GOMIstation

2025-1

カテゴリ: コメント返信という名の私文書


やあおひさおひさ、おひたし( ^ω^)

上妻晋作さんの作画ってなんかすごいけど、派手じゃないからなにがすごいのかわからない、タイミングが抜群なんだと思うけど、やっぱりよくわからない、言語化して欲しいっす  
元記事:「チェンソーマン」1話の演出と、上妻晋作作画と、あと食パン

記事要望(?)いただきました。
しかし、

少なく見積もっても、6ヶ月全力奴隷映像視聴メモマンは必要です。
お給金もらいたいレベル。

マア、6ヶ月で到達できるとも思えない。
おっしゃるとおり、上妻作画の「独特なタイミング」があります。

ただ、ぶっちゃけだいぶ言語化できています。
できている方なのよ(´・ω・`)

金田系から直系の発展として歩んだのが、山下将人だとすれば、発展系としては異色の存在である上妻作画。本人の独特な(金田系以外からルーツを得た?)タイミングが混在している。元からあったのかもね。「幽遊白書(1992)」や「餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-(1994)」などが特徴的かと思われます。

最近だと、「神撃のバハムート(2017)」や「ニンジャスレイヤー(2015)」かな?

まあでもかれの言葉を思い出してみれば、ボクに求められるのは「ルーツの探求」ではなく、それがどうしてこうなったか、どういう振る舞いをしているか、といった言語的な解説の方ですよね。それは理解しているつもり。



少しだけ述べるのであれば、かれのタイミングには「間」があります。ボケとかツッコミとか、そういう漫才的な間が近いといったらよいか。要するに、空気・雰囲気を作るタイミングがある。

・なにかのアクションをしている最中
・アクションが終わったあと

ニンジャスレイヤーなんかは特に顕著ですよね。立ち上がりアクションの所作じたいがちょっと変わってて、普通のポーズトゥポーズ(キーとなるポーズの原画からポーズの原画へと移る)ではない。でも、ストレート・アヘッド(原画を頭から書き下すこと)かと言われると違うと思う。

いま見直して思うことは、ポーズトゥポーズの「ポーズ」部分が違うんじゃね?って感じ。空中跳びとか、ガニ股とかそういう典型的な金田系のポーズではなくて、「ポーズをさらに割っている」といったらいいのかな、細分化している感じがある。

ニンジャスレイヤーを例に取ると、
(赤い方の忍者)
立ち上がり(腰ジャンプ)→着地→将棋キック→余韻→エフェクト



という構成になっていますよね。将棋キックのところで、一つ「上妻式の間」を作ってゆったりとさせて、吹き飛んだあとにまた一つ間を作って煙(エフェクト)が出てくる。


この「上妻式の間」の研究と、「上妻式ポーズ」の2つに大別されると思う。言語化するなら。

kouzuma


でもさあ、それ以上に今回思ったのはさあ、

上妻作画って改めて見ると、マジで異質でセクシーだねw
こういうタイミングを取り入れている(なおかつじっさいにアニメーションでその思想を実現している)人は、上妻さんと野中さんぐらいじゃないかな。ぼくが知っている範疇では。

■悩殺とはこの事?

難儀な人生だなあ、と11月は思う。あまり身体はきれいに動かないんですけど、もうちょっと頑張らないといけない。キングリーがいなかったら、ぼくは簡単にダメになっていたろう。キミには感謝しかない。あ、あとブログ読者も…(ついでではないのです、忘れていたわけでもないのです)

1. 名無しさん 2022年11月24日 21:12
年とともに好きと嫌いの境目が曖昧になっていく不思議

UMAの配信によく来てくれる、Dさんからのコメント。
まあ、かれはいろいろと広くよく嗜む人だと思っているので;90年代から今のアニメも全部ね。すごいよね。尊敬する。まあでも、けっこう文学的なコメントだよね。ほわあああっとしてる。

「曖昧に」かー。うーむ、どうなんだろう。アニメへの入り方が特殊だった影響のため、ボクはそもそも自分の好みをよく分かっていなかったタイプ。8年ぐらい経って、やっと分かってきたな、という感じ。

ボクの好みは、一言でいえば「先が読めない・読みにくい」モノ。次の展開が、次のカットが、次のショットがどうなるか、予想ができない。そういうものは好きです。ありきたりで、「思考するまでもなく」読めてしまうのはまったくキライ。

まあ、これは具体的な文章にしていなかっただけで、さんざん言ってきた感じもする。
下地には野球とよくワカラナイ洋画と、教育家庭と、あと難儀な性格があるんだから、仕方もなきことではなかろうか。


んで、次に大事になるのは、好みが分かった後、その好みからはまったくずれているのに大好きになってしまうものだ、と思うんだよね。それがボクにとっては、ストパンであり、エイラ・イルマタル・ユーティライネンである。ボクの好みのキャラクターは、ショートカットがおそらく基本にある。エイラはそれを颯爽と突き抜けてきた。

ブロードアピール、スゴイ脚!だが、前までは…[根岸ステークス/2000年]


bg02_eira

( ゚д゚)ハッ!これ、キャラクターの好き嫌いだ!
質問者がふわっとしてるから、おれもふわっとしました。まあそういうのもいいんじゃないかね。師走にもなったし。きらいなキャラクターというのは、まあ考える時間ももったいないが、無思考系のキャラクターかな。ジャンケットバンクの主人公、みたいな。

話を戻そう。「一つの作品として、自分の好みとは、大きくズレているけれど好きな作品」を改めて探すと、何か役に立つものがありそうではないか。そういう話をしていた。なんかあるかなあ。ストパンなんて、だいたい分かりきった物語の連続でしょう。自分の好みとはいっさい違う。ストーリーもそんなに覚えてないし、キャラクターが占める割合が大きいのではなかろうかね。

こう考えていくと、作品の好みは、キャラクターだったり、声優だったり、ショットの方法だったり、カメラワークだったり、いろいろ要素が多すぎて掴みにくい。純粋にストーリー、物語で考えた方が良さそう。

あ、コメントに対する自分の考えを一応。

作品の好き嫌いに対する濃淡は、年をとることで曖昧になる…ということは自分にはありません。個々人に依存しそうな問題かなあとか思っちゃう。ただ、ティーンエイジャーでしか出来ない、作品への激しい憤りをもった接し方はあるから、「庵野4ねと思うほどに昔はニガテだったけど、ちょっとまあエヴァ見てやってもいか」みたいな柔らかくなるのが通常なのかもしれない。それが、作品の好き嫌いの曖昧さにつながっていくのかも。

正直、いまの段階ではワカランね笑




■ジャンケットバンクは…

zynanke

あー、「ジャンケットバンク」は、ぶっちゃけダメだねw ぜんっぜんダメ。
これは、昨今流行っている「なろう系ギャンブル漫画」です。命名します。このジャンルには「カケグルイ」とかが入ります。

結果主義すぎるんですよ、このジャンルって。1対1のギャンブルなんて、心理戦がいちばん大切なのに、心理戦なんて一律に同じものしか描かない(つまりいっさい描いていない)。最終盤で、「勝つと決まった」ギャンブラーが「はいこれで勝ちー^^」と「勝つ内容」を楽しそうに説明するだけ。なんだ?自我をもって、ヤクをキメた取扱説明書でも読んでるのか?っていう気分になる。

過程をもっと緻密に書かないと、「好み」ではない。というか、「キライ」な方だね。

ギャングは終わってから、殺したっていうモンだぜ」ってブチャラティも言ってたでしょ?そういうこと。始まる前にすでに結果は出ているものなんてのはつまらないものです。設定はいいんだけど、それだけ。ボクにとっては、エンバンメイズの方が真摯に感じた。
でも、嘘喰いとかアカギとかって、本当は売れ線じゃないんでしょう。こっちの方向は、大衆向けではない。それは同時に思う。


これなら、5000億倍「エンバンメイズ」の方がうまくいってた。

エンバンメイズは、同じ作者の田中一行が描いた、「ダーツ」しか出てこないギャンブルマンガだけど、主人公や、ルールの穴(そして、それは誰にでも気付けるていどのもの)を付いた作戦が魅力的なんですよ。キャラクターに血が通ってる。血が通ってるし、ギャンブルで最も面白い心理戦を、明確に緻密に、丁寧に積み重ねている。描き方も、ミステリー小説風に言えば「フェア」な範ちゅうだしね。

ジャンケットバンクは「アンフェア」すぎて、いっさいダメ。「読者には、情報を提供していないけれど、わたしはこの作戦で勝ちました。すごくない?」というアンフェアさ。そりゃあ、作中内で明示してなかったら、読者には何も分からないので、凄く見えちゃうんですよ。

おれはアホらしって思うだけだけど。そういうのが多すぎて読んだのを後悔した。ギリギリ2巻までは許せる。でも、これも世界観ありき。設定が斬新だっただけ。あと、命が軽すぎる!こんなに軽いと薄っぺらいよ!アカギだって、アルツハイマーには勝てなかったろう?ヤクザに肩を刀で切られているときの死なないと分かっている(スピンオフなので)のに、生死がせめぎ合ってるのが良いんですよ。

覚悟の準備をしてください!そうでないと、ギャンブル漫画は面白くならない。
まあ、この続きは書くよ。おれの「好み」と一緒にね。


はい、まっさらな本音を言います
これはずっと思っているんですが、解決方法はないんです。無い無いナインテイルズ
もしくは、おれが奴隷になるかだね

D2An6j_UkAA4yo3




はじめまして。何年もちょこちょこ読ませて頂いていまして、初めてコメントします。今回の内容と全く関係ないのですが、1* ”飽きてきた”とのタイトルに意を決して。


2* アニメのエフェクトや作画で、これは誰々作画、誰々エフェクトなど、名前を上げて語る切り口ってネットにあるあるじゃないですか。誰々作画MADなども。自分は、それを読んだり見たりしてはすげぇなあと思っていたのですが。



3* 10年前とかと比べると、誰々さん作画 という切り口が最近減っている気がします。言い方が名前でなく作品タイトルのこの作画、など。自分が単にアンテナ低いか認識おかしいだけかもなのですが。

アニメ本数は多いし、4* 昔と比べるとアニメーターさん本人がココやりました!という発信も多いのに、なぜかなぁとぼんやり気になっています。なぜでしょうか…


気になっていると言いながら、5* 自分はブログ主さんの様な観察眼がなく、ブログ主さんの記事だよりです。この煙のこの形、コマのこのタイミングなど、他では読めない解説でとてもファンです。ぜひ、気が向かれましたら、最近の凄アニメーターさんの記事を書いていただけたら大変喜びます。


突然失礼いたしました

1. 名無しさん 2022年09月24日 14:21


何年もちょこちょこ、ということで、ありがとうございます。
まだ、こういうの(醜悪な根っこの部分)を出さない、真面目な時代から見られてますねwハズいw


1*
アニメブログを飽きている、いった方が正確か。ブログ自体は、その上がったり下がったりなので、どんな時期でも飽きてしまう時期はあるよ!10年も続けてるひとはもう習慣なんだろうね。趣味みたいなものが、もういつの間にか日課になってしまっている。


まあでも、深刻な感じじゃなくてね。「おれが書くことを飽きてそうな雰囲気」に、たいはんの読者さんはもう気付いているだろうなwっていうこと。



2*
結論から。

誠に残念ながら、厳密で公正な多大なる選考の結果、作画を語るブームみたいなものは終わったんですよ。2015~17年あたりで終わってしまった。オワッコン、コン~。ムジョッコン~。とくに、おっしゃっている「○○さんの作画はここが面白い!」みたいなのは、コストが相当にかかる。調べて、借りて、もう一度調べて、整理して…費用対効果に見合ってない。記事を作った後、ヘトヘトですよ。

んでもさ、商業的には、いつも例のアイツラに屠殺されるじゃん。みんなもアホだから本買うアイツラ。みんなが読んじゃうクソみたいなコラムとインタビューが載ってる、アイツラ。真摯にやっても、こうなるんだな~となると、無理だよ、モチベ、保てない。



3*
(昔の中堅~上位アニメーター;80年代~90年代)を試しに掘る人もいなかったら、今の人を追う人もいない。マアどうせ、いまのって砂場でWEB系系WEB風でしょ?おもしろかねえ作画だらけなの確定してるんご~(※こんなこと言うから、WEB系オタクから叩かれるんだぞ!反省しろ!)。


 
         ,, _ 
       /     ` 、 
      / (_ノL_)  ヽ 
      /  ´  ・ ・`    l    作画文化は死んだんだ 
     (l      し          l)    いくら呼んでも帰っては来ないんだ 
     l     __       l    もうあの時間は終わって、君も人生と向き合う時なんだ 
      > 、 _      ィ 
     /      ̄   ヽ 
     / |         iヽ 
    |\|         |/| 
    | ||/\/\/\/| | 
 
https://00m.in/8uSyJ

4*
むしろ、ここが原因の主軸ではないかと、個人的には!

人間、担当パート明かされると興味がなくなってしまう。あ、そう…(無関心)みたいな。
あとは担当パート明かすほどの作画シーンではないんじゃないすかね?(辛辣)みんなで「ココやりました!」って言うと、そら分散するよね~みたいな。1人のヒトにいけない、語り口が開けない。


Twitterのめちゃんこな普及と承認欲求の塊魂アニメーターが悪いのでは?(偏見)
すげえやつが出たら追うよ。出た?ここ近年?
すげえすげえって身内が言っててもダメだろ。
それは高度なレベル(;松本憲生の芝居みたいな)なのか、錯覚か、忖度のどれかだもん。


コントレイル世代より出てないよ。G1馬、なし!




★ 5*
10247a5e1fafaba3caaee65679075869

おれはマジでそうは思わんが、
よく言われる観察眼がある」なら、おれに投資して欲しい
さっそく欲しいものリストを貼ろう

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/335C4VIWR7XKF?ref_=wl_share

妖怪小銭稼ぎ。でも、それは不可能じゃん。
きみらがお金ないとかじゃなくて、”社会”の構造を理解せずに物価高に1人でカップラーメン食って対抗しようとしたり、割ればっかりしてエロ本読んでるとかじゃなくてね。

いろいろ考えたけど、これを商業的に、副業的なラインまで持っていくの厳しいんよ。
ただでさえ不安定な更新ブログに、おれだったら月なんぼも払えん。いや、”払わん”。妥協して、欲しい物リストちょっと何かこうたるか程度。最低でも3ヶ月、これだけまともな記事を継続できて、やっっっとスタートラインだとおもう。

もう一回貼っておこうw
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/335C4VIWR7XKF?ref_=wl_share

Q、なんでそんなにお金が欲しいの?コジキなの?
A、金を貸してる兄貴は債務整理中、この物価高騰(8月約2.5ポイントの物価高です)だから、なんかやってたらそこそこ読んでもらえたブログで小銭稼ぎしたい。ヘルプミー!

あとは普通に負担が大きい…ああいう記事かくのは。


サブスクみたいに月500円で奇跡的に20人集まって、¥10,000。副業だと十分やな。いや、すごいな。でも、おれは月500円×20人みたいなのは、商業のモデルとしてはなんか違う感じがするからしないとおもう。ファンティアとかパトロンとかの体制もおれはずっと疑問、よく分からないけど。

もうちょっといいやり方があるとおもう。それを模索中なのだ。
キーファーズ松島見てると、太いパトロンがいちばん、はっきりわかんだね。




現状は、Amazon欲しい物リストで安価な(1000~3000円)ものを送るのが長期的にみて健全なシステムだと思います。
一回ポッキリ。メッセージもつけられる!

★イアキの欲しいものリスト★
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/335C4VIWR7XKF?ref_=wl_share


ブログ継続のため、よろしくお願いします。
このままだと4にます

書き逃げしようと思ったけどもう一回コメントくれと書かれたのでお言葉に甘えて書かせて貰いますが、1*要するにあなた自身だけが正常で教養あるオタクであり自分以外は全部バカみたいな書き方が鼻についたってだけです。
そもそも2*オタクの教養って何?
あなただって自分に興味あること書いてるだけでしょ?

報告するしないってのはこち亀的な以心伝心のことではなく、3*何か作品を見てもわざわざブログやらでアウトプットしない人が多いって話です。
今も昔も情熱を持って感心したり感激するオタクはたくさんいると思いますよ。
ただ今の時代は誰でも情報発信出来ますが、4*私も含めてアウトプットする才能って素人には備わってないんです。
だから今回みたいに言いたいことがよくわからんとか言われる始末なわけで、それがよりマニアックな知識になればそれだけ伝えるのが難しいし、何より世間から求められなくなるものです。

5*だからあなたも洋画とか邦画とか佐藤琢磨とかわざわざブログに書かない訳でしょ?
それって冷笑的な諦めの境地ではないんですか?って話です。
6*冷めたオタクに片足突っ込んでるじゃんって訳です。
1. 名無しさん 2022年09月08日 19:31
書き逃げするつもりだとちらちらサイト見るよね。わかる。



1*
まあ~でもだいたいバカじゃねえ~?おれが正常とはいっさい思わんw おれは異常者だよ。
鼻につくのはそういう書き方したからなあ、それはいっさいすまん


2*
オタクの教養って、かんたんですよ
自分の興味・関心の範囲を広げること」です。だから、前記事でも触れたように、これ一般人にも思うなあ~と言ったわけで、その興味の範囲が狭いとつまらない人間だと個人的には思うだけ。それこそ、興味はなんでもよくて、物件に詳しいとか、ジャンル化されていないような、たとえば謎に毎日自販機を撮り続ける人とか、ガスコンロにめっちゃ詳しい人とか、そういう+αのオタクいたら、

うおおおおお!おもしれえええええ、話してみてえええ」ってなりません?前ブログやってる人で、じっさいに煙の色は何色なのかを現象として調べる人もいたんですよ。火傷しそうになりながらwそういう人、おもしれえじゃん。『キミ、良いニオイするね…』ってヤシ

あとはさ、そのジャンル、たとえば、競馬やパチンコに対して、やってもいない人たちが偏見をもつことが心底嫌いなんですよ。だから、興味をもってから言えと。体験も経験もしていない人々が、特定のモノゴトを決めつけてかかるのクソほどキモくない?っていう気持ち。あ、語弊を招かないように言っておくが、アニメに対しては偏見がない、アニメオタクには偏見がある。



3*
なるほど、こち亀ではないんすね。ありがとう。まあ、その感想を残すか否かはとうぜん強制しませんし、ふつうだと思う。こんなもん暇人のやることだしね~



4*
おれは素人ではないと?w
最初はだれでも、素人であり、初心者であり、右も左も分からないのふつうじゃないすかね。
いちぶの人間の限られた才能みたいなもんじゃないっすよコレ
暇人が時間を重ねたら、それなりにはできるようになりますよ。
少なくとも、特殊能力みたいな感じではない。
1年もやったら書けるようになりますよ~

才能じゃなくて、アウトプットの習慣がないだけ。
逆上がりや、なわとびの二重跳びみたいなもん、世の中のだいたいは慣れです。



5*
わざわざ、4ぬほど、書いとるぞ!( ^ω^)
なんこブログもってると思うんだ
IAKINGLY_UMA
http://iqyu3625.blog.jp/


センター試験から、作画の流れ、Vtuberについてまで語ってるよ!
(※現在は停止中、いま書いている記事を本館のここで出すようにしたので)


ゆらぎを観測する競馬予想(印2/別館)
https://blog.goo.ne.jp/royal_eira0325


これはニコニコブロマガからの移行でつくったUMAのブログ、2、3年はマジで書いとるぞ!
予想と感想、強かった馬、そういう振り返り
楽しいぞ~


GOMISTATIONにおける記事だと、

報告2/かれ
http://royal2627.ldblog.jp/archives/55232970.html

( ^ω^)リアル友人にブログバレしたとき


塾の子とは
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58476654.html

( ^ω^)あ、どうもどうも、親父が塾やってたんです
( ^ω^)塾の子の意見


日本のesportsが伸び悩む理由
http://royal2627.ldblog.jp/archives/56828202.html

( ^ω^)日本のeスポーツについて
( ^ω^)VCT_CHAMPIONS*のZETAは惜しかった…Lazは強かったねえ
(※「ヴァロラント」というFPSゲームの世界大会です)

アスリートの新型コロナのワクチン摂取・東京五輪開催の是非などに対する態度・オピニオンについての整理
http://royal2627.ldblog.jp/archives/58014149.html

covid-19と関連する、政治的な話題も取り扱ってるよ!


「セント・オブ・ウーマン」の構造と演出
http://royal2627.ldblog.jp/archives/36570770.html

好きな洋画について語ってるよ!



ほかのブログは知らないけど、おれ以上に自由に書いてる人はあんまいないとおもうよ!
やりたいことしかしないから!

じぶんが辛くなったとき、「なあ…なにすればいい?」って読者に聞くのはおれぐらいやろw
だから、余計にそう思う。


6*
理由はちがうが冷めてはいるかもねえ~
だから何度も言うけど、「コンパクトな資料記事」がヒットするのはわかっているけど、おれとしては意見を読んでもらいたいのね。でも、ちょっと自分の力不足だなあ、と感じることもあるんだ~。だから、そこに関しては仕方ないかなっていう部分もある。さいしょから、そう言ってるよ~。

そういう点で、『バカな』オタクに冷めてる。おれ自身はさほど変わってないよ。
たぶん、いっしょう冷笑的にはならないだろうしなあ、おれ左翼だし
諦念や冷笑はしないよ。諦念したら、面白くねえもん。たぶんね。


まあ、キミの主張の中心は「アウトプットできるのは才能ある者だけ」っていう感じだと思うのね。それはハッキリというけど、間違い。アニメ・映像ブログ書いとるやつやこ何人もおるが~、Twitterとこに広げたら、アウトプットしてる人なんてなんぼでも見つかるやろ。
(※ぎゃくに、書けてると思って長文キモータになってる東2世みたいなのもたくさんいるけど…)


きみ自身もコメントでアウトプットしたから、これからどんどん慣れていくよ~
じっさい、最初のコメントよりは分かりやすくなってんじゃん
その積み重ねでしかないよ~!言語化なんていうのは

さいきん気概がねえやつだらけで楽しかった、良い意見交換だったと思ってるよ
ありがとね、ぜひ暇ならブログをやって欲しい!

タイ米ってうまいんかなあ
おれ、噂しか聞いたことがないんよ

何でこんなに1*上から目線万能感漂うオタク批評なんですかね…
2*オタクになればなるほど目の付け所さんがマニアックになるから、それを敢えていちいち報告しないだけでしょ
現に3*あなた自身で何書いても無駄だから書く気失せるって書いてるし

名無しさん 2022年09月08日 01:24


1*
上から目線はそう見えただけやろ~、まあ見えたならすまんわ。煽っとるのは文章のスパイス…いや、どうやろな。オタクというか、いまの人に感じることやね。しょうじきそうおもう。いいところを指摘してくれた。ありがとう。

でも、そりゃあ人間いろんなもん知っとる人と話したいがあ。電車しか知らん40代のおっさんとかと、ずっと喋っていたいかあ?いや、なにかに精通するのは否定しないし、むしろ素晴らしいと思うけど、いろんな見方ができる人と話したいやろ。すくなくとも、うちの親父は面白い人間やったで。なんか違うかね。

万能感?いっさいないよ。すぐ下に、「大したことなんて書いてない」って載ってるやん。リコリコ1話の記事もうまくいってないと書いてるし、思ってるぜえ~ワイルドだろお?


あとオタク批評なんて高尚なことなんてしてもない、お手軽にオタクをバカにしてるだけ。




2*
うーん、なにか文章を読み違えてる気がするぞ
いろんなもん見てへんオタク、つまらんなあ、っておれは言うてる。マニアックなところを見て報告(?)してないオタクなんていっさい否定してないよ。ちょっとオタクって広義の意味になるから、なにかに精通している人のことを「マニア」にしよか。


・なにかのマニアについては否定してない。
・なにかのマニアなだけで、他のことに興味をもたん人=オタクはつまらん、話しても面白くない


いちいち報告しないっていうのはようわからんなあ。

こち亀の「アオいいよね…」「良い…」をまともに受け取ってるタイプの人かな。あれは言語化してないだけや。あれがデフォルトやったら、ライトな一般人は楽しめんが~。絵画ひとつとってもそうやろ、だれかの解説とか、歴史的な考証で楽しく鑑賞できる。絵画説明する人が「これはね…いいよね…」だけやったら、アカンやろ。

門外漢の分野について、熱気とともに喋ってくれる人がおるんやから、世の中の物事っておもしろいんやで。とまあ、こち亀アオ前提で話しをしたが、ぶっちゃけ2*はようわからん。なにが言いたいの?

「目の付け所さん」とか淫夢厨かよ、出 て 行 け ぇ ! ! 




3*
2*が3にどうつながるのかようわからん…すまん
おれが書く気ない理由はぜんぜん違うよ。マニアックな視点になってるから、いちいち報告したくないわけではない。「コンパクトな資料記事(※たとえば、さまざまな洋画からハンドガンの映像だけを抜き出して、それらを比較・分析して特集する)」を多くの人が求めているのは分かるし、実行に移そうと思えばたぶんできるけど(※じっさい、これまでしてきたのよ)、そういうのしか見てもらえんのはちょっとつらいな~ってだけ。

下段でも書いてると思うけど、批評や意見って上手く書かないと読んでもらえんのかなあ?ってだけ。
それがさびしいなあってだけ。



ホンマにそれだけやで。
まあ、もういっかいコメントくれや↓

なったお( ^ω^)そうなったお( ^ω^)

↑このページのトップヘ

©GOMISTATION 2012-2023 All rights reversed