率は分からないが。


■最近読んだ記事

・同人活動をやめた
http://anond.hatelabo.jp/20160107215647

すごくよく分かる。やっぱ問題はすべて人間関係に行き着く。アドラーは正しい。


・たかせん@Wiki - 柳田悠岐 
http://www37.atwiki.jp/sh_takasen/pages/28.html
-------------------------------------------------------------------------------------------------
(森本との対談で牽制来てるのにシャッフル踏んだことについて聞かれ)
柳田「あれは代走で出て、このピッチャー、牽制かホームか特徴があって、『あーはぁ、こんな感じね』みたいな。『こういう時はホーム投げるんじゃ~』みたいに思って。『はい、こん時はホーム~!』って、ちょ得意げにシャッフルしたら、『ひぇええええ!!ホーム(のはず)がぁぁぁ』ってなってぇ~(笑)」 
-------------------------------------------------------------------------------------------------

笑った、映像付きで見たい。


・天文・天体系アニメに外れ無し
http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1452134005/
類似アニメ検索(http://ruijianime.com/main/tag_search_easy.php?tag%5B%5D=202、※これ便利かも)

金星探査機「あかつき」の軌道失敗から5年ごしの再突入と、JAXAの苦闘も報道され確かに「宇宙・天体ブーム」といっていい。この中だと「プラネテス」「ふたつのスピカ」ぐらいしか見てないんだけど、やっぱロマンあるよね宇宙は。JAXAの苦闘をアニメっぽくやるだけでも面白いんじゃないんかと思う。エヴァQアバンも似たようなもんだし、「なんだかよく分からないけどヤバそうな事態」が進行するのは緊張感あって好み。制作はサンジゲンでお願いしたい。


・[コメント] 星を追う子ども(2011/日)先生は性欲が強い
https://t.co/AWzwg0mhPA
-------------------------------------------------------------------------------------------------
新海誠先生は、庵野秀明が「ぼくたちにはコピーしかない」と言いきった後にノコノコ出てきた世代である。先生が描けるものは半径5メートルの世界、夕日差す放課後の教室、ガードレールと電信柱、蛍光灯の明滅、舞い散る桜、夕闇に灯る水銀灯、トンボ消しゴム、JR埼京線などであって、半径5メートルを超えるモチーフはすべて他のアニメや小説から安易にパクッてきた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

これすごく面白かった。「言の葉の庭」でようやく主体性をもたせらしたのは大きいと思っていたけれど、なるほどそもそも主体性を付けるに至らないと。



■3月のライオンの件

今の新房さんってマクロスの河森みたいな立場じゃん。総監督(※正確には監修という方が語弊ない)でやってんだから。そんで、この「3月のライオン」についても僕は端から新房が監督やるとは思ってないし、いつものごとく宮本龍輪さんたちにチーフディレクター振るのだから、そもそも新房がどうのこうのの問題ではないと思ってる。こういう風な立場から、シャフト(not新房)がやるんだなという面持ちでいたんだけれど、拡散されたタイトルが良くなくて、似て非なる物言いが続発してしまった。「新房監督!制作会社はシャフト!」みたいな感じに煽ってしまったせいで、制作会社によって合う、合わないを言い出してしまって、もうしっちゃかめっちゃか。合うかどうかは疑問だけれど、シャフト単位で見るのもまあガイナしかりもう仕方ないことかもなあ。

シャフトの問題点は、そのシャフトっぽい演出という抽象的な部分にあるのではなくて、コントロールが不安定なデザインや技術・リソース不足だと俺は思う。何が原因かは分からんけど、作りこもうとしすぎと思う。全体の世界観を否定して、カット単位で構築するのが意図的であるなら、俺は何も言えないんだけど。簡単にいえば、ディレクターズカットがしばしば批判されるように、「過剰すぎる(やりすぎる)デザイン」が良くない。よく「シャフトの背景は手抜きだ」という意見が見られるんだけど、むしろ過剰でやりすぎと思う。当然背景とイメージBGは分けて考えなきゃいけないけど、それすら手抜きと思ってそうな人が多い。実験的な演出は良いし好み。やっぱ演出というよりはデザインや技術の問題ではないかなと思う。ちなみに、別に新房さんが好きなわけではない。

「3月」っていうのがまた良くなかった、記憶に新しい「四月は君の嘘」を想起させるようなタイトルで、間が悪い。君嘘はアホほど丁寧な作りだったから、3月にもそれを期待してた人が多いんじゃないのかな。僕は「カレカノ」スタッフぐらいしか、このドロドロなエゴは描けないと思っちゃう(※完全なる身内びいき)。庵野はゴジラ作ってるし、そもそも分散しちゃってる悲しい。 

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2017 All rights reversed