GOMIstation

2025-1


やあおひさおひさ、おひたし( ^ω^)

上妻晋作さんの作画ってなんかすごいけど、派手じゃないからなにがすごいのかわからない、タイミングが抜群なんだと思うけど、やっぱりよくわからない、言語化して欲しいっす  
元記事:「チェンソーマン」1話の演出と、上妻晋作作画と、あと食パン

記事要望(?)いただきました。
しかし、

少なく見積もっても、6ヶ月全力奴隷映像視聴メモマンは必要です。
お給金もらいたいレベル。

マア、6ヶ月で到達できるとも思えない。
おっしゃるとおり、上妻作画の「独特なタイミング」があります。

ただ、ぶっちゃけだいぶ言語化できています。
できている方なのよ(´・ω・`)

金田系から直系の発展として歩んだのが、山下将人だとすれば、発展系としては異色の存在である上妻作画。本人の独特な(金田系以外からルーツを得た?)タイミングが混在している。元からあったのかもね。「幽遊白書(1992)」や「餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-(1994)」などが特徴的かと思われます。

最近だと、「神撃のバハムート(2017)」や「ニンジャスレイヤー(2015)」かな?

まあでもかれの言葉を思い出してみれば、ボクに求められるのは「ルーツの探求」ではなく、それがどうしてこうなったか、どういう振る舞いをしているか、といった言語的な解説の方ですよね。それは理解しているつもり。



少しだけ述べるのであれば、かれのタイミングには「間」があります。ボケとかツッコミとか、そういう漫才的な間が近いといったらよいか。要するに、空気・雰囲気を作るタイミングがある。

・なにかのアクションをしている最中
・アクションが終わったあと

ニンジャスレイヤーなんかは特に顕著ですよね。立ち上がりアクションの所作じたいがちょっと変わってて、普通のポーズトゥポーズ(キーとなるポーズの原画からポーズの原画へと移る)ではない。でも、ストレート・アヘッド(原画を頭から書き下すこと)かと言われると違うと思う。

いま見直して思うことは、ポーズトゥポーズの「ポーズ」部分が違うんじゃね?って感じ。空中跳びとか、ガニ股とかそういう典型的な金田系のポーズではなくて、「ポーズをさらに割っている」といったらいいのかな、細分化している感じがある。

ニンジャスレイヤーを例に取ると、
(赤い方の忍者)
立ち上がり(腰ジャンプ)→着地→将棋キック→余韻→エフェクト



という構成になっていますよね。将棋キックのところで、一つ「上妻式の間」を作ってゆったりとさせて、吹き飛んだあとにまた一つ間を作って煙(エフェクト)が出てくる。


この「上妻式の間」の研究と、「上妻式ポーズ」の2つに大別されると思う。言語化するなら。

kouzuma


でもさあ、それ以上に今回思ったのはさあ、

上妻作画って改めて見ると、マジで異質でセクシーだねw
こういうタイミングを取り入れている(なおかつじっさいにアニメーションでその思想を実現している)人は、上妻さんと野中さんぐらいじゃないかな。ぼくが知っている範疇では。


公式サイト
薬屋のひとりごと
(The Apothecary Diaries,药屋少女的呢喃)

なぜかうちのおかんがハマっている。
中国の後宮(大奥みたいなもの)を中心としたミステリー作品。

[2024]薬屋のひとりごと[op].mp4_snapshot_01.00.603



正直、OPは世界観がおしい…( ^ω^)
ただ、作画と撮影はすんんごい。これはマジ。


特にここかな~

落下する猫猫
20240223193913

この沈んでいく顔の、独特な俯角のアングルは中々に難しい
動画もキレイじゃないと成立しないですね すごい
田中宏紀ではないのか?分からないけど
2024/04/04
※コメントで情報いただきました。「おだし」さんという方の担当カットとのことです)
https://twitter.com/dashi_oishi/status/1739238120082808880



ほらーニヒルに笑って
20240223193900

派手なドレスをまといながら、蝶々オーラが追尾する猫猫
これよく分からない気持ち良さがあったんですが、謎が解けました
(この発見はおれが最初だとおもう)

それは、板野サーカスです




板野サーカスは深掘りして解説しようとすると、
50,000行かかるので、簡単に(乱暴に)いくおー( ^ω^)




1、被写体(だいたいミサイル)を画面手前に配置する
itano01

アホみたいな画像ですが、丸いのが被写体です。
これ、画面的にはファッキングに「大きい」ですよね?
(バカにはしてません)



んで


2、急速に離して、画面奥に被写体を持って行く
itano03

同様にこの被写体は、画面奥へと離れていったので、
「小さく」なりますよね?

めちゃくちゃ乱暴にいうと、
この繰り返しをうまいことやって成立するのが「板野サーカス」です。


参考動画


1つ目の作画に注意してみてくれいー

<1>
itano01

ミサイル大きい!


<2>
itano02

ミサイルちっさ(葬送Fさん談)



はい、そういう感じで捉えてもらって、もう一度見ると…

20240223193900

[2024]薬屋のひとりごと[op].mp4_snapshot_01.00.603 [2024]薬屋のひとりごと[op].mp4_snapshot_01.02.104

(説明は必要ないと思いますが)
猫猫をミサイルに置き換えてください
ここでは急速なスピードが付いているので、余計に板野サーカスっぽい


もしかしたら、いろんなシーン・カット・ショットで基本原理としては使われているのかもしれないですが、そこは不明です。でも、これって板野サーカスが絡んでそうじゃない?どう?ただのクイックな動きだから気持ちいいだけかな?



[2024]薬屋のひとりごと[op].mp4_snapshot_00.56.806

あとはもう撮影が本当にキレイで…
令和の時代にこんなにくっそ良いタイミングでクロスフィルターを入れることは個人的には嬉しいですが、リソース無駄にしてそう。でもいいんですよ。誰かに刺さればね。アニメなんてそんなもんです。


また3番目とはね、変わらないな…キミは
会えるときが楽しみだy

( ^ω^)…いこうぜ!



その1
名無しさん:
堅くて面白くないアニメも分けて紹介して欲しい

元記事: 省エネでコミカルな表現① / 2023秋アニメ「私の推しは悪役令嬢。」

「堅くて面白くない」アニメといえば、
(どんな定義なんだよw)
押井守のコメディではない作品ですね。
・天使のたまご
・スカイ・クロラ
・人狼(監督は沖浦啓之)

この辺がマアお堅くてあまりおもしろくはないんじゃないんでしょうか。ボクは好きだけどね。単純に陰鬱なシーンというか、単調なシーンが連続する。





はい次ィ!


名無しさん:
アニメの結構最初のほうの炎上しながら走って停止するの好き

元記事: ガルパン劇場版に見る、エフェクトに込められた技術と意味

劇場版:最終章2本目の爆発シーンは特に良かったですねえ。
ちょっと映像の方がないんですけれども…( ^ω^)
(※川を渡るところの木材の破片が飛び散るシーンですね)




ただ折角コメントをいただいたので・・・
なにか紹介しておこう


やはり最終章といえば、OPの花びら満開エフェクトが至上
これが素晴らしい


■ガールズ&パンツァー最終章(2017-)OP

20240104114153

砲弾ドカンからの爆煙
この爆煙が散っていく花びらに移り変わっていく様がよき
花びらの舞い方によって、孤高なみぽりんの頂点君臨感を演出するのだ
(このレイアウトすごい良いおね・・・( ^ω^)右手前の大きな花の配置が良いのだ多分)


https://www.youtube.com/watch?v=XpIKBdEnnFw
1カット目でコレをやられるんだから、たまったもんじゃない!


ことしもおつかれサマー( ^ω^)
アニメの話はあとで!


【フェブラリーS  / 東京・ダ1600m / 晴・良】
レモンポップ:坂井瑠星(1人)
(父レモンドロップキッド 母父ジャイアンツ・コーズウェイ)

日本では活躍馬が出ていなかったレモンドロップキッド産駒だが、傑物登場。南部杯では果敢に逃げて、大差勝ち。母父の存在も、ダーレー・ジャパンでの種牡馬入りは確実なものにするだろう。


【高松宮記念 / 中京・芝1200m / 小雨・不良】
ファストファース:団野大成(2人)
(父ロードカナロア 母父サクラバクシンオー)

団野jは初G1制覇。若い世代の中心となれるか。
ロードカナロア産駒は久々のG1勝利。陰りは見えるが、まだ短距離では健闘できるか。
所有者:安原浩司さんも初G1勝利。
(※ボクは彼の勝負服がいたく好きでとても嬉しい)


【桜花賞** / 阪神・芝1600m / 晴・良】
リバティアイランド:川田将雅(1人)
(父ドゥラメンテ 母父オールアメリカン)

去年に引き続き、ドゥラメンテ産駒が桜花賞を連覇
(昨年はスターズオンアース)
圧倒的な末脚で最後方から全馬を抜き去った。
ラストクロップは2022年生産馬(2023年現在1歳)で、後継の誕生が待たれる。


【皐月賞* / 中山・芝2000m / 晴・重】
ソールオリエンス:横山武史(2人)
(父キタサンブラック 母父モチベーター)

弱い弱いと言われ続けた今年の3歳世代(2024年では明け4歳)、やはり弱いと思う
今年のキタサンブラック産駒はイクイノックスとソールオリエンスの2頭だけだったか。
割りとソールオリエンスは重馬場でも、時計がはやい馬場でも対応ができるけれど、本質的には2000mで重たいのが合ってそうではある。


【天皇賞・春 / 京都・芝3200m / 曇・稍】
ジャスティンパレス:C.ルメール(1人)
(父ディープインパクト 母父ロイヤルアンセム

3年ぶりとなった京都開催での春天。
ディープインパクト産駒はこれで13年連続のG1勝利を飾った。あまりにも偉大。
後継種牡馬はコントレイルかキズナか、それともダノンキングリーか。

母父ロイヤルアンセムは2000m以上の距離で活躍した欧州馬。
来年以降も中長距離路線における活躍を期待したい。



【NHKマイルC* / 東京・芝1600m / 雨・稍】
シャンパンカラー:内田博幸(9人)
(父ドゥラメンテ 母父レックレスアバンダン)
ドゥラメンテ産駒、3歳G1で活躍し過ぎ問題。
さほど馬場を選ばないのも良い。
内田博jは2018年フェブラリーSのノンコノユメ以来のG1勝利。


【ヴィクトリアマイル* / 東京・芝1600m / 小雨・良】
ソングライン:戸崎圭太(4人)
(父キズナ 母父シンボリクリスエス)
SS3*4

まとめますが、安田記念は2年連続の勝利。
VM→安田記念の連覇は、ウオッカ以来であった。
[※安田記念 / 曇・良:戸崎圭太(4人)]


【オークス** / 東京・芝2400m / 晴・良】
リバティアイランド:川田将雅(1人)

ドゥラメンテ産駒が桜花賞に引き続き、オークスも連覇。牝馬2冠を2年連続で達成した。これは日本競馬史上初。ディープインパクト産駒においても、ジェンティルドンナとミッキークイーンの2頭が別年(2012、2015)で2冠を達成しているのみであった。

ただ、ドゥラメンテ産駒はキンカメ×サンデーサイレンス×トニービンと日本競馬の主要血統が濃く入っているので、インブリードがきつい。そこが難点か。


【日本ダービー* / 東京・芝2400m / 晴・良】
タスティエーラ:D.レーン(4人)

サトノクラウン産駒は初重賞・初G1勝利。なお、勝ち上がり。
D.レーンjは日本ダービーを初制覇。
タスティエーラの近親にはトーセンホマレボシなど。
母父マンカフェはそこそこやれるのかも?

横山武jはこれで2年連続ダービー2着。父親似ですね。

-----------------------------------------------------------------
☆スキルヴィング号の予後不良が話題となった。もちろん悲しく、珍しい事象ではあるが、レースに出ることすら叶わず屠殺される馬がたくさんいると思うと、良い死に方だと思う。
-----------------------------------------------------------------


【宝塚記念 / 阪神・芝2200m / 曇・良】
イクイノックス:C.ルメール(1人)
(父キタサンブラック 母父キングヘイロー)

言うまでもなく。大外から強襲、最後方からの大まくりを見せた。
強い馬の条件は、やはり「勝ち切ること」。負けないことだなと再確認した次第。


【スプリンターズS / 中山・芝1200m / 曇・良】
ママコチャ:川田将雅(3人)
(父クロフネ 母父キングカメハメハ)

なんかあまり記憶にないレース。ナムラクレアはもうワンパンチ足りないのか。来年の宮杯でしっかりと勝ちきってほしいが、こういう馬はなかなかなあ。時計がかかればチャンスか。


【秋華賞 / 京都・芝2000m / 晴・稍】
リバティアイランド:川田将雅(1人)

至上7頭目の牝馬3冠を達成。ここ5~6年は本当に牝馬が強いですねえ。
来年のローテは、ドバイシーマ→VM→宝塚記念とかかな?
いちばん強いのは、マイル~2000mだと思う。

-----------------------------------------------------------------
☆秋華賞はもう少しどうにかならないか?問題
タフな府中2400mをクリアしたあとだと、京都2000mなんてラクショーすぎる。これだと3冠を測るレースとしては、やや物足りない。中山2200mもしくは阪神2200mとか、もう少しやり方はあるような気もするが。とにかく、京都2000mは府中2400mのあとでは意味がない。
-----------------------------------------------------------------


【菊花賞 / 京都・芝3200m / 晴・良】

ドゥレッツァ:C.ルメール(4人)
(父ドゥラメンテ 母父モアザンレディ)

またドゥラメンテだ!だれだよ!(またピネだ
言い切りますが、今まで見た菊花賞の中でいっちゃん意味不明だった。
なにこのレース…???まだよく分かんない。
母父モアザンレディはスプリンターとして活躍しました。どういうこっちゃ。


【天皇賞・秋 / 東京・芝2000m / 晴・良】
イクイノックス:C.ルメール(1人)

だれも勝てない、だれも追いつけない。
なにもかも異次元。そう思わされるような衝撃のレース。
前半3ハロン34.9、1000m通過は57.7のハイラップ。その3番手に付けたにも関わらず、イクイノックスは終始何事もなかったかのようにゴール板を駆け抜けていきました。
そら、2000万円スタートも納得です。


【エリザベス女王杯  / 京都・芝2200m / 曇・良】

ブレイディーヴェーグ:C.ルメール(1人)
(父ロードカナロア 母父ディープインパクト)

ステップ・トライアルレースを使ったにも関わらず、他のレースに出る場合は、繰り上げ当選を行ってもいいと思う。それぐらいしないとこういう使い分け・星の分け合いは止まらないでしょうね。ローカナ産駒は2020年以来の複数G1制覇。


【マイルCS / 京都・芝1600m / 晴・良】
ナミュール:藤岡康太(5人/当日R.ムーアの代打)
(父ハービンジャー 母父ダイワメジャー)

大外追い込みは藤岡康jに合ってましたね。上がり3ハロンは33.0!
ハービンジャー産駒は、2019年VMノームコア以来のG1制覇。


【ジャパンC / 東京・芝2400m / 晴・良】

イクイノックス(1人)

もはや語るべき言葉をもたない。
1000m通過は57.6、2000m通過は1:57.7。とてもタフなレース。
リバティアイランドもよく頑張りました。


【阪神JF** / 阪神・芝1600m / 晴・良】

アスコリピチェーノ:北村宏司(3人)
(父ダイワメジャー 母父デインヒルダンサー)

北村宏司は、2015年以来8年ぶりのG1勝利。
(これ以外に言うことがなくて草)


【朝日杯* / 中山・芝1600m / 晴・良】
ジャンタルマンタル:川田将雅(1人)
(父パレスマリス 母父ウィルバーン)

強奪ジョッキー、ここにあり。こういうのが競馬を面白くなくする。
今年はジャニーズといい宝塚といい、「ムラ社会」がトピックでしたから。
来年以降、少しずつでも改善されていくといいですね。
期待はしないでおこうね。ファッキン。

父パレスマリスは、ベルモントS勝ちの米国ダート馬。春天を制したジャスティンパレスの半兄。カーリアン系が微妙かなあ。米国ダートのリーディングサイアーは、イントゥミスチーフ(ストームキャット系)。


【有馬記念 / 中山・芝2500m / 晴・良】
ドウデュース:武豊(2人)
(父ハーツクライ 母父ヴィンディケーション)

スローペースで、タイトルホルダーを誰もつつかなかった。スターズオンアースに競らなかった。
もうこれはそういうレースだよなあ。どスローすぎて競馬になってない。最後はまくりから、急坂に強いドウデュースが勝ち切る形に。たぶん、レースとしては面白くないw
武豊が勝って、良かったなあくらいにしか思ってない。
未だにレース見てないですよ。

ヴィンディケーションはBCジュベナイル勝ち馬。
あとは久々に朝日杯、クラシック、古馬(になってから)G1の勝ち馬が出ました。
1冠馬に限ると、ロゴタイプ以来9年ぶり。
まるでグラスワンダーみたいですねえ。急坂が得意だし、似てるかもね?



【ホープフルS / 中山・芝2000m / 晴・良】
レガレイラ:C.ルメール(2人)
(父スワーヴリチャード 母父ハービンジャー)
SS3*4

新馬で圧巻の走りを見せた、レガレイラちゃんがホープフルSを勝ちきり。ラジオたんぱ杯が2000mに延長されてからは、初のメス馬勝利。暮れの中山はハーツクライ系が圧倒しました。皐月賞への出走も示唆しているので、これからが楽しみ。距離は延長した方が良さそう。皐月→オークス?ですかねえ?牡馬がだらしねえな♂ならば、ダービーも予定しているでしょう。


回収率?しらん!
今年はあんまりおもしろくなかったシーズンですね、競馬は。


まずはカメラワークから直してもらいたいものです。


おひさし、おひたし
1月ブリの更新ということで、もうはや新しい年が来ますね。


これが最近よかったんすわ~


■ 私の推しは悪役令嬢。(2023/秋/メインPV)
20231024233233
https://youtu.be/ngLo_IfemZE?si=en2s7lP2O3bGQdQe&t=25

キャラセル一枚でこの演出
言わずもがなではありますが、ただスライドさせているだけです。

それにしてもテンポがいいですね。
たぶん3コマで、頭の部分の↑と↓のいち往復を描いているんだと思う。

ああ、こういった表現を見たかった。
これだけローコストにも関わらず、情緒の表現をコミカルにやってのけている。

PVしか見ていませんが、これが最も優れていましたね。
他の表現で目新しいものは正直に言ってなかった。
(PVで存在しないんだから、本編にもなかろう)



アニメとはなんぞや、と最近おもうことも少なくなりました。

でも、「ぼっち・ざ・ろっく」は売れて、けろりらさんも有名になったので、
天国で野中正幸も喜んでいることでしょう。

Ft56qi4aAAMeKSM
野中系は確立されていきます。
2010年代のアニメーションは野中正幸抜きでは語れないからです。
血は繋がっていく。まさしくドゥラメンテのように。

次回は、楽しい作画のアニメ(おすすめ)を書く予定
教養のような堅くて面白くないものではないアニメーション紹介になれば幸い。
(海外向けのsakuga fanboy/girlに向けて、これからは書いていくつもりです)


↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2024 All rights reversed